ベガルタ仙台予想2019

Jリーグ2019!

今回はJリーグ2019のベガルタ仙台の基本となるスタメン・フォーメーションを予想してみました。

2018シーズンのベガルタ仙台はシーズンを通して安定した成績で中位でフィニッシュ。

予算規模から考えても残留争いをしなかったことは成功といえるでしょう。

2019年は上位進出を狙うシーズンとなりますが、移籍市場では厳しい結果となっています。

最後までご覧ください。

スポンサーリンク

【Jリーグ2019】ベガルタ仙台スタメン予想

それでは2019年のベガルタ仙台のスタメン予想を紹介していきます!

GK

  • シュミット・ダニエル

195㎝越えの長身のゴールキーパーは昨シーズンレギュラーポジションを掴んで日本代表入り。

守護神としてメンタル的な成長をして欲しい!

DF

  • 平岡康裕
  • 大岩一貴
  • 金正也

昨シーズンのレギュラーから板倉滉選手がマンチェスターシティ移籍で抜けています。
平岡康裕選手、大岩一貴選手はレギュラーのままで板倉滉選手の代わりには金正也選手が入りそうです。

MF

  • 椎橋慧也
  • 富田晋伍
  • 飯尾竜太朗
  • 石原崇兆

ボランチは奥埜博亮選手が移籍で抜けています。

昨シーズンの準レギュラー、椎橋慧也選手、富田晋伍選手が先発でしょう!

ウイングバックは昨シーズンのレギュラークラスが両サイド抜けていて新加入の飯尾竜太郎選手と石原崇兆選手が有力です。

FW

  • 石原直樹
  • 兵藤慎剛
  • 長沢駿

シャドーでは野津田岳人選手が移籍して抜けているので新加入の兵働慎剛選手が有力候補で昨シーズンのレギュラー石原直樹選手と組みそうです。

阿部拓馬選手はスーパーサブでしょう。

ワントップは新加入の長澤駿選手とジャーメイン良選手、ハモンロペス選手の争いですが、ポストプレー、前線の守備で安定感がある長澤選手が起用しやすいかなと。

モザンビーク代表のシマオ・マテ選手の評価も高いですね。

【Jリーグ2019】ベガルタ仙台・フォーメーション予想

それではベガルタ仙台のフォーメーションは3-4-2-1と予想。

ベガルタ仙台・フォーメーション予想2019

ポジションチェンジはあまりせずにトライアングルをボール周辺に複数確保することでパスコースを確保してボールを前進させていきます。

そのメカニズムと戦術の浸透度は高いのですが、時間をかけてボールを確実に前進させることを目的としますし、敵陣深い位置に侵入する人数もカウンターリスクを警戒してあまりかけません。

結果的にボールは繋げているもののゴール前で数的優位は作れないですし、相手の守備陣もブロックを作る時間を得られるので崩しにくいという状況となりがち。

このような状況を打開するために有効策はドリブル突破とサイドアタックからの高さ勝負ですが、その攻撃をするためのタレントがいないという部分がベガルタ仙台のネックとなっています。

守備時は5-4-1で後方で守備ブロックを組んでがっちりと守りますし、ボールを持っている時間が長い分、被攻撃回数も少ないので失点数は少ないです。

スポンサーリンク

ベガルタ仙台2019のココに注目!

それでは、ベガルタ仙台2019年シーズンの注目ポイントを紹介していきます!

主力流出の影響

昨シーズンのレギュラークラスが5人抜けているので前評判は低いベガルタ仙台。

昨シーズンにいた選手が必ずしも大活躍していたわけではないので、新加入選手が当たると昨シーズン以上の成績を出すことも十分あり得ると思いますから、どんなチームを新たに作り直すのか注目です!

ポジショナルプレーの弊害

渡辺晋監督が就任してからディフェンシブでカウンターアタックが中心だったベガルタ仙台にポゼッションという手段が増えています。

ポジショナルプレーといわれる各ポジションの動き方を規定して攻守に有効なポジションと陣形を確保する戦術が機能している証拠といえますが、得点数は増えておらず、決められたパターンで動くことで相手としては想像を超えることが無いのかなという気がしています。

渡辺晋監督が自身の戦術をアップデートできるのかに期待したいですね。

ストライカー不足

なかなかフォワードに絶対的な選手を獲得できないでいることがベガルタ仙台が上位に進出は出来ていない要因となっていると思いますが、逆に言えばストライカーがいなくても中位でフィニッシュできる能力があるので、さらに助っ人外国人ストライカーが加入すると一気に強くなる可能性があるのかなと思います。

シマオ・マテ 選手に注目したいです。

Jリーグ2019スタメン・フォーメーション予想【他チーム】

川崎フロンターレのスタメン・フォーメーション予想 
サンフレッチェ広島のスタメン・フォーメーション予想 
鹿島アントラーズのスタメン・フォーメーション予想 
北海道コンサドーレ札幌のスタメン・フォーメーション予想 
浦和レッズのスタメン・フォーメーション予想 
FC東京のスタメン・フォーメーション予想 
セレッソ大阪のスタメン・フォーメーション予想 
清水エスパルスのスタメン・フォーメーション予想 
ガンバ大阪のスタメン・フォーメーション予想 
ヴィッセル神戸のスタメン・フォーメーション予想 
横浜F・マリノスのスタメン・フォーメーション予想
湘南ベルマーレのスタメン・フォーメーション予想 
サガン鳥栖のスタメン・フォーメーション予想 
名古屋グランパのススタメン・フォーメーション予想 
ジュビロ磐田のスタメン・フォーメーション予想 
大分トリニータのスタメン・フォーメーション予想 
松本山雅のスタメン・フォーメーション予想 

最後に

いかがでしたか?

今回はベガルタ仙台の2019年スタメン・フォーメーション予想でした。

主力が移籍して移籍市場では厳しい戦いとなりましたが、だからといってシーズンの結果が悪くなるとは限らないところがサッカーの面白いところなので、ベガルタ仙台の意地をみせたいシーズンですね!