横浜Fマリノススタメン予想2019

Jリーグ2019!

今回はJリーグ2019の横浜Fマリノスの基本となるスタメン・フォーメーションを予想してみました。

2018シーズンの横浜Fマリノスは降格争いを続けてなんとか残留を果たした一方でルヴァンカップ準優勝と平均年齢が低いチームの危うさと可能性を同時に示したシーズンといえます。

2019年シーズンは確実に上澄みがあると思っているので、飛躍の年とすることができるかどうか注目ですね!

最後までご覧ください。

スポンサーリンク

【Jリーグ2019】横浜F・マリノス・スタメン予想

それでは2019年の横浜Fマリノスのスタメン予想を紹介していきます!

GK

  • 飯倉大樹

ゴールキーパーは昨シーズンのレギュラー飯倉大樹選手で決まり。
ビルドアップで安定してきたので今シーズンはさらに良くなるかと。

DF

  • チアゴ・マルチンス
  • ドゥシャン
  • 松原健
  • イッペイシノヅカ

センターバックは昨シーズン・後半戦でチアゴ・マルチンス選手、ドゥシャン選手が定着して2人とも残留したのでこの二人で行くでしょう。

右サイドバックも昨シーズン同様に松原健選手で決まりです。

山中亮輔選手が浦和レッズに移籍したので左サイドバックは不在でしたが、ティーラトン選手が加入。

戦術になれたイッペイシノヅカ選手が開幕スタメンと予想しましたが、ティーラトン選手がフィットしてくるとポジションを奪う力があります。

MF

  • 扇原貴宏
  • 天野純
  • 三好康児

アンカーは扇原選手が昨シーズン同様にレギュラーと予想。喜田拓也選手が2番手。

ちなみにアルゼンチン代表のエンソ・ペレス選手がマリノス移籍と報じられましたがその後、音沙汰はありません。

インサイドハーフは天野純選手は決まり。

新加入の三好康児選手と昨シーズンインサイドハーフにコンバートされた大津祐樹選手が争います。

FW

  • 仲川輝人
  • 遠藤渓太
  • マルコスジュニオール

右ウイングは昨シーズンブレイクした仲川輝人選手で決まり。

左ウイングも昨シーズン活躍した遠藤渓太選手で決まりでしょう。

両ウイングできるユン・イルロク選手が次点ですね。

センターフォワードはウーゴ・ヴィエイラ選手が抜けましたが、マルコス・ジュニオール選手とエジカル・ジュニオール選手、李忠成選手が加入。

実績的にはマルコス・ジュニオール選手が上ですね。

【Jリーグ2019】横浜F・マリノス・フォーメーション予想

2019シーズンの横浜Fマリノスのフォーメーションは昨シーズン同様に4-3-3と予想。

横浜Fマリノスススタメン・フォーメーション予想2019

左サイドバックがいないことを考えると3-6-1に変更したほうが良いのでは?と個人的に思っていますがどうなるでしょうか。

センタバックが大きく開いてサイドバックがボランチの位置に入るいわゆる偽サイドバックをやります。

しかし、その役割を唯一行うことが出来る山中亮輔選手が移籍したので戦術は大きく変わらざるを得ないのかなと。

また、センターバックが2枚大きく開くことで守備範囲が広すぎるのも問題で夏に2人外国人センターバックを大きなお金をかけて獲得しましたが、国内にいる選手で対応できない戦術を課していることにそもそもの無理があるような気がします。

チアゴ・マルチンス選手、ドゥシャン選手の二人はアジアではトップレベルのセンターバックだと思うので、大きな問題はないですが、もっと資金力のあるチームに引き抜かれたときにはピンチですね。

また、セルビア人とブラジル人で監督はオーストラリア人なのでディフェンスラインのコミュニケーションは何語で行うのか?という問題もあるかなと思います。

サイドバックが内側に入るのでウイングが横幅を取る役割となりますが、日本人のサイドアタッカーは内側に切れ込むタイプが多く適任者は少ないです。

遠藤渓太選手、仲川輝人選手が適応しましたが、代役がいないですね。

そして、両ウイングがサイドに張っているのでセンターフォワードは個人能力で得点が取れるタイプが必要ですが、この役割も日本人フォワードでは計算できないので、助っ人外国人ストライカーの力量が問われますね。

というわけでマンチェスターシティと提携して戦術も似たものを採用しているポステコグルー監督のマリノスは資金力があり、好きな選手を獲得できるのであれば合理的な戦術のように見えます。

しかし、5人以外は日本人選手で編成し、資金力もJ1中の下という条件でこのサッカーをするのは戦略的に非合理的では?
という疑問はありますね。

スポンサーリンク

横浜F・マリノス2019のココに注目!

それでは、横浜Fマリノス2019年シーズンの注目ポイントを紹介していきます!

左サイドバック

山中亮輔選手が抜けた左サイドバックに同等の選手を獲得するのは不可能といっていいでしょう。

また、山中亮輔選手は戦術的にもキープレーヤーで左サイドバックとしては特殊な役割を担ってきたので、昨シーズンと同じような役割を左サイドバックに求めるのか全体の戦術をかえるのか見所です。

ウーゴ・ヴィエイラの代役

昨シーズンに13得点を記録したウーゴ・ヴィエイラ選手が抜けたので、代わりの選手を3人ほど獲得しました。

横浜Fマリノスのフォワードは、隙を見逃さずにマークを外して決定機を決める得点力を求められますし、この能力は天性のものといえるでしょうから

新加入の選手がどれだけ代わりとなることが出来るのかに注目したいですね。

三好康児の起用法

北海道コンサドーレ札幌で昨シーズンブレイクした三好選手はバイタルエリア付近で活きる選手。

横浜マリノスの戦術的には最適なポジションはなく、昨シーズンの久保建英選手と同様に才能はありますが、使う場所がないという状況に陥る可能性もあります。

ただし、相手の守備ブロックの中から破壊する能力を持っているのは三好選手が一番なのでうまく使って欲しいですね。

Jリーグ2019スタメン・フォーメーション予想【他チーム】

川崎フロンターレのスタメン・フォーメーション予想 
サンフレッチェ広島のスタメン・フォーメーション予想 
鹿島アントラーズのスタメン・フォーメーション予想 
北海道コンサドーレ札幌のスタメン・フォーメーション予想 
浦和レッズのスタメン・フォーメーション予想 
FC東京のスタメン・フォーメーション予想 
セレッソ大阪のスタメン・フォーメーション予想 
清水エスパルスのスタメン・フォーメーション予想 
ガンバ大阪のスタメン・フォーメーション予想 
ヴィッセル神戸のスタメン・フォーメーション予想 
ベガルタ仙台のスタメン・フォーメーション予想
湘南ベルマーレのスタメン・フォーメーション予想 
サガン鳥栖のスタメン・フォーメーション予想 
名古屋グランパのススタメン・フォーメーション予想 
ジュビロ磐田のスタメン・フォーメーション予想 
大分トリニータのスタメン・フォーメーション予想 
松本山雅のスタメン・フォーメーション予想 

最後に

いかがでしたか?

今回は横浜Fマリノスの2019年スタメン・フォーメーション予想でした。

昨シーズンは慣れないポゼッションスタイルへの変化に対応するまでに時間がかかりましたが、今シーズンは違和感なくスタイルに順応できると思います。

キープレーヤーが抜けているので、どのようなチームを構築しなおすのか期待したいですね。