松本山雅スタメン予想2019

Jリーグ2019!

今回はJリーグ2019の松本山雅の基本となるスタメン・フォーメーションを予想してみました。

2018シーズンの松本山雅はJ2優勝を果たして2度目の昇格を決めました。

前回のJ1初挑戦では1年で降格を経験しているので、残留が目標となるシーズンですね。

どのような陣容で臨むのでしょうか?

最後までご覧ください。

スポンサーリンク

【Jリーグ2019】松本山雅・スタメン予想

それでは2019年の松本山雅のスタメン予想を紹介していきます!

GK

  • 守田達弥

ゴールキーパーは補強は無かったので昨シーズン同様に守田達也選手が正ゴールキーパーの座につきます。

アルビレックス新潟時代にJ1でプレーした経験もあるので大きな問題はないでしょう。

DF

  • エドゥアルド
  • 飯田真輝
  • 橋内優也

3バックは昨シーズンのレギュラー浦田延尚選手、飯田真輝選手、橋内優也選手の3人。

新加入のエドゥアルド選手が3バックの中央に入るのか左に入るのかによって顔ぶれは変化するでしょう!

MF

  • 藤田息吹
  • 岩上祐三
  • 那須川将大
  • 田中隼磨

ボランチは藤田息吹選手、岩上祐三選手の二人は昨シーズンと継続。パウリーニョ選手も候補ですね。

左ウイングバックは石原選手がベガルタ仙台に移籍して那須川将太選手が加入しましたが、絶対的な存在はいませんね。

右ウイングバックはベテラン田中隼磨選手で決まりでしょう。

FW

  • 前田大然
  • 町田也真人
  • 高崎寛之

ツーシャドーは左に前田大然選手、右に町田也真人選手と予想しましたが、杉本太郎選手、セルジーニョ選手のも含めて4人は左右どちらも対応できますし、実力的にも横一線かなと思います。

対戦相手との相性によって使い分けるでしょう。

フォワードは高崎寛之選手が昨シーズン同様にスタメンでしょう。

シーズン中に補強があるとするとこのポジションかなと思います。

【Jリーグ2019】松本山雅・フォーメーション予想

2019年の松本山雅のフォーメーションは代名詞となった3-6-1と予想します。

松本山雅スタメン・フォーメーション予想2019

反町康治監督の最も得意なシステムであり、守備時に5-4-1でゴール前に人数をかけて守り、攻撃時に3-4-3となり、運動量を前面に出してハードワークする縦に速いサッカーです。

後方からのビルドアップにはロングボールを多用してセカンドボール奪取能力が高い中盤とキープ力、競り合いの強さを誇る前線の選手を配置します。

松本山雅がうまくいかない状況となるなら守備から攻撃への切り替えの局面でしょう。

J1はなかなかボールが奪えない相手が多く、自陣に押し込まれて不十分なクリアが続くと前線でボールを収められずに2次攻撃、3次攻撃を仕掛けられて耐えきれずに失点を喫するというのが、松本山雅が前回J1でぶつかった壁です。

10番のレアンドロペレイラ選手が2トップ向きのタイプなのでワントップにボールが収まらない問題を想定して2トップ変更も視野にあるのかもしれません。

また、カウンターアタックに上手く繋げられないと人数をかけないと得点が取れない状態となりリスクを負って得点を取りに行き、さらに失点が増えるという負のスパイラルはカテゴリーが上がったチームの世界共通の課題だと思いますが、松本山雅がどのように解決していくのか注目です。

スポンサーリンク

松本山雅2019のココに注目!

それでは、松本山雅FC2019年シーズンの注目ポイントを紹介していきます!

前田大然のスピード

爆発的なスピード、加速力がある前田大然選手はすでに海外クラブから目をつけられている逸材でJ1でも前田選手のスピードは間違いなく武器になります。

どのポジションでどのように前田選手のスピードを使うのか?

反町康治監督の手腕に注目したいですね。

町田也真人、杉本太郎の起用法

松本山雅の縦に速いサッカーは対応する相手としては体力的にはしんどいですが、何をやってくるかは分かりやすいサッカーといえるでしょう。

そこで、何をするか分からない選手を変わり種として混ぜることによって戦術的には変えなくても意外性のあるサッカーになります。

ドルトムントにおける香川真司選手、ユベントスにおけるジダン選手のような役割ですね。

松本山雅は意図的に町田也真人選手、杉本太郎選手という意外性のあるプレーが出来る選手を組み込もうとしています。

2人は両足を器用に使い、守備ブロックの間の狭いスペースで360度の選択肢を持ってプレーできる特徴がある選手なので直線的でシンプルな松本山雅の攻撃に意外性を持ち込んでくるでしょう。

序盤戦の5試合で勝ち点5

J2から昇格したチームが開幕5試合で勝ち点5に届かなかった場合は降格するというジンクスがありましたが、2017年のコンサドーレ札幌がジンクスを破っています。

しかし、この1例以外は昇格チームが勝ち点5に届かなかった場合はすべて降格しているので、松本山雅がJ1で戦えるかどうかの目安となると思います。

監督もメンバーも大きく変わっていないので序盤戦が勝負です。

Jリーグ2019スタメン・フォーメーション予想【他チーム】

川崎フロンターレのスタメン・フォーメーション予想 
サンフレッチェ広島のスタメン・フォーメーション予想 
鹿島アントラーズのスタメン・フォーメーション予想 
北海道コンサドーレ札幌のスタメン・フォーメーション予想 
浦和レッズのスタメン・フォーメーション予想 
FC東京のスタメン・フォーメーション予想 
セレッソ大阪のスタメン・フォーメーション予想 
清水エスパルスのスタメン・フォーメーション予想 
ガンバ大阪のスタメン・フォーメーション予想 
ヴィッセル神戸のスタメン・フォーメーション予想 
ベガルタ仙台のスタメン・フォーメーション予想
横浜F・マリノスのスタメン・フォーメーション予想
湘南ベルマーレのスタメン・フォーメーション予想 
サガン鳥栖のスタメン・フォーメーション予想 
名古屋グランパのススタメン・フォーメーション予想 
ジュビロ磐田のスタメン・フォーメーション予想 
大分トリニータのスタメン・フォーメーション予想 

最後に

いかがでしたか?

今回は松本山雅FCの2019年スタメン・フォーメーション予想でした。

J1残留を目指すチームを指揮した経験値ではナンバーワンといえる反町康治監督がどのようなチームを作るのか注目!