湘南ベルマーレスタメン予想2019

Jリーグ2019!

今回はJリーグ2019の湘南ベルマーレの基本となるスタメン・フォーメーションを予想してみました。

2018シーズンは残留という最大のミッションを最終節でクリアして、ルヴァンカップ初優勝を果たした素晴らしいシーズンを送りましたね。

チョウキジェ監督が残留したため、マイナスポイントは基本的に無い状態で新シーズンを迎えることが出来そうです。

実質運営会社のライザップの経営が大きく傾いたことが話題となっていて経営面での心配が大きかったですが、補強を見ると大丈夫そうです。

さらなる飛躍のシーズンになるのか?

最後までご覧ください!

スポンサーリンク

【Jリーグ2019】湘南ベルマーレ・スタメン予想

それでは湘南ベルマーレの2019年シーズンのスタメンを予想していきます!

GK

  • 秋元陽太

ゴールキーパーは昨シーズンビッグセーブを連発した秋元陽太選手を外す理由はありません。

松原修平選手が新加入しましたが序列に変化はないでしょう。

DF

  • フレイレ
  • 大野和也
  • 山根視来

3バックは昨シーズンの通り真ん中に坂圭祐選手、左に大野和也選手、右に山根視来選手に加えて清水エスパルスからフレイレ選手が加入。

リベロの位置にフレイレ選手がはいると予想してこの3人としました。

MF

  • 金子大毅
  • 秋野央樹
  • 杉岡大暉
  • 岡本拓也
  • 梅崎司
  • 菊地俊介

ボランチには 金子大毅選手、秋野央樹選手。東京オリンピック世代の斎藤美月選手が台頭してきています。

ウイングバックは杉岡大暉選手が左。岡本拓也選手が右は決定的。新加入の古林将太選手が控えます。

シャドーは昨シーズンに多かった左に梅崎司選手、右に菊地俊介選手にしました。

新加入の武富孝介選手はレギュラーに割ってはいる可能性が高く、菊地俊介選手と使い分けるでしょう。

レレウ選手は日本での実績がないのでよく分かりません。

中川寛人選手、松田天馬選手はスーパーサブとして起用されるかと。

FW

  • 山崎凌吾

フォワードは昨シーズン後半戦にレギュラーを奪った山崎凌吾選手が濃厚ですが、背番号9を託された 指宿洋史選手への期待も大きいですね。

また、背番号10番が欠番となっていて外国人枠も空いているのでチーム状況に応じて補強も考えているのではないでしょうか。

【Jリーグ2019】湘南ベルマーレ・フォーメーション予想

それでは湘南ベルマーレの2019フォーメーションを予想していきます。

昨シーズン同様3-4-2-1で行くと予想!

湘南ベルマーレスタメン・フォーメーション予想2019

守備時には5-4-1となり攻撃時は3-4-3でボールを失うと素早く前方にプレッシングをかけて即時奪回を積極的にねらいますが、取り切れずにボールを前進されると5-4-1で守備ブロックを形成して自陣のミドルサードでコンパクトな守備を形成するというスタイル。

特徴的なのは守備時と攻撃時のポジショニングに距離があるという本来弱点となるところを切り替えの速さ、運動量、規律を徹底することによって強みに変えているところ。

Jリーグトップクラスの走行距離を誇り、8シーズン目の指揮を執るチョウキジェ監督の戦術は完全に浸透していて、若い選手が多いからこそハードワークを武器とするチームが出来ています。

一方で外国人選手やボールを持った時に余裕を発揮できる創造性を発揮するタイプがハードワークについてこれないケースが多いことが、J1下位からJ2上位という位置でとどまってしまっている原因でもあると思います。

前線に個人能力で得点できて、湘南ベルマーレの戦術の穴にならないハードワークをする選手が出てくると上位も伺えるチームとなります。

スポンサーリンク

湘南ベルマーレ2019のココに注目!

それではリーグ2019湘南ベルマーレのこちらのポイントに注目してみました。

フォワード指宿の起用法

190㎝の長身を誇る指宿洋史選手ハードワークを走れて高くてポストプレーも安定している選手ですが、意外とヘディングシュートが得意ではなく、空中戦のパワー不足だったりします。

素材としては大器なので湘南塾とも呼ばれる育成が得意なチームで一皮むけると湘南ベルマーレ待望の二桁得点できるセンターフォワードとなるでしょう!

上位に食い込むようなシーズンを望むなら指宿選手はキープレイヤーです。

杉岡大暉の日本代表選出

昨シーズン、ルヴァンカップ決勝で決勝点を決めた杉岡大暉選手はすでに森保JAPANのリストに入っているでしょう。

シーズン途中の6月のコパアメリカに招集されるようだと大打撃ですしオリンピック世代のテストマッチにも招集されることも確実ですのでシーズンフル稼働はできません。

それでも代表に選ばれるのは名誉なことでほかの選手への刺激にもなるでしょうね。

フレイレの3バック適応

清水エスパルスで年俸5000万円をもらっていたというフレイレ選手は湘南ベルマーレでトップクラスの年俸となるのは確実でフレイレ選手がフィットするかどうかは重要なポイントだと思います。

心配なのは、清水エスパルスでは4バックでプレーしていたこと。

ブラジルでも伝統的に4バックを使用するチームが圧倒的に多いことを考えると3バック適性があるかどうかは不透明。

Jリーグ2019スタメン・フォーメーション予想【他チーム】

川崎フロンターレのスタメン・フォーメーション予想 
サンフレッチェ広島のスタメン・フォーメーション予想 
鹿島アントラーズのスタメン・フォーメーション予想 
北海道コンサドーレ札幌のスタメン・フォーメーション予想 
浦和レッズのスタメン・フォーメーション予想 
FC東京のスタメン・フォーメーション予想 
セレッソ大阪のスタメン・フォーメーション予想 
清水エスパルスのスタメン・フォーメーション予想 
ガンバ大阪のスタメン・フォーメーション予想 
ヴィッセル神戸のスタメン・フォーメーション予想 
ベガルタ仙台のスタメン・フォーメーション予想
横浜F・マリノスのスタメン・フォーメーション予想
サガン鳥栖のスタメン・フォーメーション予想 
名古屋グランパのススタメン・フォーメーション予想 
ジュビロ磐田のスタメン・フォーメーション予想 
大分トリニータのスタメン・フォーメーション予想 
松本山雅のスタメン・フォーメーション予想 

最後に

いかがでしたか?

今回は湘南ベルマーレの2019年シーズンのスタメン・フォーメーションを予想してみました。

昨シーズンから主力クラスの流出はないので、大きな変化はないまま新シーズンを迎えそうです。

新スタジアム建設の動きもあるようなのでJ1であと数年は粘りながら債務超過に近い財務状態を改善していく必要があります。

というわけでチームは順調、経営は崖っぷちという湘南ベルマーレがどのような戦いをみせるのか注目しましょう!