【Jリーグ2019】FC東京スタメン・フォーメーション予想

スポンサーリンク

Jリーグ2019!

今回はJリーグ2019のFC東京の基本となるスタメン・フォーメーションを予想してみました。

2018シーズンのFC東京は前半戦は一時期2位まで順位を伸ばしましたが後半に失速しました。

それでも上位で終えているのでアジアチャンピョンズリーグ出場圏内を目指すシーズンとなるでしょう!

長谷川健太監督は2シーズン目でどんなサッカーをみせてくれるのでしょうか?

最後までご覧ください。

スポンサーリンク

【Jリーグ2019】FC東京・スタメン予想

それでは2019年のFC東京のスタメン予想を紹介していきます!

GK

  • 林彰洋

ゴールキーパーは林彰洋選手と大久保択生選手が争っていましたが、大久保選手がサガン鳥栖に移籍したので林彰洋選手で決まり。

DF

  • 森重真人
  • チャンヒョンス
  • 太田宏介
  • 室屋成

センターバックは昨シーズンの森重真人選手、チャンヒョス選手で決まり。

左サイドバックに太田宏介選手、右サイドバックに室屋成選手もレギュラークラスに動きはないかなと。

ディフェンスは大きな補強も放出もありません。

MF

  • 橋本拳人
  • 高萩洋二郎
  • 大森晃太郎
  • 東慶吾

ボランチは米本拓司選手が名古屋グランパスに移籍したので高萩選手と橋本拳人選手で決まりでしょう。

アルトゥール・フェイトーザ選手という若いブラジル人選手を獲得しましたが育成枠という意味合いが強い補強ですね。

サイドハーフには大森晃太郎選手と東慶吾選手が昨シーズン同様に入ると思いますが、久保建英選手もレギュラークラスを狙える実力がありますね。

FW

  • 永井謙佑
  • ディエゴ・オリベイラ

フォワードは昨シーズンと同様にディエゴ・オリベイラ選手と永井謙佑選手でしょう。

韓国Kリーグ2部のMVPのナ・サンホ選手という選手が入って、もうひとり外国人フォワードの獲得を狙っているようですが、パトリック選手、ファン・ウィジョ選手にオファーを断られたと報じられているので、あまり良い選手は来ない可能性が高いですね。

U20日本代表の田川亨介選手が加入しましたが、J3のU23チームに回される可能性大です。

【Jリーグ2019】FC東京・フォーメーション予想

長谷川健太監督の代名詞でもあり昨シーズンのメインシステムなので議論の余地はありません。

そんなFC東京の2019年の基本フォーメーションは4-4-2と予想しました。

FC東京ススタメン・フォーメーション予想2019

ゾーンディフェンスですが戦術的な緻密さはあまりないので、個々の判断能力とハードワークに守備はかかっています。

攻撃はチームとしてカウンターアタックの形以外はサイドからセンタリング以外はあまりないです。

カウンターアタックが生命線で縦に速いサッカーを展開しますので全体的に上下動が多く運動量が必要なサッカーになります。

そのため走り勝つことが出来ていた序盤戦で昨シーズンは勝ち点を取りましたが、疲労が蓄積された後半戦では勝ち点を落としています。

とてもやることはシンプルなので選手の個人能力とハードワークが結果を左右するサッカーといえるでしょう。

守備的なわりに攻撃的に守備がないのでカウンターアタックに効果的に繋がらない、低い位置でボールを回収しても攻撃の形がない状況を個人能力でなんとかするという部分でヨーロッパではモウリーニョ監督、アンチェロッティ監督が似たタイプといえますが、二人とも勝てなくなってきているので長谷川健太監督はどうなるでしょうか。

FC東京2019のココに注目!

それでは、FC東京2019年シーズンの注目ポイントを紹介していきます!

異分子・久保建英

ハードワークを基調としたサッカーの中で攻撃を創造性を持って完結させることが出来る存在は久保建英選手しかいません。

チームとして攻撃の崩しの部分でメカニズムをつくるとほかの選手も絡んでくることが出来ますが、そういう形がないので久保建英選手が一人で「何か」をするしかない状況です。

久保建英選手の才能が枯れると長谷川健太監督には批判もあるようですが、逆にこういったシンプルな縦に速いサッカーで存在感を出せないところが久保建英選手の弱点なので克服して欲しいですね。

スポンサーリンク

守備的なサッカーはチームカラーに合わないのでは?

FC東京はフィッカデンティ監督のもとで守備的なサッカーをして結果を出しても内容が守備的で得点が少ないから監督を変えた過去があるチーム。

東京というエンタメで他のジャンルと争わないといけない地域性から考えても得点がたくさん入り、華やかな選手が遊び心満載でプレーするサッカーがしたいというのが本音でしょう。

たびたび、攻撃的サッカーへの舵を切って失敗しています。

長谷川健太監督は真逆のタイプの監督ですから、結果は出るもののエンタメ性の低いサッカーにフロントが我慢できるのかは疑問符が付きますね。

補強は失敗?

FC東京は報道で名前が上がっていた選手がことごとく他のチームと契約更新しているので補強は失敗した可能性が高いです。
長谷川健太監督もフロントにチクりと言っています。

選手の質が結果を左右するサッカーなので、とくに攻撃的なポジションはレギュラークラスがあと二人は欲しいところですが、新体制もすでに発表していてもう時間がありません。

残り物に福があるというケースもありますが、サポーターはやきもきするでしょうね。

Jリーグ2019スタメン・フォーメーション予想【他チーム】

川崎フロンターレのスタメン・フォーメーション予想 
サンフレッチェ広島のスタメン・フォーメーション予想 
鹿島アントラーズのスタメン・フォーメーション予想 
北海道コンサドーレ札幌のスタメン・フォーメーション予想 
浦和レッズのスタメン・フォーメーション予想 
セレッソ大阪のスタメン・フォーメーション予想 
清水エスパルスのスタメン・フォーメーション予想 
ガンバ大阪のスタメン・フォーメーション予想 
ヴィッセル神戸のスタメン・フォーメーション予想 
ベガルタ仙台のスタメン・フォーメーション予想
横浜F・マリノスのスタメン・フォーメーション予想
湘南ベルマーレのスタメン・フォーメーション予想 
サガン鳥栖のスタメン・フォーメーション予想 
名古屋グランパのススタメン・フォーメーション予想 
ジュビロ磐田のスタメン・フォーメーション予想 
大分トリニータのスタメン・フォーメーション予想 
松本山雅のスタメン・フォーメーション予想 

最後に

いかがでしたか?

今回はFC東京の2019年スタメン・フォーメーション予想でした。

今シーズンは、あまりプラスとなる要素がないのかなというのが率直な感想でレギュラークラス11人は良いですが、サブの選手層が心配ですね。

その分、久保建英選手が成長してくれるとよいですね!

Similar Posts:

    None Found

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました