Jリーグ移籍情報2019【浦和レッズの補強と退団の噂】

スポンサーリンク

浦和レッズ移籍情報2019

Jリーグ移籍情報2019!

今回は2019シーズンに向けた浦和レッズの移籍情報を補強と退団の噂を中心にまとめてみました。

シーズン前半戦は降格圏に沈みながらも元鹿島アントラーズの名将オズワルド・オリヴェイラ監督を招聘して天皇杯を制した浦和レッズ。勝ち方を知っている監督の下で試合巧者な戦い方が出来るようになりましたし、詰めの甘さを感じさせるようなシーンが減り、2019年シーズンはさらなる躍進の予感がします!

そんな浦和レッズの2019シーズンへ向けた移籍市場の動きを紹介していきますので最後までご覧ください。

スポンサーリンク

浦和レッズの補強ポイント

浦和レッズは主力流出の噂は少ないですが、アジアチャンピョンズリーグに出場するために選手層を厚くしていく必要があるのかなと感じます。

また、2018年シーズンは選手構成も考えて3バックで戦いましたが、オリヴェイラ監督は4-4-2を得意システムとしているので、4バックを導入するのであれば、適した人材をそろえる必要があるでしょう。

そして、柏木陽介選手、槙野智章選手、興梠慎三選手といったそれぞれディフェンダー、ミッドフィールダー、フォワードの中心的存在が30歳を過ぎていて選手としての最盛期を過ぎていく時期なので、新たに中心選手となることが出来る選手を育てるか獲得する必要があるでしょう。

また、エースストライカーの興梠慎三選手を超える助っ人外国人ストライカーを獲得するのか?にも注目が集まります。

浦和レッズ移籍情報2019【補強の噂】

それでは2019年シーズンに向けた浦和レッズの補強の噂を紹介していきます!

杉本健勇

セレッソ大阪の日本代表ストライカーは浦和レッズが獲得濃厚となっています。

26歳で将来を嘱望されていた並外れた身体能力を持つプラチナ世代の長身ストライカーは、日本代表に選出されてはいるものの伸び悩んでいるようにみえます。

昨シーズンはセレッソ大阪で柿谷曜一朗選手との不仲が噂されたり、チーム内でうまくいっていないようでしたから、浦和レッズに移籍することがきっかけで一気に成長するかもしれません。

潜在能力は凄い選手なので興梠慎三選手の後継者として育てたい狙いがあるように思います。

カイオ

日本で高校時代から育ったブラジル人サイドアタッカーでドリブラーです。

Jリーグベストヤングプレーヤー賞を獲得するなど日本代表入りを待望されましたが、帰化が間に合わずに中東に移籍してしまったカイオ選手は、日本語もペラペラですし順応も早いと思います。

スポンサーリンク

ヴィッセル神戸と競合していて獲得に要する金額も7億円という報道も出ているように中東から選手を獲得するのは多額の移籍金が発生する可能性が高くて移籍の実現はあまり現実的ではないかもしれません。

それでも、外国人枠が来シーズンから拡大するので外国人選手の数を増やすことができる一方でチームマネジメントが難しくなってしまうという懸念もあります。

カイオ選手のような日本人選手と同じような扱いで困らない外国人選手がいると、チームはまとまりやすいでしょうね。

車屋紳太郎

川崎フロンターレ所属の左利きのセンターバック。

川崎フロンターレでもレギュラーとして活躍していて、とくに不満があるようには見えないですが、左利きのディフェンダーという希少価値を欲しがりヴィッセル神戸、浦和レッズがオファーしていると報じられています。

浦和レッズとしては槙野智章選手の代わりになり得て、左サイドバック、センターバックを3バック、4バック問わずにこなすことができる人材は喉から手が出るほどほしいでしょう。

ただし、川崎フロンターレが放出する理由もないですし、資金力のあるヴィッセル神戸と競合していることから移籍が成立する可能性はあまり高いと思いません。

浦和レッズ移籍情報2019【退団の噂】

それでは2019年シーズンに向けた浦和レッズの退団の噂を紹介していきます!

武富孝介

湘南ベルマーレがオファーを出していると報じられています。

浦和レッズでは控えに甘んじていたので、移籍は驚きませんし、浦和レッズとしても大きな痛手とはならないでしょう。ただし、中盤のハードワーカーは人数的に足りていないので代役が必要かなと思います。

個人的にはサイドで運動量豊富な選手が良いかなと。

槙野智章

中国のクラブが高額オファーを出していると報じられています。

以前にも中東のクラブから高額オファーがあったときに日本代表ハリルホジッチ監督に中東に移籍するとこの青いユニホームはもう着ることはないだろうといわれて日本代表のために残留したと伝えられています。

ロシアワールドカップも終わって日本代表では若手に道を譲ろうと考えているなら、移籍もあり得るかもしれません。

仮に移籍が成立するとするなら、車屋選手を獲得しておきたいですね。

浦和レッズ移籍情報2019のまとめ

いかがでしたか?

今回は浦和レッズの新シーズンへ向けた移籍市場での動きを紹介しました。

ACLへ並々ならぬこだわりを見せていた浦和レッズは天皇杯を制してACL出場権を獲得。

2年ぶりのアジアチャンピオンへ向けてどういった戦力を整えて行くのか注目です!

Similar Posts:

    None Found

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました