バルサ補強リスト

バルサ補強リスト2019!

今回は2019-2020シーズンへ向けたFCバルセロナの夏の補強ポイントや移籍の噂についてまとめてみました。

100億円を超える移籍金の大型補強も噂されています。

バルサはいったいどんな顔ぶれとなるのでしょうか?

最後までご覧ください。

スポンサーリンク

2019-20シーズンのバルサ補強のポイント

2019-20シーズンのバルサ補強のポイントですが、メッシ選手、スアレス選手、ブスケツ選手、ピケ選手、ラキティッチ選手というチームの中心選手がベテランとなっているので、代わりになり得る若手選手を獲得する必要があるでしょう。

外国人枠のことを考慮するとEU圏内出身の若手有力選手を獲得したいところですね。

すでにアヤックスからセンターバックからインサイドハーフまでプレーできる若手ユーティリティープレーヤーのデヨング選手の獲得が決定しています。

この補強ポイントに合致した補強ですね。

また、マルコム選手、コウチーニョ選手、ユムティティ選手、ラキティッチ選手が放出の噂があり、抜ける場合は代わりの選手が必要です。

また、レンタル移籍で加入していたKプリンス・ボアテング選手と契約延長しない方針なので前線にパワー、高さが加えられるオプションは必要でしょう。

バルサ補強リスト2019【ラビオ】

パリサンジェルマンのラビオ選手は23歳でボランチの位置でプレーする技術水準の高い選手で、ブスケツ選手、ラキティッチ選手の後継者なり得ます。

身長も高くて両足で長短のパスを使い分けることが出来るゲームメイカーでバルセロナ向きの選手だと思います。

このコメントにあるようにデヨング選手の獲得に成功したので撤退する可能性も考えられます。

ラビオのプレースタイル!イケメンで彼女や結婚は?年俸や評価についても 

移籍金の相場

パリサンジェルマンとの契約が切れるため、移籍金は0で獲得できます。

年俸は13億円程度となる模様ですでに代理人である母親がバルセロナに現地入りしていて仮契約済みとも報道されていますが、バルセロナは公式に

「バルセロナは、PSGの選手、アドリアン・ラビオとのあらゆる種類の合意の存在を否定する」

とコメントしています。

マンチェスターユナイテッドも獲得に乗り出しているといわれていて、契約が切れるラビオ選手は争奪戦となりそうです。

背番号とポジションは?

背番号はラキティッチ選手が移籍するなら4番ですね。

ラキティッチ選手が残留する場合は二桁の番号しか空いていません。

ポジションはアンカーとインサイドハーフになるでしょう。

バルサ補強リスト2019【フアン・マタ】

マンチェスターユナイテッド所属のファン・マタ選手はスペイン人でテクニックが高い選手ですからバルセロナのポゼッションサッカーにすぐに適応できるでしょう。

マンチェスターユナイテッドとの契約が切れるマタ選手は30歳で世代交代に向いた人材ではないですが、選手層の底上げに確実に貢献出来ますしベンチに置いておいて不満を爆発させるようなタイプでもありませんから0円で獲得できるなら欲しいというのがバルセロナの狙いですね。

移籍金の相場

移籍金はマンチェスターユナイテッドとの契約が切れるため発生しません。
ユベントスも獲得に動いていて移籍市場の注目の的になっています。

背番号とポジションは?

背番号はマルコム選手が移籍するなら14番ですかね。ラキティッチ選手が移籍するなら4番もあり得ます。
ポジションですが、インサイドハーフと右ウイングとなりそうです。

マルコム選手が移籍するなら右サイドと左利きが不足しますからマタ選手で補填しようという考えなのかなと。
リードしている場面でメッシ選手を休ませて逃げ切りたい局面での起用となるのかなという気がします。

バルサ補強リスト2019【デリフト】

バルセロナだけでなく、レアルマドリード、バイエルンミュンヘン、ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールも獲得に動いていると報じられているアヤックスの19歳オランダ代表センターバックはピケ選手の後継者として最適な人材です。

ビルドアップ能力が高く、対人守備能力が高い点でピケ選手と共通点があり、バルセロナの戦術の源流にあるアヤックス育ちであることも適応への障害を軽減させます。

また、チームメイトのデリフト選手がバルセロナ移籍を決めたので、初めての国外移籍ですが、良いパートナーとなるでしょう。
獲得できれば申し分ない選手ですね。

デリフトのプレースタイルと凄さを徹底検証! 

移籍金の相場

移籍金はこれだけ多くのビッグクラブが競合しているので80億円から100億円と報じられていますね。

スペイン紙『スポルト』によるとデリフト選手本人はバルセロナでのプレーを希望しているとのことです。

アヤックスのデンハーグ監督はバルセロナかバイエルンミュンヘンが移籍先となるだろうと報じていますね。

背番号とポジションは?

背番号はラキティッチ選手が移籍するなら4番を着ける可能性があります。
また、デリフト選手獲得に伴って怪我がちのフランス代表ユムティティ選手を放出する可能性も指摘されていて、その場合はユムティティ選手が着けている23番となるのかなと思います。

ポジションはセンターバックとなるでしょう。

現状、右はピケ選手、左はラングレ選手とユムティティ選手が務めているので、ベテランのピケ選手の2番手の右センターバックになるでしょう。

ピケ選手も32歳で全盛期からはプレーに衰えも見えてきているので、時間の問題でレギュラーポジションを奪うでしょう。

デリフト選手にポジションを明け渡したピケ選手が三木谷オーナーと親交のあるヴィッセル神戸に来るのがベストシナリオかと思います。

スポンサーリンク

バルサ補強リスト2019【ヨビッチ】

レアルマドリードとバルセロナが争奪戦を繰り広げているのはヨーロッパリーグとブンデスリーガで得点量産中の21歳のセルビア人ストライカーヨビッチ選手。

チームメイトの長谷部誠選手は

「ヨビッチは能力が高い。何でもできるし、シュートがうまい。メンタルも完全にストライカー気質で図太い」

と評価しています。

シュート技術が高くて両足でボールを器用に扱うことが出来る万能型のストライカーはバルセロナが欲しているタイプですね。

しかし、メッシ選手、スアレス選手のコンビが定着しているアタッカー陣はレギュラーポジションを掴むことは難しいですから、バルセロナとしては、メッシ選手、スアレス選手を休ませながらサブ扱いとして起用して、チームに慣れされてから数年後の中心選手として欲しいでしょうが、本人にとってはすぐに試合に出たいでしょうから、そこが補強するうえで障害になる可能性があります。

ヨビッチ選手の父親も出場機会がないチームにはいかないと明言しています。

スペイン紙「AS」によるとレアルマドリードが獲得に前進しており、スペインメディアMundo Deportivo によるとバルセロナはすでに獲得を諦めたとの報道もありました。

レアルファンはこんな反応を示しています。

確かにレアルマドリードの方がレギュラーポジションを取る可能性は高いでしょうね。

移籍金の相場

スペイン紙「AS」によると移籍金は7000万ユーロで90億円となっています。

バルセロナとしては前線に高さ、パワーを加えられるオプションとして欲しい選手でしょうから、90億円は少し高いかなという気もします。

背番号とポジションは?

背番号は放出濃厚のボアテング選手の19番になる可能性が高いかなと思いますが、攻撃的なポジションの良い番号は空いていませんね。

ポジションはセンターフォワードでスアレス選手のポジションで起用されるでしょう。

バルサ補強リスト2019【久保建英】

ここまでの補強リストを見ても明らかなのは、バルセロナはスアレス選手、メッシ選手の代わりのアタッカーを獲得するのが難しい状況にあるということですね。

二人とも大活躍中ですが、すでに30代であることを考えると、数年後を見据えて後継者を育てておく必要性があります。
そこで挙がってくるのが、バルセロナの下部組織出身でFIFAルール抵触によって泣く泣く15歳で手放したFC東京の久保建英選手を18歳となる夏のタイミングで呼び戻すプランです。

スペインで最古の歴史を持つスポーツ紙『エル・ムンド・デポルティーボ』が、「6月4日に18歳となり、FIFAの規約上、海外移籍が可能となる状況を受けて、久保建英の復帰が内定した」と伝えていますので、決定的ですね。

ただし、トップチームは外国人枠が空いていないですし、しばらくはバルセロナBでのアピールが必要でしょう。

Jリーグを見ている人にとっては久保建英選手はすでにJリーグトップクラスのパフォーマンスをしている選手であることを知っているのでバルセロナBが戦うスペイン3部はレベルに見合わないと感じる人も多いようですが、アピールすれば上に昇格できるので実力を示してもらいたいですね。

バルセロナBは10代の選手がほとんどで中心選手はトップチームとBチームを往復するのでチーム作りが難しく3部に甘んじていますが、久保建英選手と同世代のトップクラスの才能がひしめいているので決して活躍するのが簡単な舞台でもないですが、外国人枠で実績もまだ無い久保建英選手を復帰させるのは期待されている証拠でしょう。

久保建英のバルサ復帰はいつ?他のビッグクラブ移籍の可能性は? 

移籍金の相場

移籍金は10億円程度が相場といえるでしょうが、久保建英選手ががFC東京に入団する際にバルセロナに復帰する際には移籍金は発生しないというオプションが付いていると報じられており、移籍金はかからないで獲得できる見込み。

背番号とポジションは?

バルセロナBスタートが濃厚なのでトップチームの背番号は与えられないでしょうね。

ポジションは右サイドハーフかメッシ選手がプレーする1,5列目のフォワード、インサイドハーフが候補です。

【2019-20】海外サッカー夏の移籍関連

【夏の移籍市場】レアル補強リスト2019!噂の大型選手と移籍金について 

マンU夏の移籍情報2019!補強と退団候補の噂【注目選手】 

アーセナル夏の移籍情報2019!補強と退団候補の噂【注目選手】 

最後に

いかがでしたか?

今回はバルセロナの2019~2020シーズンへ向けた補強リストについてまとめてみました。

バルセロナのサッカーは特殊な能力が必要なのか、コウチーニョ選手、デンベレ選手のように100億円以上の移籍金で獲得してもうまくフィットしないことも多いので、戦術的にベースとなったアヤックス育ちの選手を狙っていますね。

バルセロナの下部組織出身の選手もここ数年はブレイクしていないので久保建英選手にもチャンスはあるでしょう。