アレックス・イウォビ
イングランド・プレミアリーグのアーセナルで、その存在感をぐんぐん増しているのが

アレックス・イウォビ選手

ナイジェリア出身で代表にも選出されていますから、これからワールドカップ予選をはじめ、国際試合にも多く顔を出してくるはずです。

今回はそんなイウォビ選手をピックアップ。

イウォビ選手のプレースタイル、評価や能力、そしてオコチャの甥という情報などについても調査してみました。

お楽しみ下さーい。

スポンサーリンク

アレックス・イウォビのプロフィールと経歴!

アレックス・イウォビ・プロフィール

生年月日:1996年5月3日
国籍:ナイジェリア
身長:180センチ
体重:75kg
利き足:右足
ポジション:FW(LW)

アレックス・イウォビ選手は、ナイジェリア最大の都市、ラゴスの出身

ちなみにこのラゴスという都市は、エジプトのカイロに次いでアフリカ2番目のメガシティだそうで、イウォビ選手もかなりの都会っ子ということになりますね。

ナイジェリア生まれのイウォビ選手は、8歳のときにアーセナルのユースチームに加入します。
8歳といえば日本なら小学校2年生ですよ。

そんな子供がいきなりプレミアリーグのユースチームに加入を許されるわけですから、よほどの将来性を感じさせたプレーを見せていたんでしょう

以来、10年にもわたってアーセナル・ユースに所属して中心選手へと成長。主将も務めたそうです。

2015年にアーセナル・トップチームでデビューを果たします。

アーセナルといえば、2016年7月に日本の浅野拓磨選手が完全移籍することが決まりましたが、労働許可が下りずにドイツ・ブンデスリーガのシュトゥットガルトに期限付き移籍するなどのドタバタがありましたね。

イウォビ選手も浅野選手も、同じフォワードの選手ですから、激しいポジション争いが勃発していたかもしれません。

まあ、その楽しみは将来にとっておきましょう。

イウォビ選手は180センチで75キロというすらりとした体型でアフリカ出身の選手特有の、野生動物のようなしなやかな動きが大きな特徴です。

スピードもかなりのものなので、両サイドのウイングとして起用されることが多いですね。

相手を置き去りにしてサイドをするすると駆け上がり、利き足の右足で質の高いクロスを挙げたりする、献身的なプレーも目立つのが特徴的です。

2016年3月のエヴァートン戦でプレミアリーグ初先発し、さらには初ゴールも奪うという活躍でブレイク間違いなしと言われる選手として今後目が離せない存在となってわけですね。

アレックス・イウォビのプレースタイルについて

イウォビ選手のプレースタイルについては、もともとはウインガーでしたが高い得点能力を持ち合わせた選手。

同じアーセナルのエジル選手はイウォビ選手について

アレックス(イウォビ)はオコチャと(エドガー)ダービッツを合わせたような選手だね

とコメントしています。

ダービッツといえば、守備的ボランチでイウォビ選手とポジションが違っているわけですが、攻守での強さを発揮するポイントが近いということなんでしょうね。

オコチャと比較されることが多いのは正確なパスセンスが共通しているところなんでそしょう

そんなイウォビ選手の動画がこちら。

年齢的にもまだまだ若いということもあってフィジカルが不安視されていますが、ナイジェリアの選手なので身体能力は非常に高いので、

トップレベルの選手と一緒にプレーすることによってフィジカルや!”個”についても怖いくらい成長していくことだと思われます。

オコチャの甥

アレックス・イウォビ・オコチャ
アレックス・イウォビ選手は、一部でナイジェリアの名選手だった、オーガスティン・オコチャの再来ともいわれていることはサッカーファンなら有名な話ですね。

ニックネームのジェイ・ジェイ・オコチャのほうが知られているかもしれません。

オコチャ選手といえば、ドイツ・ブンデスリーガのフランクフルト、フランス・リーグ・アンのパリ・サンジェルマン、イングランド・プレミアリーグのボルトンやハル・シティなどに所属し、活躍した名選手。

長くナイジェリア代表としても素晴らしいプレーを見せてくれました。

俊足のミッドフィルダーで、高速ドリブル、変幻自在のフェイント、アイデアあふれるプレーで、ピッチ上を自由自在に動き回りました。

と、そんな歴代の名選手の再来と言われるイウォビ選手。本人としてもさぞ名誉なことと喜んでいるでしょうと思っていたら、イウォビ選手

このオコチャ選手の実の甥ということですから、

再来どころか、本当に血がつながっていたんですね。

スピードも器用さも兼ね備えているイウォビ選手。これはオコチャ選手の血をしっかり受け継いでいるからということになりそうです。

それにしてもイウォビ選手の一族はすごいですね。2人もの世界的なサッカー選手を輩出するのですから。

イウォビ選手も、今後長くナイジェリア代表として活躍しそうですね。

アレックス・イウォビの評価や能力は?

アレックス・イウォビ選手は、選手層の厚いアーセナルのトップチームの中でも一定の出場機会を与えられています。

色々な評価で共通するのが、スピード・スタミナ・テクニックは折り紙つきなわけですが、

FWでありながら他のポジションにも対応できる能力があるのも大きな評価基準といえるでしょう。

その中でもパス能力についてはオコチャと比べても引けを取らないとも言われていますから。

柔軟性の高い理由としては、ゲームメーカー的な要素も強く創造能力にも長けているということなんでしょうね。

前線の選手は得点を奪わないとなかなか評価されにくいところがありますが、イウォビ選手の特徴は常に得点に絡むことが多いので得点以外の評価も大きいのかなという印象です。

ベンゲル監督からは

「高い運動量といいチームスピリットを持ったクリエイティブな選手だと思っている。サイドでも、中盤でもプレー可能だ。とても面白い選手だよ」

と評価コメントをされています。

また、代表としても高い能力を発揮して頭角を現しつつあります。

ナイジェリア出身ですが、世代別代表ではイングランド代表で活躍していました。

しかし、フル代表としてはナイジェリア代表チームに所属し、2015年にデビューしています。

とはいえ、注目度が高いということもあって、比べられる選手がレベルが高すぎるの何か言われることもあるわけです。

これも試合に出続けることによって世界的にも認められる選手となる器ですから、ある意味は今は我慢のときかもしれませんね。

叔父さんであるオコチャも活躍したナイジェリア代表チームで、今後ますます存在感を高めてくるはず。これからのプレーから目が話せない存在となっていくことでしょう。

というか試合中にこんな華麗なヒールリフトを披露する選手ですから、実力だけじゃなくて記録だけじゃなくて記憶にも残る選手になっていくんでしょうね。

流石、オコチャ譲りといったところでしょうか?

国際試合で日本でも見てみたいですね!

最後に

というわけで、アレックス・イウォビ選手の情報をお届けしました。

アフリカのサッカー選手は、体の動きがしなやかで、かつ強靭。もちろんスピードもすごいですから、そのプレーを見ているだけでうっとりしますよね。

“美しい”という形容詞がぴったりハマる気がします。

イウォビ選手も、本当に美しいサッカー選手だと思います。イケメンですしね。

これからも注目していきたいと選手の一人として、応援していまーす。