森保ジャパン・スタメンメンバー

今回は森保ジャパンの主力選手になるであろうスタメンメンバー予想とフォーメーションについてまとめてみました。

4年後のメンバーではなく4年間で多く起用されそうなメンバーを予想しました!

また、エース候補と期待の若手についてもピックアップしたので最後までご覧ください!

スポンサーリンク

森保ジャパンのスタメンメンバー予想

  • GK

中村航輔

  • DF

吉田麻也
冨安健洋
槙野智章

  • MF

青山敏弘
柴崎岳
原口元気
酒井宏樹

  • FW

香川真司
堂安律
大迫勇也

ゴールキーパーは中村航輔選手

川島永嗣選手、東口順昭選手が他の候補です。

川島永嗣選手については実力・経験ともに現状は一番だと思いますが年齢的な問題もあり他の選手を試しながら、超える選手が出てこなければ再び正守護神となるでしょう。

したがって東口順昭選手と中村航輔選手の争いになりますが現在脳震盪で離脱中の中村航輔選手は若いですし将来性という意味ではナンバーワンだと思うので中村航輔選手に経験を積ませることになるでしょう。

脳震盪からの復活という期待も込めて中村航輔選手を選出。

ディフェンダーは現状ナンバーワンのセンターバックは吉田麻也選手は決まり。

ロシアワールドカップで相方だった昌子源選手は3バック経験がないので外します。

東京オリンピックで中心となりそうな冨安健洋選手と3バックの左で主にプレーしてきた槙野智章選手は計算できる存在だと思います。

ミッドフィールダーは守備的ミッドフィールダーは青山敏弘選手と柴崎岳選手が中心となりそうですが、ともにオフェンシブで守備面で不安があるので三竿健斗選手も有力な候補です。

サイドは酒井宏樹選手と原口元気選手。

長友佑都選手は年齢的に難しいということで外しました。

ここのポジションは一番分からないですね。

伊東純也選手遠藤渓太選手も候補に入ってくるでしょう。

フォワードはシャドーのポジションに香川真司選手と堂安律選手を選出。

このポジションはタレントぞろい。

ワールドカップで活躍した乾貴士選手。

海外組では宇佐美貴史選手、南野拓実選手、久保裕也選手、中島翔哉選手、伊藤達哉選手。

Jリーグ組では三好康児選手、前田直輝選手など枚挙にいとまがないですが、実力・実績ともにナンバーワンの香川真司選手と若手ナンバーワンの堂安律選手を選出しました。

センターフォワードは大迫勇也選手。
他の候補は武藤嘉紀選手、前田大然選手、杉本健勇選手です。

ポストプレーで頭一つ上の大迫勇也選手がポジションを取ると予想。

基本フォーメーション

森保ジャパン・フォーメーション

森保ジャパンのフォーメーションですが、森保一監督の代名詞でもある3-4-2-1システムを使うと予想します。

日本人選手に最も合っているシステムと森保一監督はコメントしていてこのシステムをメインにしていくことは間違いないといえるでしょう。

押し込まれたさいに5-4-1となり前線にターゲットがいないのでカウンターアタックを仕掛けにくくディフェンスラインを上げにくい問題に関しては、こまめなラインコントロールと組織的なカウンターアタックのメカニズムを導入して解決を図るでしょう。

また、後ろが5枚いるので1枚が飛び出してボール奪取に行きやすく、奪った後のロングカウンターという形は広島時代から得意のパターンでしたね。

CHECK森保一の戦術や采配は?森保ジャパンのフォーメーションはどうなる? 

エース候補

そんな森保ジャパンエース候補は誰になるのか?

候補選手は紹介していきます!

大迫勇也

ロシアワールドカップでもゴールを決めた大迫勇也選手は日本人離れしたポストプレーで前線で時間を作ります。

所属チームでもスタメンを確保しているので大迫勇也選手が1番手のフォワードとして1歩リードしているといえるでしょう!
決定力だけが課題ですね。

森保一監督が求める裏抜け・ワンタッチゴールをできないわけではないですが、得意とも言い難いので適応できるか注目!

CHECK大迫勇也の高校時代や性格は?海外の評価やプレースタイルについても

武藤嘉紀

プレミアリーグに挑戦しています。

身体能力に優れ、森保一監督が好むスピード・裏抜け型フォワードのタイプに合致しています。

総合力で大迫勇也選手と争える唯一のフォワードだと思いますのでプレミアリーグで成長して日本代表のポジション争いに加わってほしいですね。

森保一監督の初陣に招集されなかったので評価は低め?

今後の活躍に期待です!

浅野拓磨

森保一監督が高卒1年目から育てて海外移籍を果たした浅野拓磨選手は開幕から継続して出場機会を得ていて状況が好転していますね。

スピードに関しては素晴らしいものがありますし、森保一監督のサッカーも知り尽くしていると思いますので、スーパーサブのような役割を果たすのではないでしょうか。

西野ジャパンで召集されなかった悔しさをカタール大会で晴らしてもらいたいところ。

オリンピック世代の前田大然選手がライバルとなりそう。

スポンサーリンク

期待の若手

森保japan期待の若手を紹介していきます!

橋岡大樹

U-19日本代表で3バックの右と右ウイングバックでプレーできます。

高身長でスピード・運動量があり身体能力は全般的に非常に高いですね。

東京オリンピックで主力になる可能性は高く、そのままA代表に昇格していく期待は大きいですね。
U-20ワールドカップで活躍して東京オリンピック、ワールドカップへと向かってほしい。

渡辺皓太

アジア大会で大活躍したボランチで東京ヴェルディで主力としてプレーしています。

東京ヴェルディはロティーナ監督の戦術レベルはJリーグで最高との呼び声が高く、戦術理解度に優れていてテクニック・運動量、ボール奪取能力、セカンドボール奪取能力に優れています。

青山敏弘選手がボランチの軸となりそうなので相方は若くて運動量があるタイプが相性が良いと考えると有力候補です。

杉岡大暉

こちらもアジア大会で活躍。

左利きで左のセンターバックと左ウイングバックでプレーできます。

所属の湘南ベルマーレでも3-4-2-1システムでプレーしているので左利きの希少価値とシステム上使い勝手が良い選手。

アジア大会決勝の韓国戦でも強いメンタリティを見せていて大きく評価を上げた選手といえるでしょう!

東京オリンピック世代で森保一監督の指導を受けていることもプラスですね。

CHECK杉岡大暉の彼女や出身中学は?プレースタイルやジュニアユース時代についても 

最後に

いかがでしたか?

今回は森保ジャパンの基本システム・スターティングメンバーを予想してみました。

世代交代が必至となっている森保ジャパンですので有名な選手を見ることを楽しむよりも、誰が主力になっていくのかを楽しみです。

カタールワールドカップでは1人でも多くの若手が召集されることに期待しています。