青山敏弘

今回は森保一監督の日本代表初陣となる強化試合で招集された2015年JリーグMVP青山敏弘選手のプレースタイルを考察してみました。

北京オリンピック世代は年齢的な理由で代表招集を見送られる中でベテランの青山敏弘選手が招集されたのは特別な意味があるように思います。

ただの1戦力ではなく中心選手として期待されているのではないでしょうか。

そこで青山敏弘選手のプレースタイルを改めて解説していきますので最後までご覧ください!

スポンサーリンク

青山敏弘のプレースタイル【パス 】

無駄な力が全く入っていないきれいなキックフォームを持ち正確なロングパス、スルーパスが持ち味の青山敏弘選手は若手~中堅までは攻撃のきっかけとなるスイッチを入れるチャンスメイクが上手い選手でした。

一方で、ビルドアップに関与して全体のボール循環の流れを良くしてゲームメイクするというプレーは中堅以降に身に着けていったというのが個人的な印象です。

ワンタッチで横や後ろに繋いでサンフレッチェ広島には青山敏弘選手の他にも高萩洋次郎選手、森崎兄弟など優れたパサーが居たためゲームメイクする必要がそれほどなかった状態から、3人が怪我や移籍などでいなくなった後はゲームメイクの負担が青山敏弘選手に集中したためビルドアップが上手くなったんだと思います。

一発で局面を変えるパスを出す選手からテンポよくボールを回しながらタイミングを見計らって局面を変える選手に成長。

チャンスメイカーからゲームメイカー兼チャンスメイカーに変貌を遂げています。

青山敏弘のプレースタイル【シュート】

青山敏弘選手の特徴の一つはミドルシュート!
こちらの動画をご覧ください!

膝を上からかぶせてコンパクトな足の振りで強烈なシュートを放っています。

ボールに対して横から身体を近づけて遠心力を使った蹴り方とボールの正面に入って前方に押し出す力を使った蹴り方の二つに分けられますが青山敏弘選手は後者です。

ボールと体とゴールが1直線になり助走をそのままシュート威力に反映させる蹴り方なのでボールスピードが速く減速しません。

長い距離のシュートに適した蹴り方といえるでしょう。

ちなみにボールに対して横から身体を近づけて遠心力を使った蹴り方の代表的な選手は中村俊輔選手

カーブボールを得意として直接フリーキックの名手に多い蹴り方ですね。

青山敏弘のプレースタイル【メンタリティ】

ザッケローニ監督はどんなときでもプレーの基準がぶれない選手として中村憲剛選手と遠藤保仁選手、長谷部誠選手、青山敏弘選手の4人を評価していました。

2014年ブラジルワールドカップでは遠藤保仁選手、長谷部誠選手が怪我を抱えて本調子ではない中で二人どちらにも代わりになれる存在として中村憲剛選手よりも青山敏弘選手を評価して最後にメンバーに滑り込んでいます。

2018年ロシアワールドカップでもハリルホジッチ監督が交代して西野監督が誕生した後ハリルホジッチ監督にほとんど招集されてこなかった選手を1人選出したのが青山敏弘選手でした。

ケガでロシアワールドカップは棒に振りました。

青山敏弘選手はなぜワールドカップ直前で招集されるのか考えてみました。

サッカーには幹になる選手と枝になる選手が必要とはよく言われることで青山敏弘選手は幹になるタイプ。

精神的にもゲームメイカーというプレースタイルもあって中心選手に望む望まない関係なくなってしまいます。

青山敏弘選手を中心にチームは自然と出来あがっていきますので、すでに出来上がっているチームに新たに加えるのはリスクがありますが、チームが狂いだした時に中心選手として修正してくれるという期待があるのでワールドカップ直前でのスクランブル招集が多いのでしょう。

これまで遠藤保仁選手、長谷部誠選手の陰に隠れて日本代表の中心選手の役割は任されていなかったものの、それに次ぐ存在だった青山敏弘選手が森保一監督の初陣に招集された意味は日本代表の中心として青山敏弘選手が任命されたということだと思います。

ぶれないメンタリティ・人望があり中心選手としてのパーソナリティを備えていたことが日本代表を縁遠くしてきた青山敏弘選手の時代がようやく来たといえるかもしれません。

最後に

いかがでしたか?

今回は日本代表に招集された青山敏弘選手のプレースタイルの特集でした。

今季J1の首位を独走しているサンフレッチェ広島の中心でありキャプテンですから、サンフレッチェ広島時代の恩師森保一監督の存在が無くても選ばれて当然の選手だったといえるかもしれませんね。

ネックになるのが32歳という年齢です。

カタールワールドカップでは36歳で現状のパフォーマンスを維持できるかは懐疑的にならざるを得ません。

東京オリンピックでのオーバーエイジの候補でもあるようですが、怪我も多く体のメンテナンスも必要な選手ですから青山敏弘選手に頼ったチーム作りは森保一監督にはしてほしくないなと思いますね。