古橋亨梧

ヴィッセル神戸の古橋亨梧選手

イニエスタ選手に隠れていますが夏の移籍の中ではかなり効果的でプラスを与えてくれる期待の選手

快速FWとして、今後の注目されていくことでしょう。

そんなの古橋亨梧選手のプレースタイルを4つの視点から解説してみました。

最後までご覧ください!

スポンサーリンク

古橋亨梧のプレースタイル【ドリブル】

古橋亨梧のプレースタイルをドリブルの目線から解説していきます。

古橋亨梧選手のプレー集はこちら

古橋亨梧選手のドリブルはあまり日本人ドリブラーでは居ないタイプといえます。

テクニックでボールを奪いに来た相手を交わす柔よく剛を制す的なドリブラーが日本には多いですが、古橋亨梧選手のドリブルは直線的にゴールへ向かい相手を抜きに行くタイプですね。

ドリブルの抜き方は非常にシンプル!

抜く方向と逆方向に身体を向けてボールもドリブルで抜く方向と遠いところに置き、相手がボールに寄らざるを得ない状態をつくります。

もし、ボールに対して寄ってこなければそのままの方向にドリブルで抜けばいいですし、相手がボールに寄ってくると一気に逆方向に身体とボールを持って行きスピードで抜き去ります。

ベルギー代表のエデン・アザール選手のドリブルと方法は近いですね。

スピードがあって出来るドリブルだと思います。

また、カウンターアタックでボールを縦に運ぶドリブルも得意ですね。

このドリブルも日本人ドリブラーは苦手としているので古橋亨梧選手のドリブルは希少価値があります。

課題はドリブルしているときに頭が下を向いてしまい視野が狭まってしまうところ。

ボールを見なくてもコントロールできる技術や自信がないのか、姿勢を保つボディバランスがないのか、おそらくどちらも原因と考えられますね。

ただし、下を向いていはいるものの周囲の状況はある程度把握できているのでそれほど深刻な課題という訳ではないですが、ステップアップするためには解決しなければなりません。

ヴィッセル神戸に移籍してイニエスタ選手とチームメイトになりましたが、トラップする瞬間すらボールを見ていないで周囲をキョロキョロ見渡しているイニエスタ選手のプレーから成長するヒントが得られるかもしれませんね。

古橋亨梧のプレースタイル【スピード】

続けて、古橋亨梧のプレースタイルをスピードの観点から見ていきましょう。

50mを5.9秒のスピードで走る古橋亨梧選手はトップスピードも速いですが初速から早いところも見逃せません。

50mを5秒台で走る他の選手よりも早く見えるのは初速が早いからで基本的に20m以内のダッシュを繰り返すサッカーにおいて最高速度はさほど重要ではなく世界最速とも形容されるメッシ選手の最高速度が速くないことは有名です。

メッシ選手は初速が速いわけですが古橋亨梧選手は初速もトップスピードもJリーグの中でトップレベルというのは興味深いですし、これだけのスピードを持った選手が活躍するのは当然といえるかもしれませんね。

特に守備から攻撃へ切り替え時にスプリントしているときが多くカウンターアタックの際の推進力を発揮してくれますね。

ドリブルしながらでもスピードが衰えることもないですし、ボールタッチもぶれません。

スピードに乗った状態でもボディバランスが良く相手に当たられても簡単には倒れません。

スピードがあることを武器として発揮するための他のスキルが優れている点も古橋亨梧選手のスピードに対する評価が高い要因の一つといえるでしょう。

古橋亨梧のプレースタイル【オフ・ザ・ボールの動き】

古橋亨梧選手のプレースタイルとしてオフ・ザ・ボール。

ボールをもってないときの動き出しの鋭さも魅力的!

野性味があり、勘に近いタイミングでボールの行方を予測して迷いなく走り出すことができます。

パスカットからカウンターアタックに繋げる機会が多いのも予測力が高いからでしょう!

前述したように古橋亨梧選手は初速とトップスピードが速いですが、動き出すタイミングも早いんですね。

また、ディフェンスラインの裏へ飛び出す動き出しにも迷いがなくトップスピードでオフサイドをとられることを心配することなく駆け抜けるので余裕をもってシュートが出来ますね。

古橋亨梧のプレースタイル【シュート】

古橋亨梧選手は左サイドからカットインドリブルかペナルティーエリアに向かったダイアゴナルランからゴールシーンを多く作っている古橋亨梧選手はシュート技術も高くて多才です。

ゴールの外側からファーサイドへ巻いてくるシュートも打てますし、ファーサイドに蹴る体の向きから腰を回してニアサイドに蹴りこむシュートも多いです。

また、ループシュートにもチャレンジする遊び心や創造性、メンタリティも持ち合わせているところは内面的にストライカー向きといえるでしょう。

最後に

いかがでしたか?

今回は古橋亨梧選手のプレースタイルの特集でした。

パスを引きだす動き出しができるのでイニエスタ選手の良さを活かすことが出来るプレーヤーなので良い選手をヴィッセル神戸は補強しましたね。

これまで無名の存在だった理由はよく分からないほどポテンシャルが高く明確な弱点も見当たらない選手で同じ大卒組のスピードスターである伊東純也選手が日本代表までプロ入り後すぐに登りつめたように出世も早いかもしれませんね。

今後も古橋亨梧選手のプレーに注目です!