セレッソ大阪移籍情報2019

Jリーグ移籍情報2019!

今回は2019シーズンに向けたセレッソ大阪の移籍情報を補強と退団の噂を中心にまとめてみました。

東京ヴェルディを率いていたロティーナ氏を新監督に招くことが決定的となっているセレッソ大阪の2019年シーズンへ向けた移籍市場の動きまとめてみましたので最後までご覧ください。

スポンサーリンク

セレッソ大阪の補強ポイント

セレッソ大阪の2019年の補強ポイントは主力が流出した際の穴埋めです。

選手層が厚いので数人が流出しても大した問題は無いですが軸となる選手が複数人抜けるという報道が出ているので中心選手となることができる日本人選手を数人獲得したいのと、二桁得点を記録できるフォワードが一人必要かなという気がします。

また、各ポジションに世代別代表の若手選手がそろっていて、ディフェンダーの瀬古歩夢選手、中盤の喜田陽選手、フォワードの安藤瑞樹選手は将来のA代表候補ですので、もっと積極的に彼らにチャンスを与える陣容にするためにも、補強はあまりせずに選手数を減らしても良いでしょう。

セレッソ大阪移籍情報2019【補強の噂】

2019年シーズンのセレッソ大阪の補強の噂を紹介します。

泉澤仁

東京ヴェルディでロティーナ監督から高い評価を得ていた泉澤仁選手は昨夏までガンバ大阪に所属していて契約も残っていると見られています。

移籍金を支払えるかどうかが実現へのネックとなるでしょうが、監督からの信頼が厚く、大阪にも住んでいたので金銭面での折り合いさえつけば素晴らしい補強となるでしょう。

左サイドのドリブラーでサイドに大きく張って縦に突破してセンタリングを上げるという意味ではセレッソ大阪には居ないタイプです。

渡辺皓太

東京オリンピック世代の日本代表でレギュラークラスのボランチである渡辺皓太選手はロティーナ監督の下でボランチとして才能を開花させました。

新監督の考え方をチームメイトに植え付けるスピードを上げるためには理解者が選手にいることが重要となりますし、ボール奪取能力が高いボランチという似たプレースタイルの山口蛍選手が移籍を示唆していることからも獲得できれば大きな戦力となるでしょう。

しかし、移籍金が1億円近く発生しそうです。

仮に山口蛍選手が移籍するのであればその際に発生した移籍金を充てると何も問題はありません。

ブルーノ・メンデス

獲得が報道されている元U―20ブラジル代表フォワードで184㎝の長身を誇ります。

外国人フォワードの枠が空いているセレッソ大阪が以前からコネクションが強いブラジルルートで選手を獲得する流れは自然なことといえるでしょう。

24歳で実績に乏しいことから育成枠としての側面が強いかもしれません。

世代別ブラジル代表に選出されていることからもポテンシャルは高いでしょうね。

スポンサーリンク

セレッソ大阪移籍情報2019【退団の噂】

2019年シーズンのセレッソ大阪の退団の噂を紹介します。

山口蛍

セレッソ大阪の下部組織出身選手で長年チームの中心として牽引してきた元日本代表ボランチは移籍を検討しています。

ヴィッセル神戸から高額オファーが出されていると報じられていてイニエスタ選手やビジャ選手とともにプレーできるのは選手として財産となるでしょうし魅力的なオファーであることは間違いないでしょう。

契約が残っているため2億円近い移籍金が発生する見通しとなっていてセレッソ大阪としても移籍金を手に入れて若い才能を買う選択は悪くないですね。

杉本健勇

2018年シーズンはエースストライカーとして期待されながらも怪我も多く得点数も5点に終わり、残念なシーズンとなってしまっていました。

契約が残っているかどうか定かではないですが、浦和レッズが獲得に向けてオファーを出しているようです。

ユースから所属しているセレッソ大阪では持っているポテンシャルをなかなか発揮できていないと感じるので移籍して何かきっかけを掴むとまだまだ化ける要素があるでしょう。

移籍も止む無しかなと。

杉本健勇の彼女は?性格はチャラい?セレッソ復帰の理由やプレースタイルも
 

山村和也

川崎フロンターレへの移籍が濃厚と報じられていますね。

セレッソ大阪ではディフェンスラインから前線まで複数ポジションでプレーしてきた選手なので、1人で穴を埋めるのは難しいでしょうからそれぞれのポジションで若手選手が代わりになっていく必要があるでしょう。

セレッソ大阪は才能のある若手が多いチームなので、若手選手の出場のチャンスが増えるととらえることも出来ますね。

山村和也のトップ下の能力はどう?ジャンプ力が凄い!嫁や子供についても 

セレッソ大阪移籍情報2019のまとめ

いかがでしたか?

今回は2019シーズンに向けてのセレッソ大阪の移籍情報の特集でした。

ロティーナ監督を迎えて戦術的に秩序だったサッカーを志向していくようですが、保有している選手と若干方向性が違うかなと思うので、選手の入れ替えが起こるのはそんなにネガティブなことではないですね。

若手選手の育成に定評がある監督なので、これまでチャンスが無かった若手選手のブレイクに期待したいです。