中井卓大

未来の日本のサッカー界を背負っていってくれるであろう、天才ユース

中井卓大選手。

中井選手は、スペインのレアル・マドリードの下部組織(カンテラ)に日本人として初めて入団し、活躍しています。

その年齢は、驚くことにまだ2018年現在で14歳。

これからどんなふうに成長していくのかが楽しみですね。

今回はそんな中井選手にスポットライトを当て、彼の現在、可愛いと評判の姉、海外の反応などについてまとめてみました。

お楽しみ下さーい。

スポンサーリンク

中井卓大の2018年現在は?プレー動画も

中井卓大選手は2003年10月24日、滋賀県大津市の出身です。

なので2016年3月までは小学生だったわけです。

中井選手はレアル・マドリードの下部組織であるインファンティールAから昇格して2018年現在、レアル・マドリードのカデーテB(U-15)に所属しています。

2018年で14歳の中井卓大選手ですが、半年間で身長が3センチ伸びて身長は170センチまで到達しているようです。

プレー以外にもフィジカル面でもこれから成長していく頃でしょうし、着々と日本代表にも近づいていますね。

そんな中井選手の年齢からいくと成長痛が心配されますが、それを回避するためのトレーニングにも励んでいるんだとか。

特にサッカー選手で膝の怪我は致命的となりますからそういった怪我を将来を考えて慎重にケアしているんでしょうね。

トレーニング法も進化した時代で中井選手は9歳の頃から体幹トレーニングをはじめていますので将来のA代表に選ばれる頃にはフィジカルでも強い選手になってる印象もあります。

すでにテクニック面では定評のある中井選手。

中盤でのプレーはレアルの背番号10番を受け継いだモドリッチ選手を連想させる声もありますので、代表で10番を背負ってる姿を期待してるファンも多いことでしょう

現在レアル・マドリードに所属する日本人選手は、中井選手ただ一人。

若き「サムライ」よねえ。これからますます頑張ってほしいものですね。

そもそも中井選手がレアル・マドリードに所属することになったのは、彼が9歳の時に日本で行われた、「レアル・マドリード・ファンデーション・チャレンジ・キャンプ2012」に参加したことがきっかけです。

このキャンプはレアル・マドリードのセレクションとも言うべきもので、最優秀選手に選ばれるとレアルのカンテラ入団選考テストを推薦で受けられるという特典があったわけです。

そんな中井選手のプレー集動画を発見したのでご覧ください。

中井選手はそのキャンプで最優秀選手に選ばれ、入団テストを経て9歳にして見事にレアル・マドリードの一員となったわけです。

その入団テストは、世界中から最終テストを受けたのは50人だったそう。

その中で合格したのは中井選手でただ1人。
ものすごいことですね。

それに、レアル・マドリードのカンテラに日本人選手が入団するのは史上初の快挙でした。

何から何までスゴイの一言。 

すでに現地でも成長ぶりを取り上げられています。

これより少し前の2009年には、ちょっと先輩となる久保建英選手が、やはり9歳のときにFCバルセロナ・キャンプでMVPを獲得し、その特典でFCバルセロナスクール選抜に加わっています。

久保選手もマスメディアで大きく取り上げられ、話題となりましたね。

その後久保選手は、バルセロナの入団テストを受験してバルセロナの一員に。そして今はFC東京のユースで頑張っています。

彼もまだ16歳。これからの日本のサッカー界には、久保、中井の2人の選手の力が大きくけん引していってくれるのでしょう。

彼らがこれからどのように成長していくのか、本当に楽しみですね。

中井卓大のプレースタイルや評価は?久保建英と比較!日本代表についても 

姉が可愛い!画像は?

中井卓大選手は、現在、両親と一緒にスペインで生活しているそうです。

4人兄弟で、中井選手は末っ子とのこと。

お姉さんがいるようで、このお姉さんがなかなか可愛いと評判です。

これは、中井選手がスペインのSDエイバルに所属する乾貴士選手と記念撮影した写真がネットにアップされており、そこに一緒に写っている女性がお姉さんということのようです。中井卓大・姉

たしかにかなりの美人さん。

もっとも中井選手もまだあどけなさが残るとはいえ、かなりのイケメン。
中井家は、美男美女ぞろいの一家のようですね。

小学校からスペインの教育を受けている中井選手ですから、将来的にはラテン系のちょい悪なイケメン男に育つでしょうか。

ちなみに中井選手の愛称は「ピピ」。
これは子供の頃にうまくプレーができず、ピーピー泣いていたからだという噂です。

きっとすごく負けず嫌いだったのでしょう。

そういう根性のある子どもが、偉大な選手になるというのは、どのスポーツでも共通していますよね。

2017年12月に乾選手が自身のTwitterで中井選手とのツーショットを公開。

一線の選手から自らこのように取り上げられるところも中井選手の注目の高さが伺えます。

海外の反応について

さて、将来の成長が楽しみな中井卓大選手ですが、海外の反応はどんなものなのでしょうか。

もちろん、若くして才能あふれるプレーを見せる中井選手のことは、さまざまなメディアに取り上げていますが、まずはスペインの新聞『アス』の記事では、

将来のクラシコを担う若手選手10人を選出されたわけですが、そこに中井選手のプレーも紹介され、絶賛していたんだとか。

スペイン国内では、すでに大きな期待がかけられている選手の一人に名を連ねているということですね。

また、スペインのスポーツ紙では

「日本からやって来たレアルの宝石はすでに輝きを放っている」

と、こちらも中井選手のドリブルを大絶賛していました。
レアル・マドリードの公式サイトには、中井選手のプロフィールとして

「彼は非常に高いクオリティと、素晴らしいプレービジョンを備えている。ドリブルが得意な技巧派MFで、ピッチ上において下す決断には頭脳的、そして彼はチームのために力を尽くす」

と、高い評価で掲載しています。
日本の大手メディアが大きく取り上げるのも時間の問題と言えそうですね。

久保建英選手と共に中井卓大選手も天才少年と騒がれています。

2人があるきっかけで共演してるシーンがありましたけど、お互いA代表としてピッチに立つ姿が楽しみですし、その時期はそう遠くないかなと。

将来、中井選手がレアルのトップチームで出場している姿を期待しています~

最後に

小学生の時からサッカーのためにスペインで暮らす中井健大選手。

そんなに早い時期から自分の人生を賭けられるものを見つけられるなんて、幸せですね。
しかも才能があるのですから、まさに「至宝」という言葉が当てはまります。

これからますます精進して、素晴らしい選手になってほしいものです。

そして、日本代表として、ワールドカップでの悲願を達成してほしいものですね。

皆で応援しましょう!