中井卓大

今回は2022年カタールワールドカップに向けて世代交代の必要性が迫るサッカー日本代表の未来のスターとして期待されているレアルマドリードの下部組織所属の中井卓大選手。

果たして中井卓大選手はカタールワールドカップメンバーに選出されるのか。

A代表デビューの時期やバルセロナの下部組織出身の久保建英選手との共存したときの相性についても考えていきます!

最後までご覧ください!

スポンサーリンク

カタールW杯に中井卓大が選出される可能性について

日本代表のロシアワールドカップが終わって次世代の選手が注目されていきますが、「中井卓大選手がカタールワールドカップに出場できるのか?」について気になりますよね。

中井卓大選手がカタールワールドカップに出場できたとすれば年齢は18歳として出場することになります。

2018年上半期までの中井卓大選手だけを見た場合レアルマドリードのユースのなかで順調に年齢に合わせて昇格していますがレアルマドリードの下部組織の中で目立った活躍が出来ているわけではありません。

代表に呼ばれるには各世代の代表含めてに所属クラブでの活躍がないと当然難しくなります。

「カタールワールドカップまでの期間」と「年齢」と「下部組織での活躍」でのポイントを見た場合、中井卓大選手の初となるワールドカップは2022年カタール大会よりも2026年(アメリカ、カナダ、メキシコ共同開催)大会での出場が可能性的に高いかなというところ。

カタールワールドカップの日本代表メンバーは「プラチナ世代」が中心になると思いますが、中井卓大選手を含めたそれ以降の選手の台頭にも期待したいですね。

そんな中井卓大選手のプレーを動画をチェックしてみました。

ボールタッチの柔らかさは話題になった少年時代そのままで判断スピードの速さが加わり球離れが良くなった感じがあります。

一方で強引にドリブルに行くシーンが減っているという印象。

本田圭佑選手の「ミスしてなんぼやと思っている」という過去の発言がありますが、育成年代では尚更チャレンジし続けることで得られるスキルもあると言われてます。

ブラジル代表のマルセロ選手が中井選手のドリブルを絶賛しているので自分がドリブラーだと思うなら成長するためには仕掛け続けてほしいですね。

チームプレーも良いですが、年齢的にももっと個性を出してプレーしてみても良いのかなという印象もありました。

トップ下でボールの受け方やドリブルでの交わし方にセンスは注目されるだけの理由はあるんだなと思いました。

今は年齢的には特別な武器を磨く必要があるかもしれませんが、代表召集の基準に”将来性”といった理由が優先されることを祈りたいですね。

やっぱり「ピピがカタールワールドカップでゴール!」というシーンは見てみたいです。

とはいえ、過去に18歳でワールドカップに出場した小野伸二選手の例もありますので、14歳の中井卓大選手が2022年のカタールワールドカップのピッチの立っている可能性はあります。

しかし、中井卓大選手のポジションはトップ下で日本人選手のタレントが最も集中する花形ポジションですから18歳でメンバーに選出されるにはやっぱり突き抜けた才能が必要になるでしょうね。

というわけで中井卓大選手が2022年カタールワールドカップメンバーに選出される可能性は無いわけではないものの、可能性的には低いといえるでしょう。

中井卓大の代表デビューはいつ?

中井卓大選手の日本代表デビューはまだまだ先になりそうですね。

2018年現在14歳でレアルマドリードのユースに所属していますが、レアルマドリードの下部組織からトップチームに昇格できるのはごく一部ですし下部組織時代から突き抜けたレベルにある選手になっていないとレアルマドリードに昇格できないと思います。

現在の中井卓大選手は下部組織の中で飛びぬけた存在じゃないので、レアルマドリードに将来昇格できるかどうかは微妙なところ。

そろそろ日本の世代別代表に選ばれて世界大会に出場できるような年齢になってきたので、U-17ワールドカップを目指す日本代表の中でどのくらい活躍できるのか?

まずそこに注目です!

CHECK中井卓大の現在について

久保建英との共存したときの相性は?

中井卓大選手と何かと比較対象にあるのが久保建英選手ですよね。

二人がプレーした時の相性はあまり良くないかなという印象があります。

その理由として二人とも

ドリブラーでもありパサーでもあること。

足元でボールを受けてドリブルで時間を作りながらスペースに動き出した選手にパスを出すプレーが得意なタイプ。

横並びで起用するとスペースに動く選手が居なくなるのでボールが前に進まなくなってしまうという意味で相性の悪いと思った根拠です。

例えると本田圭佑選手と香川真司選手の関係も同じですね。

しかし、乾貴士選手と香川真司選手のように似たようなタイプでもお互いに相互補完的に動きあえるような関係性を作ることが出来ると相性が悪いどころかむしろゴールデンコンビになります。

なので一概にプレースタイルが似ているから相性が悪いと決めつけるのは早計ですが、久保建英選手と中井卓大選手が共存するなら乾貴士選手と香川真司選手のように狭いスペースでもパスアンドムーブで連動しながらゴールへ向けて同じ絵を描いてお互いにパスの出し手にも受け手にも回るプレーが出来ると日本代表でコンビネーションプレーが見られるのかなと思いました。

どちらもパスを出してから止まらないのが特徴なので受け手と出し手の関係が交互に入れ替わるような連携を見せてくれるかもしれませんね。

というわけで相性は似たタイプなので良くないですが、使われ方によっては特別な関係性を作ることも可能ということになるでしょう!

CHECK中井卓大のプレースタイルや評価は?久保建英と比較!日本代表についても

最後に

いかがでしたか?

今回はレアルマドリードの下部組織で成長を見せている期待の日本人選手中井卓大選手のカタールワールドカップに出場についてまとめてみました。

滋賀県の天才少年としてyoutubeのプレー動画で話題になった中井卓大選手もこれからさらに注目を浴びて行きますね。

カタールワールドカップもまだまだと思っていてもすぐにやってくるでしょうし選手がステップアップしていくのは一瞬ですから見逃さないためにも今後の中井卓大選手のプレーに期待したいですね!