鹿島アントラーズ移籍情報2019

Jリーグ移籍情報2019!

今回は2019シーズンに向けた鹿島アントラーズの移籍情報を補強と退団の噂を中心にまとめてみました。

2018年シーズンはアジアチャンピョンズリーグ優勝、リーグ戦3位という結果となった鹿島アントラーズの2019年シーズンの移籍市場での動きを紹介しますので最後までご覧ください。

スポンサーリンク

鹿島アントラーズの補強ポイント

2019年シーズンへ向けた鹿島アントラーズの補強ポイントは昌子源選手が移籍すると見られているセンターバックと鈴木優麿選手が移籍する可能性があるフォワードです。

昨シーズン加入したセルジーニョ選手がフォワードとして起用されていますが、本来は中盤の選手なのでセルジーニョ選手をフォワードとして計算するなら中盤のアタッカーが必要となりますね。

控え選手の底上げの必要性は無く選手層は非常に厚いので補強をしなくても十分戦えると思いますが、常勝軍団鹿島アントラーズはアジアチャンピョンズリーグ連覇とJリーグ優勝を軸に全てのタイトルを狙いに行くでしょう。

そのためにはJ1でも上位クラスのセンターバックと攻撃的なタレントを獲得することは必須。

攻撃的な選手はテクニカルディレクターのジーコ氏のコネクションを使ってブラジル人選手を獲得しそうですが、センターバックは日本人と予想します。

鹿島アントラーズはセンターバック、ボランチ、フォワードのそれぞれ2枚のどちらも外国人選手になるとコミュニケーションが取れなくなり、継続性も持てなくなるという理由で片方は日本人選手という方針でしたので、チョン・スンヒョン選手が務めるセンターバックの相方はこれまでの方針を考えると日本人選手が妥当です。

しかし、外国人枠が拡大されるのに合わせて方針を変更する可能性もあるので、センターバックが日本人選手か外国人選手かは鹿島アントラーズの方針を見るうえで興味深いポイントですね。

鹿島アントラーズ移籍情報2019【補強の噂】

鹿島アントラーズの2019年シーズンの補強の噂を紹介します。

平戸太貴

町田ゼルビアから期限付き移籍移籍中の平戸太貴選手はレンタル復帰が濃厚です。

J2では2018年シーズンMVP級の大活躍をして成長を示しての復帰となるので期待も高まりますね。

鹿島アントラーズではボランチかサイドハーフでプレーするでしょう。

ラストパスのセンスがあるタイプが少ないので貴重なパサーになります。

カイオ

鹿島アントラーズから中東に移籍したカイオ選手にはJリーグ復帰の噂があり、ヴィッセル神戸、浦和レッズとともに古巣の鹿島アントラーズも獲得に興味を示しています。

補強ポイントである攻撃的なポジションの主力クラスの選手に当てはまっていて、獲得に成功するのであれば、大きな戦力となること間違いなし。

しかし、移籍金を含めて高額な移籍金が発生する見通しで資金面で折り合いがつかない可能性もあります。

スポンサーリンク

鹿島アントラーズ移籍情報2019【退団の噂】

鹿島アントラーズの2019年シーズンの退団の噂を紹介します。

昌子源

フランス・リーグアンのトゥールーズへの移籍が濃厚となっている昌子源選手は海外移籍への思いが強くすでに移籍を決心していると報道されていています。

日本人選手で昌子源選手の代役を探すのは、難しいので外国人選手を含めてセンターバックの補強に力を入れる必要があるでしょう。

昌子源の嫁や子供は?姉の画像や父も調査!プレースタイルと評価も 

鈴木優麿

チームのエースストライカーに成長した鹿島アントラーズユース出身の若いフォワードはアジアチャンピョンズリーグのMVPに輝きました。

さらなる向上へ海外に新天地を求めているようで夏にもオファーが海外クラブから届いていたことから今オフにもオファーがあることが濃厚ですし、条件さえ合えば移籍を選択するのではないでしょうか。

フォワードであればジーココネクションでブラジルから代役の助っ人を獲得できると思うので、それほど移籍の心配は要らないかもしれません。

小笠原満男

チームの中心選手として中盤に君臨してきたベテランの元日本代表ミッドフィールダーは1年通して控えに甘んじていて、そろそろチームから離れるタイミングが近づいてきた感じもしますね。

試合以外での影響力も強い選手だと思うので、鹿島アントラーズとしてはサブでもチームのまとめ役として計算できますし、残ってほしいでしょうが、本人は試合にも出たいでしょうし、セカンドキャリアを考えると指導者としての勉強もスタートさせたいと考えるかもしれません。

鹿島アントラーズ移籍情報2019のまとめ

いかがでしたか?

今回は鹿島アントラーズの2019年に向けた移籍市場の動きを紹介しました。

ここ数年で柴崎岳選手、金崎夢生選手、植田直通選手と主力選手が流出しながらも強豪チームであり続けている鹿島アントラーズ。

昌子源選手、鈴木優麿選手に加えて、今オフではなくても三竿健斗選手、安倍裕葵選手も将来的に海外移籍の可能性がある選手が揃っているので、強さを維持できるのかどうかに注目ですね。

海外移籍が後を絶たない理由はそれだけ優れた選手を育ているからであって、決してネガティブなものではないということも忘れてはいけないですね。