リヴァプール2018-19スタメンメンバー予想

リヴァプール2018-19!

ということで、今回はリヴァプールFCの2018-2019シーズンのスタメン、フォーメーション予想についてまとめていきます。

注目選手も紹介していきますので最後までご覧ください!

スポンサーリンク

リヴァプールFC基本スタメン予想2018-19【最新版】

それでは2018から2019年シーズンの基本となるスタメン予想をしていきます!

GK

  • アリソン

DF

  • ロバートソン
  • ロブレン
  • ファン・ダイク
  • アーノルド

MF

  • ヘンダーソン
  • ナビ・ケイタ
  • ファビーニョ

FW

  • マネ
  • サラー
  • フィルミーノ

ゴールキーパーは昨シーズンにカリウス選手がヨーロッパチャンピョンズリーグ決勝で大きなミスを連発して補強が必要なポジションであることがはっきりしたので移籍金100億円とゴールキーパーとしては高いですが、素晴らしいゴールキーパーを獲得できましたね。

イタリア・セリエAで活躍してからプレミアリーグでも活躍したゴールキーパーとしては元マンチェスターユナイテッドのファン・デル・サール選手以降出てきていないので適応できるか注目です。

ブラジル人ゴールキーパーといえばマンチェスターシティのエデルソン選手もいますので2人のブラジル人ゴールキーパーのライバル争いにも注目ですね。

ディフェンスラインは昨シーズン獲得したファン・ダイク選手がフィットしてくるだろうというのと、右サイドバックは本命不在で新加入のファビーニョ選手がこの位置で起用される可能性もありますが、若手のアーノルド選手を試すと予想。

アンカーにはイングランド代表でも同じようにポジションを務めたヘンダーソン。

インサイドハーフには新加入のナビ・ケイタ選手、ファビーニョ選手の二人と予想しましたが、ファビーニョ選手を右サイドバックで起用してワイナルドゥム選手の起用もあり得るでしょう。

そして、3トップは昨シーズン同様にサラー選手、マネ選手、フィルミーノ選手でしょう。

サラー選手とマネ選手が残留濃厚なのはリヴァプールFCにとっては大きいですね。

とくにマネ選手はレアルマドリードに移籍がほとんど決まっていた状態からジダン監督が辞任して移籍の話は立ち消えとなったと報じられているのでツイています。

リヴァプールFC基本フォーメーション予想2018-19【最新版】

リヴァプール2018-19・フォーメーション

フォーメーション予想については昨シーズン同様に4-3-3がメインの布陣となりそう。

とにかくインサイドハーフ2枚と3トップがハードワークしてハイプレスをかけてショートカウンターという形。

プレミアリーグはダブルボランチを使用するチームが多くダブルボランチに対してインサイドハーフがプレスをかけることができるこのシステムはハマりました。

両サイドのウイングが攻守に運動量とスピードが素晴らしく貢献度が高いことがリヴァプールFCのサッカーをさらに驚異的なものにしています。

新シーズンは対策も練られてくると思いますし、ヨーロッパチャンピョンズリーグ決勝のレアルマドリード戦のようにハイプレスが効果的ではない状況ではブロックを作って戦っていく状況も必要でしょうし4-2-3-1の選択肢も持っていた方が良いのかなと思いますね。

4-2-3-1のトップ下を務める選手がいないのでかつてユルゲン・クロップ監督の下で大ブレイクを果たした香川真司選手を獲得して欲しいですが、香川真司選手がクロップドルトムント時代に果たしていたライン間でボールを引きだす選手が必要となると思います。

スポンサーリンク

注目選手

それでは、注目選手について紹介していきます。

マネ

マネ

セネガル代表の快速フォワードでワールドカップ日本代表戦でもゴールを決めましたね。

スピード、運動量、ドリブルテクニック、決定力が素晴らしい!

昨シーズン、ヨーロッパチャンピョンズリーグで得点を重ねてブレイクを果たしました。

本物のワールドクラスの選手は継続的にマークされても活躍を続けていけるので、新シーズンはマネ選手が「本物」か問われるシーズンとなりそうです。

CHECKサディオ・マネのプレースタイルを徹底検証!スピードと上手さについて 

サラー

サラー

昨シーズン、プレミアリーグでもヨーロッパチャンピョンズリーグでも得点を量産してサラー選手。

メッシ選手、クリスティアーノロナウド選手に次ぐサッカー界のスターとなるのでは?と期待されましたが、ヨーロッパチャンピョンズリーグ決勝で肩を脱臼してワールドカップでも本調子には程遠い出来でしたね。

左利きの快速ドリブラーでシュートも上手くエジプトのメッシと呼ばれています。

CHECKモハメド・サラーのプレースタイル!スピードや歴代の背番号も! 

アリソン

アリソン

昨シーズン、ゴールキーパー不足に悩まされたリヴァプールFCはブラジル代表・ASローマの守護神を100億円の移籍金で獲得しました。

身体能力、安定感があり素晴らしいゴールキーパーですが、キーパーはリーグを変えるとパフォーマンスも変わることがかなり多いので経験の無いプレミアリーグで100億円の価値を示すのは簡単ではないと思います。

アリソン選手が「今後10年リヴァプールFCのゴールキーパーは安泰」というような活躍が出来るとリーグ優勝も見えてくるでしょう!

ナビ・ケイタ

ナビ・ケイタ

昨シーズン、インサイドハーフの質は物足りなさがあったのでエムレ・ジャン選手を放出して新戦力を獲得したのは正しい判断でしょう。

ケイタ選手はRBライプツィヒでハイプレスからのショートカウンターというサッカーに慣れていますし、縦へのドリブルでの推進力があり、フィニッシュも上手いですから攻撃面でプラスアルファをもたらしてくれると思います。

最後に

いかがでしたか?

今回は、リヴァプールFCの2018-2019シーズンのスタメン・フォーメーションと注目選手の特集でした。

的確に補強ポイントを埋めてきた印象です。

さらにレベルアップするでしょうしリーグ優勝も狙えるメンバーだと思いますので注目ですね!