サディオ・マネ

今回はセネガル代表のエースストライカー・サディオ・マネ選手のプレースタイルの特集です!

リヴァプールFC所属のストライカーでさらなるビッグクラブ移籍への噂も絶えないマネ選手のプレースタイルを紹介していきます!

爆発的なスピードと上手さを検証していきますので最後までご覧ください!

スポンサーリンク

サディオ・マネのプレースタイル【スピード】

マネ選手のプレースタイルを紹介していきます!
まずは、プレー動画をご覧ください!

マネ選手のポジションはウイング。右で使われることが多いですが、左も問題なくプレーできます。トップ下、センターフォワードでもプレーするので攻撃的なポジションは基本的にどこでもできる器用なプレーヤーですね。

なんと言っても最大の特徴は爆発的なスピード!

トップスピードはもちろんのこと加速力も速く、小回りも効きます。

また、判断のスピードが早いうえに決断に迷いがないので走ると決めたら一気にトップスピードまでギアチェンジします。

相手としては、マネ選手が走り出したのを見てから止めに行くと確実に遅れてしまいますので、先読みするかスペースを与えないか、2人以上で対応するなど頭を使って守る必要がありますね。

マネ選手よりスタートを早く切ってもコース取りも意識しないと後ろから追い抜かれてしまいますので、前にしっかりと入って身体を張る必要がありますね。

最高速度は計測した中ではプレミアリーグで4番目に速いんですが、初速や急停止、方向転換のスピードなど陸上ではなくサッカーに必要な足の速さという意味では、マネ選手はナンバーワンではないでしょうか?

また、スピードに加えて並外れたスタミナを持ち合わせていて、長い距離を走ることが出来ますし、長距離ダッシュを何度も繰り返すことが出来ることも見逃せないですね。

サディオ・マネのプレースタイル【シュート】

マネ選手は決定力にも優れていて左右両足でシュートを決めることが出来ます。

とくにトップスピードでドリブルしながら軸足を振り切ってボールに体重を乗せながら蹴るシュートが得意です。

軌道としてはゴールの外側から中側に巻いてくるシュートとなります。

キーパーとしては外からゴールに入ってくるので手が届きません。

このドリブルからのシュートの流れを両サイドから左右両足で出来るところは世界最高峰の選手の証といえるでしょう!

また、トーキックでキーパーのタイミングをずらして流し込む心憎いシュートも決めていますね。

ゴール前で冷静に状況判断してプレー出来ることもフォワードとして素晴らしいです。

サディオ・マネのプレースタイル【ドリブル】

マネ選手のドリブルは、スピードのある選手にありがちな縦への突破しかない一辺倒なドリブルとは違います。

マネ選手は緩急を付けたり狭いスペースを細かいボールタッチでかいくぐったりするドリブルテクニックも一級品。

相手を背負った状態でボールを受けてからのターン技術もあり、相手をスクリーンしてボールを隠すプレーやボールを相手が届きそうなところに晒しておいて食いついてきたところでボールをつつきスピードで抜き去るドリブルも得意ですね。

またぎフェイント(シザース)からの横に抜くドリブルも持っています。

というわけでマネ選手のドリブルテクニックが凄いとのは左右両足でボールタッチできることと、足の甲とつま先でボールを扱うことで緩急をつけることが出来ることが理由です。

サディオ・マネのプレースタイル【献身性】

攻撃的なポジションで圧倒的な個人能力がある選手は献身性に難がある場合がありますが、個人技で打開することがチームプレーになるので時折エゴイスティックになってしまいがち。

しかし、マネ選手が凄いところは圧倒的な個人技を持ちながらもスタミナとスピードがあるので2人分動いて献身的に守備をした後に誰よりも早く攻撃に参加するというプレースタイルが出来ます。

また、パスセンスも持ち合わせていてスルーパスからゴールを演出することも多く非常に利他的なチームプレーヤーなんです。

実際にデータにもマネ選手の献身性はあらわれています。

所属しているリヴァプールFCでは2017~2018年シーズンでチーム2位タイの7アシスト。パス成功率は81パーセント。さらに、インターセプト8回、タックル成功率74パーセントという数字をたたき出しています。

攻撃だけではなく守備面での貢献度も非常に高いという文句のつけようがない選手なんですね。

最後に

いかがでしたか?

今回はセネガル代表のサディオ・マネ選手のプレースタイルをまとめてみました。

マネ選手の獲得を巡ってレアルマドリードのジダン監督とペレス会長が対立してジダン監督が辞任に至ったという報道も出ています。

レアルマドリードの監督まで動かしてしまうマネ選手はリヴァプールFCでチームメイトのモハメド・サラー選手とともにアフリカのスター選手として今後も飛躍を遂げていくと思いますから注目したいですね!