市丸瑞希

今回はU-20ワールドカップメンバーの1人である、ガンバ大阪所属のMF

市丸瑞希選手

についてお伝えします〜

黄金世代の到来と呼ばれるガンバ大阪期待の若手選手のひとりであり、さらなる活躍が見込まれている市丸選手の彼女や父、兄弟、評価やプレースタイルについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

市丸瑞希はポスト遠藤!評価はどう?

まずは、ポスト遠藤の呼び声高い、市丸選手の評価についてです。

市丸選手は大阪生まれで、中学入学とともにガンバ大阪のジュニアユースに入団しました。

中学3年のとには史上初の三冠を達成したチームの主力として活躍し、ガンバ大阪ユースに昇格。

ガンバ大阪ユースといえば、育成に非常に定評があり、宇佐美選手や家長選手など多数の代表選手を輩出しています。
それ故に人気もレベルも高く、なかなかジュニアユースからユースに上がるのは容易ではありません。

特に日本代表の主力である本田圭佑選手が昇格できず、星稜高校入学を決めたエピソードなどは有名ですね。

そんなガンバ大阪ユースに昇格した時点で評価の高さが伺えますが、さらに高校2年のときには同期でも群を抜いた評価を受け、トップチームとの二種登録選手に指定されました。

また、U-16から世代別の日本代表にも常に選ばれており、その世代トップクラスのタレントとして評価を受けています。

しかし、トップチームでの試合出場は少なく、一学年下の堂安律選手が既に先発の座を勝ち取り活躍を見せているのに対し、花開いているとは言い難い状況にあります。

そのため、U-20日本代表に対する海外メディアからの評価記事でも、堂安選手がクローズアップされている一方で、チーム内の貢献度ほど注目されていないのが市丸選手の海外きら見た認識のようです。

U-20ワールドカップが終わる頃には、その評価を覆せるよう、頑張って欲しいものです。

プレースタイルについて

続いて、ポスト遠藤と言われることの多い市丸選手のプレースタイルについて紹介します。

ガンバ大阪、そして日本代表の司令塔として活躍してきた遠藤選手のプレースタイルはみなさんイメージしやすいのではないでしょうか。

遠藤保仁は2017に代表復帰の可能性は?ハリルや選手から評価も 

最大の特徴はプレーメーカーとしての視野の広さ、そして針に糸を通すかのような高精度なパス技術にあります。

また、ゲームの流れを読み、攻撃のスイッチを入れることのできる選手ですね。フィールドの指揮官としてキャプテンを務めてきた点も共通しています。

こうした特徴を市丸選手ももっており、ガンバ大阪の直接の後輩にあたることから、世代交代のタイミングも重なり、遠藤選手の後継者と呼ばれることが多いようです。

個人的には、特に後者のゲームを読み、ゲームを操ることのできる選手というのは練習して得られる技術でもないため、天性のサッカーセンスの持ち主なのだなと感じます。

海外に視野を広げれば元バルセロナのシャビ選手などが挙げられるでしょう。

こうした選手たちはピッチ上にいながら、まるでテレビで試合を見ているかのように俯瞰して状況をみたパスやキープができるので、常人には理解できない目が付いているんですかね(笑)

遠藤選手はもうベテランの域にあり、あと何年プレーを続けるかわかりません。

後継者としての市丸選手のプレッシャーは大きいと思いますが、早いうちに盗める技術を盗み、そこから自分の色を出していってほしいなと思います。

◯◯二世と呼ばれた選手は前任者に及ばない例が多いので、市丸選手には是非遠藤選手の影を感じさせないプレーを見せて欲しいものです。

彼女いる?父と兄弟をチェック

そして市丸選手の気になる彼女についても調べてみました。

市丸選手といえば、一部ファンの間ではイケメン俳優の綾野剛さんに似ていると言われているようです。

たしかに目元などが似ているように思いますね(笑)

となると彼女がいる期待が高まってきます(笑)

最近の若い選手らしく、TwitterやInstagramもやっているみたいなので調べてみましたが、あまり彼女について情報は見当たりませんでした…

将来性のある選手なので、クラブも私生活の管理は徹底させているのでしょう(笑)

クラブの先輩である宇佐美選手などは結婚していますし、今後期待される海外移籍を機に明るみでることもあるかもしれません。

そして兄弟についても調べてみました。

市丸選手は5歳のときに兄の影響でサッカーを始めたと述べており、仲の良い兄弟であったと想像できます。

父については、あまり情報がなかったのですが、息子2人にサッカーをさせていたということで、父もサッカー経験者だったのではないですかね〜

最後に

ここまで、黄金世代と言われるU-20日本代表の司令塔、市丸瑞希選手についてお伝えしました。

堂安選手をはじめ、ガンバ大阪所属の選手が今回の代表には多いので、彼らの連携で、先輩遠藤選手らが成し遂げた準優勝を超える成績を残して欲しいです!

A代表でも中心選手として活躍する日もそう遠くないかもしれませんね!