平戸太貴のポジションは?プレースタイルを徹底解析!

スポンサーリンク

平戸太貴

2018年シーズン町田ゼルビアでJ2アシスト王に輝いた平戸太貴選手

J2で3位に躍進した町田ゼルビアの司令塔として活躍して2019年シーズンは鹿島アントラーズでプレーすることが決定しています。

引退した鹿島アントラーズのレジェンド小笠原満男選手の後を継ぐ存在として期待されている次世代ゲームメイカーのポジションとプレースタイルを複数の視点から徹底解析していきます。

最後までご覧ください!

スポンサーリンク

平戸太貴のポジションはMFでボランチ?サイドハーフ?

平戸太貴選手のポジションはMFと公開されていますが、基本的にはボランチと攻撃型MFどちらも適用できるとのこと。

ただ、適性ポジションがいまいち掴みづらい選手です。

2018年シーズンは町田ゼルビアで右サイドハーフ、左サイドハーフ、ボランチでまんべんなくプレーしましたが、これといったポジションはまだ見つかっていないように見えます。

ドリブルが得意ではないためサイドハーフではラストパスを供給できる位置で余裕がある状態でボールを受けることが出来なければ武器であるキック精度を発揮することは出来ません。

ボランチであれば低い位置でより余裕をもってプレーできますが、守備において物足りなさが目立ちます。

ドリブル対応に弱さがあり、ボール奪取能力、球際での攻防ではボランチの位置でJ1でプレーするには難しいと感じることも多いですね。

日本のサッカーのスタイルはサイドハーフに中央にカットインドリブルするプレーが求められますし、機動力があるタイプを重宝することが多いので、守備を鍛えてボランチとして勝負するのが鹿島アントラーズでレギュラーポジションを掴むためには確率が高いと思います。

SNSでは平戸太貴選手のボランチとしての書き込みはちらほら発見しますし。

ただし、サイドハーフにクロサーを配置することが多いドイツ、イングランドのリーグに移籍するとサイドハーフが適正かもしれません。

今後のポジションがどこで落ち着くのかが、楽しみですね。

平戸太貴のプレースタイル【キック】

平戸太貴選手のプレースタイルを紹介していきます!

プレー動画はこちら。

動画でもセットプレーのキックが多かったように平戸太貴選手最大の武器は何と言ってもキックです。

サッカーのデータを扱うfootballlabのplaystyle指標ではクロスチャンス力と決定力で高い数値を出していますね。

右利きで腰を回した遠心力を利用した蹴り方で元イングランド代表のデビッド・ベッカム選手を彷彿とさせるキックフォームを持っていて、強烈なカーブがかかったスピードボールが持ち味で精度も非常に高いですね。

スポンサーリンク

一歩のステップでタッチライン付近からペナルティーボックス中央に合わせる飛距離があるボールを蹴ることが出来るのは非凡で、ボールに体重を伝えるセンスが抜群なのでしょう。

また、キックモーションの初動からキックまでが早いので相手ディフェンダーのブロックを避けられるのも特徴です。

元日本代表・岡田武史監督も華奢な体格の中村俊輔選手、中村憲剛選手が日本代表でトップレベルのキック力を持っていたことから、筋肉や体格がキックの本質ではなく、技術、センスが重要と語っていたことがありますが、平戸太貴選手はキックの技術・センスを持った選手であるといえるでしょう。

コーナーキックでダイビングヘッドで味方が合わせたシーンでは1メートルほど手前に位置していた相手選手がジャンプしても頭の上で届かなかったボールが、味方選手の腰の位置で合っているので、相当カーブがかかって落差があるボールを蹴ることが出来ます。

セットプレーのキック精度は天野純選手、中村俊輔選手、福森晃斗選手と比較しても遜色ないのでJリーグで5本の指に入ると思いますね。

ラストパスの精度は飛びぬけていてJ2で17アシストを記録していますが、過去のJ2では2014年の遠藤保仁の14アシストが最高記録だったので、当時日本代表選手の最高記録を更新してます。

また、8得点を記録しているのでシュートにもそのキックの能力は存分に生かされていて、左足でのキックも苦にしないので、キックマスターという異名が似合う選手ですね。

身体能力

平戸太貴選手の身体能力は身長は小さくはないですが空中戦ではジャンプ力、パワー不足で競り負けることが多いです。

スピードに関しても俊敏性、トップスピードともに物足りない印象があります。

ボディバランスは良いものを持っていて体勢が悪くてもキック精度がぶれずに両足でしっかりとボールの中心を蹴ることが出来るのは素晴らしいです。

球際での弱さは、鹿島アントラーズは球際の勝負に妥協しないチームですし経験を積んでいくと改善していくことは間違いなさそうでなので、今後に期待ですね。

身体能力に関してはJ1の選手として考えた場合、決して高いとはいえないかなというところ。

平戸太貴のポジションとプレースタイルのまとめ

いかがでしたか?

今回は平戸太貴選手のポジションとプレースタイルについてまとめてみました。

町田ゼルビアで2年間の修行を経て満を持して鹿島アントラーズに復帰する平戸太貴選手。

柴崎岳選手がスペインリーグへ移籍してしまい、三竿健斗選手、レオシルバ選手、永木亮太選手といった守備で生きるタイプのボランチが多くパサータイプの攻撃的なボランチを待望していたであろう鹿島アントラーズにとっては平戸太貴選手がレギュラークラスに浮上するとチーム編成がかなり楽になるので、鹿島アントラーズの今後を占う選手といっても過言ではないでしょう。

というわけで平戸太貴選手の活躍から目が離せません!

Similar Posts:

    None Found

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました