カタルーニャ・スペイン

今回はカタルーニャ独立問題の

サッカースペイン代表への影響

について考えてみました。

前回はFCバルセロナへの影響について書きましたが、バルサに影響が大きいということはスペイン代表にも当然、影響はあります。

2018年のロシア・ワールドカップが迫って来ていますが 一体どうなってしまうのでしょうか。

最後までご覧ください

スポンサーリンク

カタルーニャ独立問題でサッカースペイン代表メンバーが再編?

カタルーニャの独立問題を受けてスペイン代表は難しい選択を迫られることになりそうです。

最新のスペイン代表メンバーでカタルーニャ出身の選手は

ジェラール・ピケ選手(バルセロナ)
マルク・バルトラ選手(ドルトムント)
セルヒオ・ブスケッツ選手(バルセロナ)
ジョルディ・アルバ選手(バルセロナ)

がいます。

今回メンバー外でしたが他にも、デウロフェウ選手(バルセロナ)、セスク・ファブレガス選手(チェルシー)、エクトル・ベジェリン選手(アーセナル)セルジ・ロベルト選手(バルセロナ)などワールドクラスの選手を多く抱えているんです。

CHECKデウロフェウのプレースタイルやポジションは?バルサ復帰で移籍金や年俸も 
CHECKセスクの嫁の画像や子供は?プレースタイルやバルセロナが放出した理由も
CHECKベジェリンのスピードが凄い!プレースタイルや年俸は?彼女や愛用スパイクも 

もしチーム内外での統率が取れないようであれば、カタルーニャ出身だから外したとは公言せずにカタルーニャ出身の選手がメンバー外となることも考えられますね。

カタルーニャの独立が認められるのであればカタルーニャ代表とスペイン代表で別れればいいだけの話なんです。

しかし、今回の件がややこしいのはカタルーニャの独立は住民投票で賛成多数でしたが、スペイン政府は憲法違反だとして認めていないところ。

なんだか間に挟まれた選手達が可哀想になってきますね。

カタルーニャ独立に関する歴史的な経緯についてはこちらをご覧ください。

CHECKカタルーニャの独立問題を解説!FCバルセロナの所属リーグはどうなる?

ピケが代表引退?

ピケ

スペイン代表の守備の要でもあるピケ選手。

FCバルセロナのジェラール・ピケ選手がカタルーニャ独立選挙との関係で


スペイン代表を引退するのでは?

といわれています。

自身が住民投票する様子をSNSにアップしていたジェラール・ピケ選手は、カタルーニャ語で

「僕はすでに投票した。僕たちは一緒になって、民主主義を擁護する」

とコメント。

以前からカタルーニャ独立に肯定的なコメントを出していたピケ選手。

スペイン代表の試合では、スペイン国歌斉唱の時に中指を立てるなどの態度に出て、スペイン代表サポーターは怒り爆発、自チームのピケ選手に試合中終始ブーイングを浴びせたりと混乱が広がっていました。

レアルマドリード所属でセンターバックでコンビを組むセルヒオ・ラモス選手とはカタルーニャ独立問題が発端で会話もしない仲になっているとも伝えられています。

そんなジェラール・ピケ選手はスペイン政府に対して

「ここ40〜50年で最悪な政治だ。カタルーニャとスペインが離れている原因はスペイン政府にある」

と批判。

一方で

「もし協会の誰かが、僕が問題になると思うのであれば、2018年になる前に代表から引退する」

ともコメントしています。

もう十分すぎるほど問題になっていると思いますが、カタルーニャ独立を支持するということは自分はスペイン人ではないというメッセージでもあるのでスペイン代表としてプレーする際には難しい問題を抱えることになると思いますし、ピケ選手はロシアワールドカップ前に代表は引退の可能性が高いですね。

ただ、2018年のワールドカップはピケ選手のキャリアで最後のワールドカップになるでしょうから
その時の感情に流されず後悔のない選択をしてほしいですね。

サッカーカタルーニャ代表が誕生?

カタルーニャが住民投票の結果通りに独立国として国際的に認められるのであれば、当然サッカー・カタルーニャ代表が誕生するでしょう。

実はカタルーニャ代表自体は1900年代の初頭から活動していましてFIFAには加盟していないものの、バルセロナの選手を中心にメンバーを構成。

スペイン代表の活動の阻害しない形で国際親善試合を組むなど代表チームとして活動してきました。

また、FIFAはイギリスが同じ国でもイングランド、スコットランド、ウェールズなどに別れて代表チームを登録することを認めています。

アジア予選で対戦する中国と台湾、香港も別のチームとして登録されていますよね。

というわけで正式にカタルーニャ独立が認められていない現時点でもFIFAのルールではスペイン代表とカタルーニャ代表が別れることは可能。

ピケ選手のような問題が生じてチームに悪影響が出るのであればカタルーニャ代表と別れた方がスペイン代表にとっても良いと個人的には思います。

スペイン代表は2010年の南アフリカワールドカップで優勝しましたが、この時のチームはスタメンの半分以上がバルセロナの選手という編成でした。

この大会以外でスペイン代表にワールドカップ優勝経験がない理由として良くいわれているのはスペイン国内での対立があるため一つにまとまることが出来ないということです。

実際、スペイン代表の試合はリーガ・エスパニョーラの人気が嘘のように、スタンドには空席が目立ち、代表戦はスペイン国民からあまり関心を持たれていない現状があります。

もしスペイン代表とカタルーニャ代表で別れれば協会、サポーター、選手が一つにまとまることができるでしょうし、直接対決は日韓戦とは比較にならないほどの注目と熱狂を集めるのは間違いありません。

最後に

いかがでしたか?

今回はカタルーニャ独立問題とスペイン代表への影響について書きました。

ロシアワールドカップ予選ではイタリアを上回りグループ1位につけているスペイン代表。

ワールドカップ本大会までには選手が望む形に落ち着いて欲しいと思います。

バルセロナとレアル・マドリードの選手が集うスペイン代表はもう見られなくなるかもしれないので、スペイン代表の動向に注目です!