ケイラー・ナバス

今回はレアルマドリードの守護神

ケイラー・ナバス選手

を紹介します。

ケイラー・ナバス選手はレアルをリーガ・エスパニョーラ優勝に導いた直後になぜかツルツルの坊主になったんだそうで、その理由に迫ります。

また、ケイラー・ナバス選手には常にレアルマドリードの首脳陣から過小評価されているのでは?

という指摘がサッカーファンからされますので、年俸や移籍情報をチェックしていきます。

最後まで是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ケイラー・ナバスの坊主の理由は?

リーガエスパニョーラ最終節でマラガに勝って、優勝を決めたレアルマドリードの守護神ケイラー・ナバス選手は試合の直後に髪の毛を剃ってツルツルの坊主になってミックスゾーンに登場しました。

そこで、ケイラー・ナバス選手は

「ガンと闘う全ての子供の回復を神様に祈っている。彼らの家族、そして闘い続ける人のために、このタイトルを捧げたい」

と語り、放射線治療を受けて、髪の毛が抜けていくがん患者に対してのエールだったことを明かしました。

もしかしたら知り合いの子供ががんになってしまったのかもしれないですね。

画像はこちら
ナバス・坊主

もともと短髪なのであまり変わった感じはしませんね。

日本では大久保嘉人選手が、奥さんの放射線治療への不安を和らげるために坊主にしました。

ケイラー・ナバス選手も自分だけではない誰かのためにサッカーをしているんでしょう。

優勝して歓喜に酔いしれるのが普通だと思いますがこのような行動をするところに、ナバス選手の人間性のすばらしさとゴールキーパーとしての冷静さを感じます。

こういう選手はメンタル面でも強いですし、応援したくなりますよね。

過小評価?実際の実力は?

ケイラー・ナバス選手がゴールキーパーとして世界トップレベルであることはほとんどのサッカーファンが認めていますが、唯一の例外はレアルマドリードの首脳陣でしょう。

下部組織出身のイケル・カシージャスを明らかに優遇し、ケイラー・ナバスが第2キーパーだった時期は長く、サポーターの間でもケイラー・ナバス選手は過小評価されていると言われていました。

実際にスペイン紙マルカが実施したイケル・カシージャスとケイラー・ナバスどちらが出場すべきかというアンケートでは2万人が回答して80%がケイラー・ナバス選手を支持しています。

目の肥えたサポーターにこれだけ支持されるほどの実力は折り紙付きです。

ブラジルワールドカップでコスタリカ代表をベスト8に導く大活躍をしてからようやくレギュラーの座を掴んだかと思いましたが、翌年にはレアルマドリードはケイラー・ナバス選手に50億円を加えてスペイン代表のデヘア選手を獲得しようとしました。

レアル補強候補のまとめ

マンチェスターユナイテッドとの間でトレードを行おうとしましたが移籍市場最終日にFAXが故障して取引は成立しなかったようで結局ケイラー・ナバス選手はレアルに残留し、ペレス会長がケイラー・ナバス選手選手に謝罪する騒動に発展。

その後も素晴らしいプレーをし続けているにも関わらず、レアルマドリードはデヘア選手やウーゴ・ロリス選手、カスパーシュマイケル選手などスター性のあるゴールキーパーの獲得へ動いています。


レアルマドリードというチームは実力よりも、人気を重視するクラブなのでコスタリカ代表で決して華があるタイプとはいえないケイラー・ナバス選手に対する評価はかわいそうになるぐらい低いんですよね。

なかにはレアルマドリードの首脳陣は肌の色で選手を見ているのでは?とまで言う人もいます。

サミュエル・エトー選手、クロード・マケレレ選手の放出の際にペレス会長は人種差別主義者のレッテルを貼られた過去もあり、ケイラー・ナバス選手を放出して白人ゴールキーパーを欲しがっているとの穿った見方も・・・

それほどナバス選手への冷遇は不可解なものなんです。

ではレアルマドリードのゴールキーパーにふさわしいかどうかスーパーセーブ集を見てみましょう!

身長は186㎝で大きいとは言えませんがバネがある跳躍力と並外れた反射神経があります。

1対1に強く、足を使ったセーブが多いのも特徴ですね。

間違いなくワールドクラスの素晴らしいゴールキーパーです。

年俸は?移籍についても

ケイラー・ナバス選手は2014年移籍金13億円、年俸2億円でレアルマドリードに6年契約で移籍してきました。

エースのクリスチアーノロナウド選手が年俸40億円らしいのでかなり安いといえますね。

今は契約を結びなおして3億円程度になっているとの情報がありますが、それでも安いですよね?

金額面でも過小評価されているようです。

それだけレアルマドリードから不当な評価をされているのでケイラー・ナバス選手には移籍の噂があります。

過去にはマンチェスターユナイテッドやマンチェスターシティから話が合ったといわれ、またバルセロナへの禁断の移籍の噂もあるので今夏の移籍市場を騒がせる存在になるかもしれませんね。

最後に

いかがでしたか?
今回はレアルマドリードの守護神ケイラー・ナバス選手を紹介しました。

なかなか渋くて玄人好みする選手です。

ワールドカップのコスタリカ代表での活躍で覚えたというかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

今年もキコ・カシージャとのポジション争いも制してリーガエスパニョーラ優勝に大きく貢献しましたが、本当にレアルマドリードはケイラー・ナバス選手を放出してしまうのでしょうか?

個人的にはおかしいと思います。

移籍も含めて今後のケイラー・ナバス選手に要注目です!