青森山田高校サッカー部のメンバー2018-2019

青森山田高校サッカー部メンバー2018-2019!

ということで、今回は2019年に開催される第97回全国高校サッカー選手権に挑む青森山田高校サッカー部メンバーを特集します。

2016年度の高校サッカー選手権を優勝した青森山田は今年のチームも東の優勝候補筆頭といえる存在ですので、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

青森山田高校サッカー部の戦力分析

青森県予選を5試合72得点0失点と圧倒的な強さで勝ち上がった青森山田高校は高円宮プレミアリーグで2位。

インターハイも決勝進出できず、高校サッカー選手権に勝てなければ無冠に終わってしまいます。

しかし、青森山田のスタイルは健在で素早い攻守の切り替えからの鋭いカウンターアタックに加えて、ボールを保持して分厚い攻撃を仕掛けることも出来ます。

青森県内と全国大会で全くレベルが異なるという条件をプラスに変えて柔軟性のあるスタイルを定着させました。

中高一貫教育と他県からのスカウトを両立させてクラブユースが羨ましがる環境、コーチングスタッフが毎年強豪を作り上げます。

試合巧者で大人なチームですので、上位に確実に進出してくるのではないでしょうか。

青森と関東は気温差が大きいので気候に順応できていない序盤戦に落とし穴があるかもしれません。

青森山田高校サッカー部のメンバー2018-2019【背番号・出身中学・身長体重】

それでは、青森山田高校サッカー部のメンバーを紹介していきます。

GK

  • 背番号1/飯田雅浩/3年/出身中学:不明(前所属チーム:東京ヴェルディジュニアユース)
  • 背番号12/三文字瑠衣/3年/出身中学:不明(前所属チーム:ベガルタ仙台ジュニアユース)
  • 背番号40/佐藤史騎/2年/出身中学:不明(前所属チーム:横浜FCジュニアユース)
  • 背番号50/韮澤廉/1年/出身中学:不明(前所属チーム:東淀川FC)

DF

  • 背番号2/橋本峻弥/3年/出身中学:不明(前所属チーム:クリアージュFCジュニアユース)
  • 背番号3/豊島基矢/3年/出身中学:不明(前所属チーム:三菱養和SC巣鴨ジュニアユース)
  • 背番号4/二階堂正哉/3年/出身中学:青森山田中学校(青森)
  • 背番号5/三國ケネディエブス/3年/出身中学:青森山田中学校(青森)
  • 背番号16/相澤優斗/3年/出身中学:不明(前所属チーム:前橋FC)
  • 背番号21/後藤健太/2年/出身中学:不明(前所属チーム:FC東京U-15深川)
  • 背番号22/坂田恭彬/3年/出身中学:不明(前所属チーム:FELEZA FC)
  • 背番号23/神田駿斗/3年/出身中学:不明(前所属チーム:pazduro)
  • 背番号25/野中在脩/3年/出身中学:青森山田中学校(青森)

MF

  • 背番号6/澤田貴史/3年/出身中学:不明(前所属チーム:前橋FC)
  • 背番号7/天笠泰輝/3年/出身中学:不明(前所属チーム:前橋FC)
  • 背番号8/武眞大/3年/出身中学:不明(前所属チーム:東京ヴェルディユース)
  • 背番号10/檀崎竜孔/3年/出身中学:青森山田中学校(青森)
  • 背番号11/バスケス・バイロン/3年/出身中学:不明(前所属チーム:東松山ペレーニアFCジュニアユース)
  • 背番号14/宍戸俊明/3年/出身中学:不明(前所属チーム:三鷹FA Jrユース)
  • 背番号15/鳥海昴/3年/出身中学:不明(前所属チーム:大豆戸FCジュニアユース)
  • 背番号18/武田英寿/2年/出身中学:青森山田中学校(青森)
  • 背番号19/近藤優羽/3年/出身中学:不明(前所属チーム:FCトッカーノ U-15)
  • 背番号20/藤原優大/1年/出身中学:青森山田中学校(青森)

FW

  • 背番号9/佐々木銀士/3年/出身中学:不明(前所属チーム:三菱養和SC巣鴨ジュニアユース)
  • 背番号13/小松慧/3年/出身中学:不明(前所属チーム:FC東京U-15深川)
  • 背番号17/田中翔太/2年/出身中学:不明(前所属チーム:エクサス松戸SC U-15)
  • 背番号24/留盛聖大/3年/出身中学:不明(前所属チーム:清水エスパルスジュニアユース)

スポンサーリンク

青森山田高校サッカー部のメンバー2018-2019【注目選手】

それでは今回の青森山田高校サッカー部の注目選手を紹介していきます。

三國ケネディエブス

青森山田高校サッカー部2018-2019・三國ケネディエブス

生年月日:2000年6月23日
出身:東京都東村山市
身長:195cm
体重:80kg
アビスパ福岡に入団が内定しています。

U-19ワールドカップアジア予選の日本代表メンバーで準決勝でサウジアラビアに敗退した試合では解説のセルジオ越後さんにからり辛辣なコメントをされていました。

ただし、三國 ケネディ エブス選手はディフェンダーに転向してからまだ1年近くの選手で青森山田高校ではセンターバックを務めているので、ディフェンダーとしての経験不足は分かり切ったうえで日本代表スタッフはポテンシャルを評価して起用しているということを強調しておきたいと思います。

ナイジェリア人の父と日本人の母の間に産まれた超大型ディフェンダーでスピードがあり、中学生まではフォワードで全国中学校選手権大会では2015年大会で5試合で8得点で得点王に輝いています。

まだディフェンダーとしては慣れていないですが、とにかくスケールの大きな選手で将来どんな選手になるのか想像がつかない凄みがありますね。

とにかくセットプレーの際の空中戦の高さは凄いので注目!

檀崎竜孔

青森山田高校サッカー部2018-2019・檀崎竜孔

生年月日:2000年5月31
出身:宮城県名取市
身長:175cm
体重:65kg

北海道コンサドーレ札幌に入団が内定しています。

左サイドからのカットインドリブルで中央へ切れ込んでからのミドルシュートが最大の武器の攻撃的ミッドフィールダー。
得点力が高く高円宮プレミアリーグEASTで16得点を決めて得点王に輝いています。

ゴール前に飛び込んでいく勘の良さと思い切りの良さ、ゴール前での落ち着き、シュートセンスを兼ね備えた今大会ナンバーワンの注目選手です。

地元青森県出身の背番号10でキャプテンはチームの象徴として期待を背負います。

バスケス・バイロン

青森山田高校サッカー部2018-2019・バスケス・バイロン

生年月日:2000年5月16日
出身:埼玉県東松山市
身長:175cm
体重:68kg
 
重心が低く力強いドリブルと柔らかいボールタッチを持つサイドアタッカーは守備への献身性を身に着け、さらにスケールの大きさを増しています。

チリ国籍という部分もあってか外国人枠扱いとなるためJリーグから声はかかっていません。

高校卒業後は大学ではなく海外へ進路を求めるようです。

スペイン語が堪能なのは海外でサッカーをするうえでは、強みになりますね。

しかし、外国人枠の拡大が実質決定したJリーグは高校サッカー選手権での活躍次第で獲得に乗り出すかもしれません。

佐々木銀士

青森山田高校サッカー部2018-2019・佐々木銀士

生年月日:2000年6月4日
出身:東京都
身長:183cm
体重:71kg

高円宮プレミアリーグEASTでチームメイトの壇崎竜孔選手に次ぐ5得点を決めているエースストライカーです。

ワントップを務める大型のフォワードでポストプレーに優れ、シンプルに前を向いた選手にボールを預けて自身はゴール前に動きなおしてディフェンダーを引き連れ中盤に再びスペースをつくる動きをします。

チーム全体としてのワントップの攻撃の役割を果たしつつ得点も取れるという意味ではモダンな選手ともいえますが、ストライカーとしてのエゴイストや個性が現代サッカーにおいても違いを作るのでチームが不振の際に個人の力でゴールをこじ開けることが出来るのかに注目したいですね。

最後に

いかがでしたか?

今回は2018-2019年版の青森山田高校サッカー部の特集でした。

優勝候補ナンバーワンのタレント軍団です。

ヴァンラーレ八戸がJ3昇格を果たして青森県初のJリーグチームが誕生したので、北国のサッカー熱を冷まさない活躍を期待したいです。