スポンサーリンク




ミケル・オヤルサバルのプレースタイルを3つの観点から動画付きで徹底解説

こんにちは!

今回はレアル・ソシエダに所属するミケル・オヤルサバルについてまとめていきたいと思います。

若くしてレアル・ソシエダの10番を任されているオヤルサバル。既にスペイン代表としても活躍しており、ソシエダだけでなくスペイン中から期待を掛けられている選手です。

そんなミケル・オヤルサバルのプロフィールやプレースタール、成績データを徹底解説していきます。

最終更新日:2019年10月12日

スポンサーリンク

ミケル・オヤルサバルのプロフィール

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.
  • 本名:ミケル・オヤルサバル・ウガルテ(Mikel Oyarzabal Ugarte)
  • 生年月日:1997年4月21日(22歳)
  • 身長:180cm
  • 国籍:スペイン
  • 所属チーム:レアル・ソシエダ
  • ポジション:LWG、OMF、RWG

生まれはスペイン北部のバスク州エイバル。

幼い頃から地元のSDエイバルの下部組織でプレーしたオヤルサバルは、2011年の14歳の時にレアル・ソシエダの下部組織へ入団。

2015-2016シーズンのレバンテ戦でトップチームデビュー。

2018-2019シーズンからは前年限りで引退したレジェンド、シャビ・プリエト(ソシエダで530試合出場73得点)の背番号10を与えられています。

スペイン代表としてはU-18とU-19でプレーし、トップチームデビューからわずか半年後の2016年5月の親善試合ボスニア・ヘルツェゴビナ戦でA代表デビューを飾りました。

しかし、世界トップクラスのナショナルチームであるスペイン代表の選手層は厚く、その後しばらくはU-21スペイン代表の攻撃の核として活躍。

2回U-21ユーロカップに出場し2017年は準優勝、2019年は優勝に貢献しました。

ミケル・オヤルサバルのプレースタイル【シュート精度】

MIKEL OYARZABAL • Welcome to FC Barcelona ? • Full Season Show • 2019 ᴴᴰ

オヤルサバルの特徴と言えば何と言ってもシュート精度の高さ。

圧巻なのは7:04のシーンです。

セットプレーからのこぼれ球を胸で1トラップ後、利き足である左足で冷静にコースを狙ったドライブシュートを放っています。

これにはGKも見送るしかなかったでしょう。

このシーンのようなミドルレンジのシュートの他にも、ゴール前の1タッチで決めるようなシーンやヘディングでの得点シーンも見られゴールパターンの多さが分かります。

スポンサーリンク

ミケル・オヤルサバルのプレースタイル【スピード】

サッカーを始める前は陸上の短距離走をやっていたオヤルサバルはスピードも抜群。

一口にスピードといっても単純にフリーランのスピードが速いだけでなく、ドリブルのスピードも素晴らしいです。

2:53のシーンのようなハーフウェーライン付近からの独走するドリブルは動画内にもいくつか含まれていますが、このシーンでは特に1タッチ目のスピードに注目したいですね。

味方からのパスが若干ずれたことによって、ボールは相手選手の方向へ向けて転がっています。

ただしオヤルサバルは足をのばしてギリギリのタイミングで、相手選手よりも先にボールを保持することに成功しました。

動き出しからトップスピードに乗るまでの時間が短く、その分相手とのギャップを埋めるのが早いのです。

ミケル・オヤルサバルのプレースタイル【逆足のキック精度】

オヤルサバルの利き足は左足ですが、右足のキック精度も左足に負けないほど高精度です。

9:06のシーンはミドルレンジからのシュートですが、利き足とは逆の右足でのシュート。

しかも綺麗な弧を描いてゴールの隅に突き刺さっています。

その他のシーンでも右足からサイドチェンジのロングパスを送っており、これほどまでに左右遜色なくキックできる選手はそう多くないでしょう。

ミケル・オヤルサバルの成績データ

  • レアル・ソシエダ 132試合出場33得点
  • スペイン代表 4試合出場1得点
  • スペインU-21代表 25試合出場8得点
  • 2017U-21ユーロカップ準優勝
  • 2019U-21ユーロカップ優勝

19歳で参加した2017U-21ユーロカップでは3試合に先発出場。残念ながら得点はありませんでしたが、準優勝に貢献。

当時のチームメイトには

  • レアル・マドリードのオドリオソラとマルコ・アセンシオ
  • マンチェスター・シティのロドリ
  • チェルシーのケパ
  • アーセナルのダニ・セバージョス
  • アトレチコ・マドリードのサウール・ニゲス

など現在世界のトップクラスとして活躍する選手達がいました。

2019U-21ユーロカップでは全試合に先発出場し2得点1アシストを記録。スペインは優勝を果たします。

チームメイトにはバルセロナなフィルポ・ジュニオール、レバンテのボルハ・マジョラル、ビルバオのウナイ・シモンとウナイ・ヌニェスなど、スペインの今後を担う選手達とプレーしました。

まとめ

以上がミケル・オヤルサバルのプロフィールとプレースタイルと成績データでした。

今回はオヤルサバルのプレースタイルとして

  • シュート精度
  • スピード
  • 逆足のキック精度

の3点を挙げました。

所属するレアル・ソシエダだけでなく、スペイン代表としても着実な成果を残しているオヤルサバルに今後も注目です!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました