名波監督解任

今回はジュビロ磐田の監督を解任されるのでは?という声が高まっている名波浩監督についてと、もし解任となった際の後任監督予想をしてみました。

クラブのレジェンド選手であり監督としても非常に人気が高いんですが、成績不振が原因で一部で解任の可能性がささやかれていますね。

今後のジュビロ磐田はどうなってしまうのでしょうか?

最後までご覧ください。

スポンサーリンク

名波監督は解任濃厚?

名波浩氏はジュビロ磐田の黄金世代を選手として支え、日本代表のゲームメイカーとして活躍。

監督としてもJ2からジュビロ磐田をJ1に昇格させた手腕が評価され一時期はジュビロ磐田サポーターから絶大の支持を受け、日本代表監督に推される声もあったのですが、2018年シーズンは16位に沈み降格プレーオフでなんとかJ1残留を果たしましたが、名波監督自身は退任する意向でした。

しかし、強化部が引き留めたことで2019年シーズンも指揮を執ることになりました。

背水の陣で迎えた2019年シーズンも開幕から4試合を終えた時点で0勝2敗2引き分けで16位に沈んでいます。

また、4試合中3試合は大分トリニータ、サガン鳥栖、清水エスパルスであり予算的にも成績予想の観点からも降格争いをする可能性のある中堅から下位チームという位置づけのチームだったので、1勝もできていないのは深刻といえます。

昨シーズンに問題となっていたのは、攻撃も守備も個人能力とコミュニケーション、選手の自主性を重んじるが故に戦術的にあいまいな部分が露呈してきており、ピッチ上の判断力が高い中村俊輔選手が年齢的にフル稼働できない状態になると成績が下がってしまったことでした。

今シーズンは中村俊輔選手がいなくても攻守にバランスが取れる戦術的な指導を求められていましたが、結果には表れていません。

という経緯から名波監督の能力に疑問符が付いているのは間違いないですね。

サポーターからの声もこんな感じですね。

では名波浩監督は解任されるのか?と聞かれたら個人的にはないと思っています。

理由はこのtweetの一言が象徴的です。

昨シーズンにシーズン終了後に続投しない意思をフロントに伝えたときに服部強化部長は

『おまえが辞めるなら、オレも辞める』社長は『4年間一緒に仕事をしてきて、おまえに命令したことはないけど、初めて命令する。おまえの親父とお袋に変わって言うからよく聞けよ、いいからやれ!』

といわれ3人で号泣して続投を決めたと名波監督本人がコメントしています。

服部年強化部長は名波監督の年下で選手時代には名波浩中心のジュビロ磐田で黄金期を支えたので、二人は盟友なわけですね。

良い話に聞こえますが、監督人事を決めるのが強化部長なので『おまえが辞めるなら、オレも辞める』となるなら誰が新監督を連れてくるの?という問題になるので本来の監督と強化部長の関係ではありえないことなんですよね。

というわけでジュビロ磐田は地元とクラブの象徴である名波浩監督をクビにできる人がいないので解任はされないと思います。

ただし、辞任はあり得るでしょう。

その場合も、フロント経験が浅く選手獲得でも名波監督に頼っていた服部強化部長が名波監督以上の人材を引っ張ってくるのは難しい(と本人が思っている)ので全力で引き留めるでしょう。

というわけで、ジュビロ磐田は名波監督が続けなければならない状態になっているので解任の可能性は低いかと思います。

ただ、名波監督を辞められないつらさから解放してあげてほいいなという気もします。

まだ、監督としては若いですし、カリスマ性、人心掌握術は日本人監督の中で飛びぬけています。

ジュビロ磐田で足りなかった部分を勉強しなおせば、代表監督としても将来期待できる人材だと思いますので結果が出なかったときには自ら周りを押し切って辞任したほうが本人の為になるでしょう。

まったく同意見です。

スポンサーリンク

【名波監督の後任】ジュビロ磐田・次期監督候補

それではジュビロ磐田で名波浩監督の後任となる次期監督候補を挙げていきます。

ジュビロ磐田のチーム哲学でもあるコンビネーションを活かした攻撃的なパスワーク主体のサッカーにビルドアップとボールを奪われた後の守備(ネガトラ)のメカニズムを導入して、より論理的・効率的にジュビロ磐田のサッカーをアップデートしてくれる監督がベストですが、名波浩監督を解任してまで連れてくる人材として納得させられることも重要になるでしょう。

西野朗

ロシアワールドカップで日本代表を率いてJリーグ最多勝利監督としての実力をみせつけた西野朗監督は現在フリー。

ジュビロ磐田の攻撃的サッカーと得意とするスタイルは近いですし、実績的にも文句なしです。

ただし、選手の自主性を尊重する代償として戦術的指導力に疑問符が付くという意味では名波浩監督と同じ。

根本的な問題は西野朗 監督でも解消できないでしょう。

ただ、短期間(シーズン残り半分未満)で残留を目標にオファーを出すならうってつけの人材。

ドゥンガ

ブラジル代表を2016年に解任されて現在フリー。

選手時代にジュビロ磐田で活躍した闘将。

監督としてはコーチ経験もないままブラジル代表監督に就任して2016年に解任されています。

選手時代で培った名声やカリスマ性に疑いはありませんが監督としての実力はさほど評価されていないという意味で名波浩監督と同じなので、不安はあります。

このようにサポーターからは待望論はあるのかなと思いますし、起爆剤としては良いかもしれません。

ロペテギ

元スペイン代表監督でワールドカップ直前にレアルマドリードの監督に就任したもののすぐに解任されました。

スペインではワールドカップ直前で自分勝手に辞めた形となり、レアルマドリードでも116年間にわたるクラブの歴史において最悪となる496分間連続無得点を記録するなど結果が出せなかったためスペインでの再就職はかなり厳しい。

1998年フランスワールドカップで3連敗で終えたあと岡田武史監督が東京から離れたかったという理由でJ2コンサドーレ札幌の監督に就任したように、ロペテギ氏もスペインから離れたいという気持ちでしょう。

Jリーグはスペイン人監督、選手が増えているのであり得ない人材ではないです。

ビラスボアス

選手時代に無名でスカウティングや分析の仕事から指導者キャリアをスタートさせ、FCポルト、トッテナム、チェルシーの監督に就任したビラスボアス氏。

2017年まで上海上港の監督に就任していましたが、現在はフリー。

ACLでJリーグクラブと対戦した試合でも対戦相手に合わせた戦術整備の能力の高さに感心しました。

名波監督が持つチームマネジメント、モチベーターとしての能力に疑問符が付くので、名波ービラスボアスの2頭体制でも良いのかなと。

リーダーシップ名波、戦術ビラスボアスのジュビロは強そうです。

補足:長谷部誠

将来的な話ですが、引退後はドイツで指導者として勉強することをほのめかしている長谷部誠選手は名波浩監督同様に地元のレジェンド。

まだバリバリの現役なのであり得ないですが、ジュビロ磐田は社長orGM名波浩、監督長谷部誠という体制はこれ以上ない組み合わせだと思います。

最後に

いかがでしたか?

今回はジュビロ磐田の名波監督の後任について特集しました。

韓国代表が自国出身監督で結果が出なくてスペイン人コーチを呼んで守備が劇的に改善されたという話もあったので、名波監督続投で戦術整備に優れたコーチを呼ぶのもありかなと思います。

名波監督自身も勉強になりますし、ヨーロッパでもアンチェロッティ、ベンゲル。クリンスマンなど戦術をコーチにかなり任せるタイプの監督は多いです。

名波監督はコーチを自身の現役時代のチームメイトで固めていますが、違う価値観に触れるのも大事ですね。

ここ数年のジュビロ磐田は名波監督の「もっとこうしたい」というイメージをピッチに落とし込むことが名波監督自身も出来ず、できるコーチを連れてくるような工夫もしてこなかったことが問題だったと思いますが、名波監督は人の上に立つという意味での才能がずば抜けているので、名参謀を得ることができると、一気に監督として化ける気がしますので期待しています。