ヤヌザイ

今回はベルギー代表のヤヌザイ選手の特集です。

「天才」と呼ばれたヤヌザイ選手の彼女について調べてきました。

また、マンチェスターユナイテッドとドルトムント時代にチームメイトだった香川真司選手を無視していたとの噂について検証していきます!

そしてプレースタイルを検証していきますので最後までご覧ください!

スポンサーリンク

ヤヌザイの現在の彼女は?過去の噂についても

ヤヌザイ選手の彼女について2014年1月に報道されたことがあります。

当時ヤヌザイ選手が付き合っていた彼女はメリッサ・マッケンジーさん

ヤヌザイ・彼女

当時彼女だったメリッサ・マッケンジーさんとヤヌザイ選手のデートの場所はファミレスで18ポンド(約3200円)のスパイシーチキンをおごり駐車場代の5ポンド(約880円)を自分が払わされたとイギリスのゴシップ紙に暴露してそのドケチぶりが話題になりました。

また、この二人のカップルはヤヌザイ選手がメリッサさんを送るタクシー代の40ポンド(約7000円)を拒否して破局したんだとか。

また、この情報をリークしたメリッサ・マッケンジーさんは後日別のタブロイド紙に姿が掲載されてその姿があまりにもケバいと話題になりました。

ヤヌザイ選手は貧しい家庭で育ったと聞いていますし庶民感覚を失わないのは大事なことだと思いますし「ケチなくらい愛くるしいのでは?」と個人的には思います。

当時18歳という若さにしてこのような記事を書かれてしまったことが神童と呼ばれていたヤヌザイ選手の人生を少し狂わせてしまったのかもしれません。

ちなみに現在の彼女についての情報はありませんでしたのでヤヌザイ選手は女性不信に陥ってしまったのか、その後、情報をべらべらとメディアに流さないきちんとしたパートナーを見つけることが出来たのか分かりませんが、後者であることを祈りたいですね。

香川を無視?その理由は?

ヤヌザイ・香川

ヤヌザイ選手はマンチェスターユナイテッド時代にチームメイトの香川真司選手がハイタッチをしようとしたときに無視をしたと報道されたことがあって話題になりました。

香川真司選手が見えていなかった可能性もありますし、ポジション的にも被るライバルの香川真司選手に対して若いヤヌザイ選手が複雑な思いを抱えていて無視したのかもしれません。

その後、二人はドルトムントで再開を果たすことになりました。

香川真司選手はドルトムントで大活躍した過去があり絶大な支持をサポーターから受けていてチームメイトとも信頼関係が出来上がっていたこともあり若いヤヌザイ選手をチームに溶け込ませる役割を買って出たそうですが、結果的にはドルトムントで練習態度が問題となりチームメイトと溶け込むことが出来ず、1年でマンチェスターユナイテッドに復帰しています。

現在の二人の仲はというと・・・

ヤヌザイ選手は日本代表との対戦の際に注意する日本代表選手を聞かれると香川真司選手の名前を出して

「いくつもの偉大なクラブでプレーし、経験のある選手」

とコメントしていますし普通の元チームメイトという感じではないでしょうか?

ただ、プレーの相性は悪かったですね。

香川真司選手が欲しいタイミングより遅れてからパスを選択することが多かったのと香川真司選手にとってはボールを受けることが出来るスペースでマークを外していてもヤヌザイ選手にとっては狭いという判断でパスが出てこないというシーンは多かったです。

とはいえマンチェスターユナイテッド時代の香川真司選手は他の選手ともこのような関係性でしたから、二人の間に大きな問題が生じていたというのは考えすぎですかね。

プレースタイル

それではヤヌザイ選手のプレースタイルを紹介していきます!


ポジションは右ウィング。

左利きで左サイドでもプレーできますが少し窮屈に見えます。

右サイドからカットインしていく形がベストな起用方法でしょう!

ドリブラーで細かいボールタッチからの深い切り返しで抜いていくパターンが得意。

また、シュートも得意で右サイドの45度からファーサイドへカーブをかけて巻いていく左足のシュートはワールドクラス!
直接フリーキックも得意ですね。

ヤヌザイ選手の特徴は脈絡のないところから自分でゴールへの道をドリブルで切り開いて自分でシュートを決めてしまうところ。

時に自己中心的な印象を与えがちですが、試合中ほとんどの時間帯で存在感が無くても一発ですべてをひっくり返す力があるので凡庸なチームプレーヤーとしての役割を与えるのも勿体ないですし、メッシ選手のようにビッグクラブで特別な役割を与えるだけの力があるとはいえないんですね。

そこが帯に短したすきに長しという感じでいまいち伸び悩んでいる理由かと思います。

しかし、才能は凄いモノを持っているのは間違いないです。

最後に

いかがでしたか?

今回はベルギー代表のヤヌザイ選手の特集でした。

レアル・ソシエダに移籍して継続的に試合に出場できているヤヌザイ選手は現状は中堅チームのエース的な立ち位置が合っているのかもしれません。

スペインリーグは乾貴士選手もそうですがドリブラーがボールの受け方を改善して成長できるリーグだと思いますし、まだまだ伸びしろが大きい大器ですから今後もヤヌザイ選手に注目です!