スポンサーリンク




オルンガのプレースタイルを3つの観点から動画付きで徹底解説!

こんにちは!

オルンガ選手は、柏レイソル入団当初から、Jリーグ初のケニア人選手として話題になりましたね。

2019年シーズン終盤になり、柏レイソルのJ1復帰に向けてますます存在感を強くしています。

今回は、オルンガ選手のプレースタイルを、3つの観点から徹底的に解説しますね。

この記事を読めば、オルンガ選手がJ1昇格に欠かせないことがわかりますよ。ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

オルンガ選手の基本情報

https://instagram.com/p/B22U7hJAM4r/
  • 選手名:オルンガ(Michael Olunga Ogada)
  • 所属クラブ:柏レイソル(J2)
  • 背番号:26
  • ポジション:フォワード
  • 身長:193センチ
  • 体重:85キロ
  • 利き足:左足

現在は、センターフォワードとして得点を量産し、柏レイソルの攻撃の最前線を担っています。193センチの長身ということもあり、ゴール前での迫力がたっぷりです。

オルンガ選手のプレースタイル【ヘディング】

オルンガ選手を語る上では、ヘディングの強さを外すわけにはいきません。193cmの長身から繰り出すヘディングは、反則級の武器です。

2019年のJ2第34節の東京ヴェルディ戦で、あきれるくらいの高さから、ヘディングのゴールがありました。

0:47辺りからです。

【公式】ハイライト:柏レイソルvs東京ヴェルディ 明治安田生命J2リーグ 第34節 2019/9/28

右サイドからクロスが上がります。ゴール正面で待ち構えるオルンガ選手。

空中で相手キーパーと競り合いますが、これを制してヘディングシュート。手を伸ばしたキーパーの上からゴールを決めてみせました。

伸ばした手よりも頭の方が上。たまったもんじゃありません。

長身に加え、アフリカ人特有のバネの強さもありますから、高さを稼ぐことができるのです。特にJリーグでは、この高さが強力な武器となりますね。

オルンガ選手のプレースタイル【左足のシュート】

オルンガ選手のヘディング以外でのゴールは、ほとんどが左足からのシュートです。2019年のJ2第27節のレノファ山口戦で、魅力たっぷりのゴールがありました。

0:28辺りからです。

スポンサーリンク

【公式】ハイライト:柏レイソルvsレノファ山口FC 明治安田生命J2リーグ 第27節 2019/8/10

右サイド、タッチライン際に陣取っていたオルンガ選手にパスが出ます。そこからゴールに向かってドリブル。

角度がないのでクロスもあり得る場面でしたが、オルンガ選手は構わずシュート。

ボールはキーパーの脇を抜けて、見事なゴールとなりました。ボールをもらった位置は、ゴールから離れた場所でしたが、そこから迫力あるドリブル&左足シュート。

センターフォワードらしく積極的にゴールを狙い、結果を残すことができました。

オルンガ選手のプレースタイル【フィジカルの強さ】

オルンガ選手は、恵まれた体格を存分に発揮したプレーが特徴です。

身長の高さを生かしてのヘディングについては、先に述べましたよね。背が高いということは、もちろん手足も長い、ということです。

足の長さは、届きそうもないパスに足を伸ばしてのシュートに活かされます。そして手の長さは、ポストプレーでポジション取りに役立ちますよね。

長い手をうまく使って、ディフェンダーとの間にスペースを作ることができますし、あの巨体がゴール前に陣取るだけでも、相手ディフェンダーには威圧感があり、とても面倒な存在です。

センターフォワードとして、申し分のない能力ですね。

オルンガ選手の成績データ

移籍先としては次のとおり。

リバティ・スポーツ・アカデミー(ケニア、2012-16)→タスカー(ケニア・ローン、2013)→ティーカ・ユナイテッド(ケニア・ローン、2014)→ゴール・マヒア(ケニア・ローン、2015)→ユールゴーデン(スウェーデン、2016)→貴州智誠(中国、2017-18)→ジローナ(スペイン・ローン、2017-18)→柏レイソル(2018-)

通算成績がこちらです。

  • J1通算10試合3得点
  • J2通算26試合16得点
  • ケニア代表通算36試合17得点
  • ケニアン・プレミアリーグMVP1回(2015年)
  • J2リーグ月間MVP1回(2019年8月)
    (2019年10月20日現在)

こういったプレースタイルなので、怪物のようなイメージを持ちがちです。

しかし、チームメイトからは真面目と評されています。来日して1年ですが、日本語の覚えが早いとのこと。

それもそのはず、ケニアでは工科大学に通い、工学士を修了しています。よってケニアでのニックネームは「エンジニア」。インテリなのですね。

まとめ

今回は、オルンガ選手のプレースタイルとして、

  • ヘディング
  • 左足のシュート
  • フィジカルの強さ

の3つを挙げました。

オルンガ選手は、日本人にはないフィジカルを持っています。相手ディフェンダーは、よほど工夫しないと止められませんね。

この武器は、J1の舞台でも脅威となるのは間違いないです。2020年シーズンも、オルンガ選手に期待したいですね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました