スポンサーリンク




宮代大聖のプレースタイルを3つの観点から動画付きで徹底解説!

こんにちは!

今回はレノファ山口でプレーする宮代大聖選手の特集!

U20ワールドカップで活躍したものの選手層が厚い川崎フロンターレでは、出場機会に恵まれず、今夏にJ2のレノファ山口に期限付き移籍となっています。

大きな期待をされてレノファ山口に加入しましたが、これまで10試合で無得点。

伸び悩んでいる印象も受けますが、世代を代表するストライカーの復活に期待も込めて、プレースタイルを紹介します。

  • ポストプレー
  • ドリブル
  • シュート
  • フリーランニング

といった、

フォワードに求められるスキルが全般的に高い万能型ストライカー。

そんな宮代大聖選手のこれまでの成績情報をまとめてみましたので、ぜひ最後までご覧ください!

※最終更新日:2019年9月28日

スポンサーリンク

宮代大聖(レノファ山口)の基本情報

  • 選手名:宮代大聖
  • 所属クラブ:レノファ山口(保有元川崎フロンターレ)
  • 背番号:38
  • ポジション:フォワード、右シャドー、左シャドー、右ウイング。左シャドー
  • 身長:178㎝
  • 体重:73㎏
  • 利き足:右

川崎フロンターレの下部組織育ちで中学3年生で川崎フロンターレU18に飛び級昇格。2018年高校3年生で川崎フロンターレトップチームとプロ契約しています。

【Jリーグ2019】川崎フロンターレスタメン・フォーメーション予想

U15日本代表から育成年代の代表ではエースストライカーとして活躍してきた世代を代表するフォワードです。

ワントップでピッチ中央でプレーするよりも機動力が活きるので、ツートップで起用された方が活きるタイプでしょう。世代別日本代表が使用してきた4-4-2システムとの相性が良いですね。

プレースタイル・身体能力(敏捷性に優れたボックスストライカーの才能)

身長は178㎝とそれほど大きくなく、スピードも武器になるほどではありませんが、敏捷性が高く、ボディバランスの良さが光ります。

これがゴール前で相手ディフェンスの前に入り、シュートを決める秘訣ですね。

下の動画で5分42秒からの得点シーンでは、相手の前に身体を入れてボールを自分のものにした後、サイドステップでコースを作ってからのアウトサイド足の振りが速い!

【U-20日本代表】宮代2発など5ゴールで勝利 【練習試合ハイライト】

また、あれだけ軸足からボールが遠くても、打てるのはボディバランスの良さですね。

普通ならアウトにかかって外にそれますが、インサイド回転が掛かって外から巻く軌道になるあたり、天性のストライカーといえるでしょう。

プレースタイル・ボール扱いの巧さ(ポストプレー、ドリブル)

宮代大聖選手は、前線にいながら中盤と関わるプレーが上手いですね。

スポンサーリンク

最前線でディフェンスラインと駆け引きしたり、中盤に降りてきたり、サイドに流れたりして、ボール前進への貢献度が高い!

技術的にドリブルが上手いですし、相手をブロックして簡単にボールを失わないです。

中盤のチャンスメイカーとしてのセンスもあるところは、大迫勇也選手と通じるところがあるという印象。

下の動画の32秒からのシーンでは、試合終盤で1点リードの場面で、チームとしては、なるべくボールをゴールから遠ざけたいという状況です。

なるべく前へ。サイドなら尚良し。という状況でこのプレー。

【現地】宮代大聖ゴール!北朝鮮戦tairsei miyashiro goal AFC U-19選手権インドネシア2018

セオリー通り、サイドから自力でドリブルでボールを運んで最終的には一人交わしてシュートを決めています。

このように、勝つことから逆算して合理的なプレーをする戦術眼、状況判断があり、技術もある頼りになる選手。

プレースタイル・左右両足から点が取れる

宮代大聖選手は単純にシュートが上手いです。左右両足で強いボールを体勢を崩しながら枠に持って行く能力が固いんですね。

この動画の22秒からのシーンでは、利き足ではない左足で反転シュートを決めています。

MATCH HIGHLIGHTS – Mexico v Japan – FIFA U-20 World Cup Poland 2019

1分22秒では右足でキレイな得点を決めていますね。

どちらの得点にも共通しているのが、体の向きとは違う方向にシュートを決めていること。

足のかかとに近い位置でシュートできるので、シュートの角度が大きいんです。

キーパーはニアサイドに打つと予想して、どちらのシーンでもニアポストに近い位置に立っていますが、飛んで行ったコースは逆サイド。

原理としては軸足で回転ジャンプするようにして、遠心力を得ながら空中でシュートしているようなものですね。

「軸足をしっかり地面につけて蹴りなさい」という教えは、シュートに関しては間違っていることがわかるでしょう。

宮代大聖(レノファ山口)成績情報

トランスファーマーケットドットコムによると宮代大聖選手の市場価値は15万ユーロで2000万円程度。

2017年FIFAU17ワールドカップで2得点。

2018年U-19アジア選手権では4ゴールを奪う活躍で2019年のU20ワールドカップでも2得点となっています。。

プロ通算で11試合0得点2アシストですので、早く初ゴールが欲しいです!

最後に

今回はレノファ山口に川崎フロンターレからレンタル移籍中の宮代大聖選手について特集しました。

  • 左右両足でシュートが決められる
  • 中盤との絡みが上手い

という特徴を紹介しましたが、世代別代表での活躍ぶりを考えるとそろそろJリーグでブレイクして欲しいですね。

川崎フロンターレは選手層が厚いので、しばらくはレンタル移籍が続くと思います。

東京オリンピック世代の年少組ですが、メンバー入りは現在の活躍度では難しいでしょう。潜在能力は高いので今後の活躍に注目です!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました