スポンサーリンク




ハビエル・オンティベロスのプレースタイルを3つの観点から動画付きで徹底解説

こんにちは!

2019-2020シーズンのラ・リーガはバルセロナやレアル・マドリードのスタートダッシュの失敗に端を発した近年稀にみる混戦模様になっています。

そんな中でセビージャやビジャレアルといった中堅チームが好調を維持しており、近年ない面白いシーズンです。

今回はビジャレアルの好調を陰で支えているスーパーサブ、ハビエル・オンティベロスについてまとめていきたいと思います。

オンティベロスのプロフィールやプレースタイル、成績データをまとめていますので、ぜひご覧ください。

最終更新日:2019年9月23日

スポンサーリンク

ハビエル・オンティベロスのプロフィール

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.
  • 本名:ハビエル・オンティベロス・パラ(Javier Ontiveros Parra)
  • 生年月日:1997年9月9日(22歳)
  • 身長:175cm
  • 国籍:スペイン
  • 所属チーム:ビジャレアル
  • ポジション:LWG、RWG

スペインのアンダルシア州マルベージャで生まれたオンティベロスは、同じアンダルシア州に本拠地を構えるマラガに入団しました。

16-17シーズンには19歳にしてトップチームへの昇格を果たし、翌年17-18シーズンは当時2部だったバジャドリードへレンタル移籍。

18-19シーズンはマラガへ戻ってきて、31試合に出場し4得点3アシストを記録。

マラガはその年ラ・リーガ2部で3位となり、昇格プレーオフに参戦し、オンティベロス自身もスーパーゴールを決めるなど活躍しましたが、惜しくもデポルティボに敗れ昇格は果たせませんでした。

それでも活躍は認められ、シーズンオフから早々にビジャレアルとの移籍交渉が個人合意に達します。

しかし、マラガ会長のアル=タニの許可が下りずにシーズンの開幕を迎えてしまいますが、何とか移籍期限ギリギリで交渉はまとまりビジャレアルへの移籍が実現。

2019-2020シーズンは開幕戦こそ移籍期限の関係で間に合いませんでしたが、2節以降は全ての試合で途中出場しています。

第3節のレアル・マドリード戦では初アシスト。第5節のバジャドリード戦では16分間の出場ながら移籍後初ゴールを記録し、かつアシストも記録する大活躍でした。

ハビエル・オンティベロスのプレースタイル【ドリブルの突破力】

Javi Ontiveros Skills 2018/19

0:35からの数シーンではオンティベロスのドリブルの突破力がよくわかりますよね。

オンティベロスの場合はドリブル突破に際して、細かい技術の高さよりも、攻撃的な性格やDFラインのギャップを見つけた時の爆発的な推進力の高さが特徴的。

スポンサーリンク

基本的に左右どちらのサイドもこなすことのできる選手ですが、左サイドの時はその突破力を最大限に発揮します。

ハビエル・オンティベロスのプレースタイル【強力で思い切りのいいシュート】

先程の2:04からのシーンではドリブル突破から、その勢いを見事に乗せた強力なシュートを放ちました。

ドリブル突破同様に多少強引なところはありますが、思い切りがよく、ほとんどのシーンにおいてシュートで終わらせています。

残念ながらバーに嫌われてしまいますが、対戦相手にとってはものすごい脅威になることでしょう。

シュート精度に関してはまだ粗削りなところがあり、得点数はそこまで伸びていませんが、今後経験を積み伸びていけばもっと得点を量産できるハズです。

ハビエル・オンティベロスのプレースタイル【キック精度の高さ】

Javi Ontiveros Skills 2018/19

4:16とその次のプレーシーンでは、ロングキックを見事に足元に収めておりの精度の高さが伺えます。

(残念ながらトラップを失敗していますが…)

その他にも1:51のシーンなどではスルーパスも成功させており、そのキック精度は長短問わず高いです。

ただ、右足の精度と比べて左足のキック精度がやや劣りますので、今後の課題となります。

ハビエル・オンティベロスの成績データ

現時点では目立ったタイトルの獲得はありません。

スペイン代表としてはU-17からU-19まででスペイン代表に選ばれており、国際親善試合に7試合出場。2得点を決めています。

2016年のデビューからこれまでマラガ、バジャドリード、ビジャレアルに所属し、

  • ラ・リーガで35試合3得点5アシスト
  • 2部で45試合4得点4アシスト

を記録しており、コンスタントに試合に出場できています。

特に2019-2020シーズンは重要な場面で起用されることも目立ち、着実にステップアップしていますよね。

まとめ

以上がハビエル・オンティベロスのプロフィール、プレースタイル、成績データのまとめです。

今回はプレースタイルの特徴として、

  • ドリブルの突破力
  • 強力で思い切りのいいシュート
  • キック精度の高さ

の3項目を挙げました。

攻撃的な性格も手伝って調子のいい時には止められないほどの突破力を発揮しますが、全体的にまだまだ荒削りな部分が多いため、今後の伸びしろに期待したいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました