スポンサーリンク




ジェイドン・サンチョのプレースタイルを3つの観点から動画付きで徹底解説

こんにちは。

2019-2020シーズンもブンデスリーガを見ていると、いろんな試合で様々な素晴らしいゴールが生まれています。日本人の大迫勇也選手ゴールを決めてくれているので、日本のニュースを盛り上げてくれていますね。

日本人以外で私が今シーズン注目している選手は、ドルトムントのジェイドン・サンチョ選手です。

ジェイドン・サンチョ選手は2017年にドルトムントに移籍し、昨シーズンは12ゴール18アシストを決め、ニュースターとして注目されていました。

そのジェイドン・サンチョ選手が今シーズンどのように活躍するか、すごく楽しみですね。今日はジェイドン・サンチョ選手のプレースタイルを見ていきたいと思います。

※最終更新日 2019年9月12日

スポンサーリンク

ジェイドン・サンチョ選手のプロフィール

ジェイドン・サンチョ選手

  • フルネーム ジェイドン・マリック・サンチョ
  • 国籍 イングランド、トリニダード・トバゴ
  • 生年月日 2000年3月25日(19歳)
  • 背番号 7
  • ポジション MF
  • 身長 180cm
  • 体重 76㎏
  • 利き足 右足

ジェイドン・サンチョ選手は、トリニダード・トバゴ人の両親のもとで生まれました。

14歳の時にマンチェスター・シティの育成チームに参加。その後2017年の8月にマンチェスター・シティからドイツのドルトムントに移籍しましたが、ドルトムントでもらった背番号は7番!

日本人だと香川真司選手がつけていた番号と同じ番号なので、日本人には馴染み深い数字ですね。

ジェイドン・サンチョ選手は、昨シーズンのDFLスーパーカップの決勝戦では決勝点を決めて、ドルトムントを優勝に導いています。

それでは、ジェイドン・サンチョ選手のプレースタイルについて動画を交えて3点見ていきましょう。

ジェイドン・サンチョ選手のプレースタイル【クロス】

ジェイドン・サンチョ選手のプレースタイルでまず注目してもらいたいものの一つ目がクロス!!

こちらの映像をご覧ください。

※0:56~注目!!

【神童】ジェイドン サンチョ 2019 スキル、ゴール&アシスト集 HD

これはジェイドン・サンチョ選手のプレー集の映像。ジェイドン・サンチョ選手はMFで、今シーズンもアシスト数が暫定でリーグトップです。

左サイドでボールをもらったジェイドン・サンチョ選手は、ペナルティエリアに新入せずに一旦スピードを緩めます。

その後、味方FWの位置をいったん確認してからファーにゆったりとしたクロスを上げ、FW選手がきっちりと頭で合わせてゴール!!

昨シーズンもクロスからのアシストが多かったのですが、この映像で注目してほしいのはクロスを蹴る瞬間の相手選手の数です。

スポンサーリンク

普通は相手の数と味方の数が同数程度の際にクロスの選択肢を取ることが多いのですが、この映像だと中にいるのはたったの2人。

正直クロスを上げても相手に跳ね返されてしまいますが、ジェイドン・サンチョ選手は相手DFの数が多いときでも味方にきちんと通る道筋を判断してクロスを上げています。

人数で圧倒的に優位だったとしても、少ない人数で得点を決めることができるのはすごい武器になりますよね。

ジェイドン・サンチョ選手のプレースタイル【ドリブル】

続いて注目したいジェイドン・サンチョ選手のプレースタイルはドリブル!!

先程の動画の1:52~に注目してください。

中盤右サイドでボールを持ったジェイドン・サンチョ選手が、二人の相手選手に囲まれていますが、そこをドリブルで華麗に交わします。

その際にただのドリブルではなく、相手を交わすのに使った技がマルセイユ・ルーレット!しかも2連続!

マルセイユ・ルーレットの動画はいろんな選手がありますが、二連続のマルセイユ・ルーレットを試合中に成功させている選手はジェイドン・サンチョ選手しか見たことがありません。

これだけでもジェイドン・サンチョ選手が足技に自信も持っていることがわかりますね。

ジェイドン・サンチョ選手のプレースタイル【ショートパス】

次に注目したいジェイドン・サンチョ選手のプレースタイルはショートパス!

こちらの映像をご覧ください。

※3:30~注目!!

Jadon Sancho 2018-2019 – Golden Boy – Dazzling Skills Show – Borussia Dortmund

 

アタッキングサードに侵入するタイミングで味方からのパスを受けたジェイドン・サンチョ選手が、ドリブルで相手ペナルティエリア前までドリブルで進入します。

その際相手の選手4人に囲まれ、それ以外に相手ゴール前に相手選手が3人味方が2人いる状況です。

そこでジェイドン・サンチョ選手が選んだ選択肢が、鮮やかなショートパス!!

味方選手がフリーになり、しかもその選手の足元にドンピシャのタイミングでパスが入り、味方選手がそのままゴール!

相手の選手に囲まれている中で、味方選手を最大限に生かすゴール前でのショートパスは相手選手にとって脅威だと思います。

【ジェイドン・サンチョ選手の成績データ】

  • 2017-2019現在 ボルシア・ドルトムント 出場46試合 13ゴール
  • イングランドアンダー世代代表 通算出場28試合 21ゴール
  • イングランド代表 通算1試合出場 0ゴール

昨シーズン12ゴール18アシストを決めたジェイドン・サンチョ選手は、母国イングランドでも注目されていて、今夏の移籍市場ではマンチェスター・ユナイテッドとの交渉をしていたとの報道も。

ただドルトムント側もジェイドン・サンチョ選手を手放す気はないということで交渉は決裂しています。

【まとめ】

今回は、ドルトムントに所属しているジェイドン・サンチョ選手について、

  • ドリブル
  • クロス
  • ショートパス

の観点から開設しました。

ドイツや母国イングランドなど各地で注目されている選手なので、ぜひジェイドン・サンチョ選手に注目してみてください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました