なでしこジャパンワールドカップ2019・メンバー予想

なでしこジャパンワールドカップ2019!

2011年のドイツ大会は澤穂希や宮間あやといった主力が中心になり、歴代最強と言われたなでしこジャパンですが、世代交代が上手くいかず何かと苦しい時期が続いています。

今回の2019ワールドカップも出場が危ぶまれていましたし、高倉監督の解任論もファンからは出るなど、状況は最悪となっていました。

しかしアジアカップ(予選)もふたを開けてみると、大方の予想を裏切り現在では格上と思われるオーストラリアにも完勝して優勝など、嬉しい誤算となりましたね。

前回の2015年カナダ大会準優勝で終わってるだけに雪辱を果たしたいところでしょう

ということで今回は2019年にワールドカップフランス大会に挑むなでしこジャパンのスタメンフォーメーションを予想してみました。

最後までご覧ください。

スポンサーリンク

なでしこジャパンの状況

なでしこジャパンは佐々木監督からのバトンを受け取った高倉監督の評価はかなり逆風続きでした。
佐々木監督の最後の方も叩かれ方は異常でしたが。

高倉監督の手腕に就任当初は疑問を持たれた訳ではなく、アンダー世代での指導能力に関しては、かなり評価されていたのは確かでしたが、世代交代の途中で上手くチームを導く事が出来ないようでしたね。

またアンダー世代を引き上げようと、我慢強く起用し続けた事で結果が出なかったのは事実で、アルベルタカップやFIFAランクも下降していき、ピーク時の輝きは取り戻すのは難しかったようです。

事実、アジアカップ優勝とワールドカップ出場も危険視されていたのも事実。

しかし予想を裏切りワールドカップ出場とアジアカップ優勝を格上のオーストラリアに勝って決めた事は特筆すべき所でしょう。

まだまだ発展途上の高倉監督のなでしこ、逆に言えば伸びしろは大きいのでは。

なでしこジャパンW杯2019!メンバー23名を予想

戦術的には高倉なでしこは岩渕という生粋のドリブラーがいる事から両ウィングが攻撃の肝となっています。

そこに長谷川が加わる事でかなり攻撃のバリエーションが豊富になるのはアジアカップでの活躍を見れば一目瞭然。

フォーメーション的には4-4-2が多く使われているので、このままいくと思われます。

大きく変更はないと思われボランチの人選にはかなり気を使うと思われ、アンカーとしての宇津木というのは1つの選択肢としてあるでしょう。

攻撃面を見ても2トップで機能しているとは言い難く、ここにも問題点があり前述のようにウィングに才能ある二人を置いていても、ボールが収まりきらない部分もあり、フォーメーションの変更もありますね。

交代枠を使わないのも高倉監督の戦略(?)という事も踏まえて、スタメンのメンバーはかなり重要ですが招集される23名をざっとこのメンバーを予想してみました。

※各所属チームは2018年現在の所属となります。

GK

  • 池田咲紀子(浦和レッズレディース)
  • 山下杏也加(日テレベレーザ)
  • 平尾知佳(アルビレックス新潟)

GKはあまりいじる事はないのでは。NZとの親善試合でのメンバーがそのままという事も考えられますが、ここに入り込むとすれば、ベテランの山根辺りかと。

ただ経験値がものを言うGK、再考の必要性もあるでしょうが、池田が一番手、次を山下、3番目を平尾、松本、山根というところでしょうか。

DF

  • 宇津木留美(シアトルレイン)
  • 鮫島彩(INAC神戸)
  • 市瀬菜々(マイナビベガルタ仙台)
  • 有吉佐織(日テレベレーザ)
  • 北川ひかる(浦和レッズ)
  • 熊谷紗希(リヨン)
  • 岩清水梓(日テレベレーザ)

なでしこにとってDFラインはかなり迷走が続いたポジションです。
鮫島をCBで使ったアルベルタカップでは、連携ミスが露呈して、惨敗といってもいい結果を起こしたのは記憶に新しい所。

しかし熊谷が戻ったアジアカップでは守備の安定をもたらしましたが、これは一重に鮫島が本来のポジションに戻った事が大きいと思えます。

しかし、熊谷の対人・危機察知能力などが全体的な統率がとれていた事は疑いない事実。

逆を返すと例えば、熊谷がケガ等で出場できない試合があった場合は守備の安定度が低くなる可能性が高いとも言えます。

市瀬のアジアカップでの活躍は好材料ですが、熊谷がいた事からの活躍とも思えますね。そんな時に頼れるのはベテランで川澄の代表復帰もいい結果を生んだこと度々出る待望論が出る、岩清水のメンバー入りはあると思えます。

ケガだけでなくカードの危険性も考えると熊谷のバックアッパーは1つの課題ですね。

MF

  • 中島依美(INAC神戸)
  • 長谷川唯(日テレベレーザ)
  • 坂口夢穂(日テレベレーザ)
  • 猶本光(浦和レッズ)
  • 中里優(日テレベレーザ)
  • 隅田凛(日テレベレーザ)

MFは結構固定された感があります。ボランチの坂口、インサイドハーフの中島は高倉なでしこにはいなくてはならない存在です。

攻守にハードワークを惜しまない中島の存在は特に大きいのでは。

そこにベテランの坂口が入る事により、攻守のバランスをとり、なでしこの肝であるパスワークを魅せる事が出来ます。

坂口の相棒を誰にするかという事もありますが、攻撃的にいくなら猶本、守備的(大柄な選手が揃っている場合)宇津木という選択肢もあります。

ただポジションの枠を考えないのであれば、MFに川澄(FW)という選択肢もありえます。

長谷川・中里という新たなる才能もありますが、ケガが心配で、中里はガーナ戦で負傷、長谷川もケガとの付き合いが危惧される部分もあり、大きく変更があるポジションではあります。

FW

  • 岩渕真奈(INAC神戸)
  • 川澄真奈美(シアトルレイン)
  • 田中美南(日テレベレーザ)
  • 菅澤優衣香(浦和レッズ)
  • 横山久美(フランクフルト)
  • 増矢理花(INAC神戸)
  • 永里優李(シカゴレッドスター)

FWも結構多い人選となっていますが、これはMFとの併用という意味合いもあります。

ウィング的な役割を持つ選手が多く、これは高嶋監督の意向も考えられますが、現なでしこの問題点“ボールの収まり”という事とストライカーという意味でケガがちの岩渕頼みは結構厳しい側面がありますね。

予選最後に川澄を招集した様にベテランの力が必要になる場面も出てきそうで(かなりの高影響をもたらした)、長らく代表から離れていた永里の招集も考えられます。

スポンサーリンク

基本スタメンフォーメーション予想【なでしこジャパンW杯2019】

なでしこジャパンワールドカップ2019フォーメーション

さて、基本的なフォーメーションは予選の試合などを参考にして予想しました。

システムは4-4-2で予想。

対戦相手によって若干スタメンをいじる事が多い高倉監督ですが、基本ラインはここでいいのではないでしょうか。

GKは山下、DFライン左に鮫島、右に有吉、CBに熊谷と市瀬をもっていき、MFはボランチに坂口と宇津木、インサイドハーフに右に長谷川、左に中島、FWには岩渕と田中という布陣が基本と思われますね。

ここにサブで川澄、横山などの駒を使う事も出来ます。また、宇津木がサイドに入る可能性もありますし、相手によってはボランチに猶本を置く事も考えられます。

対戦相手が決まっていないので、スタメン予想としては現在ではこのような形になるのではと思ってます。

なでしこジャパンW杯2019の主力選手

さて、なでしこがW杯で輝きを取り戻す為に必要な選手を3人ほどピックアップしました。

岩渕真奈

岩渕真奈

岩渕はその卓越したドリブルテクニックから“マナドーナ”とも呼ばれ、プレイの特徴としてはドリブルから切り込んでいき、最後のシュートまでかなりの頻度で持っていきます。

ドイツのバイエルンにも所属していた事もあり、海外からの評価が高いですね。

ケガが多く、悔しい想いをした事もありましたが、現在では押しも押されぬなでしこのエースになりました。

岩渕が出場するかしないでは勝敗の行方が変わるくらい、必要な存在です。

CHECK岩渕真奈の神戸移籍理由は?彼氏や結婚の噂を調査!プレースタイルや特徴も

長谷川唯

長谷川唯

中々世代交代が進まなかった高倉ジャパンにあって、希望と言えばこの長谷川でしょう。

優勝を決めたオーストラリア戦でも圧倒的なテクニックと非凡なサッカーセンスで大柄な選手を翻弄した姿は爽快の一言でしたね。

特徴として自由なプレイヤーという印象があり、今まで窮屈そうにプレイしたなでしこに新しい風を呼んだような気がします。

ケガがちな体調も心配ですが、万全の体調で挑めることを祈るのみですね。

違いが生み出せるプレイヤーです。

CHECK長谷川唯(サッカー)は彼氏いる?中学高校時代は?プレースタイルや評価も 

熊谷紗希

熊谷紗希

E-1での反省と言えばDFラインの混乱でした。一重に高倉監督の戦術ミスという事もありましたが、熊谷を招集できないだけでここまでやられるのかという悲壮感が漂っていましたね。

恵まれた体格を活かし空中戦、対人、危険察知能力どれをとっても一級品。

その事はヨーロッパの強豪チームリヨンで活躍している事から分かる事ですが。

また、セットプレーのキッカーとしても貴重な戦力で現代サッカーに対応できるCBなのは、クラブでボランチをやっている事もあるでしょう。

なでしこが押される場面も多く見られると思いますが、熊谷がいれば何とかなるのではなるという安心感はありますね。

CHECK熊谷紗希の彼氏や結婚の噂は?年俸やプレースタイルも!退団理由についても 

最後に

なでしこジャパンの危機は沢や宮間がいた時代との比較となっており、そこに佐々木監督という名伯楽が生み出した奇跡だったとも言えます。

当然他国もなでしこサッカーを研究した事によって勝ちづらくなる状態が続きました。アルベルタカップでの惨敗はその事を象徴しているのでは。

しかし、アジアカップでの躍進は新たなる可能性を見せてくれたようで、世代交代という鎖から解放され、ベテランの川澄を招集した事が大きなきっかけとなり、長谷川がケガから戻ってきたという事もあります。

男子でもそうですが、ベテランの力というものは侮れない事も多く、意地になっていた訳ではないですが、世界の頂点を経験した選手の経験値はかなり貴重。

今後若手やベテランを多く呼ぶと思われますが、その中からベストなチョイスをして欲しいですね。

2019年ワールドカップの優勝を期待しましょう!