イニエスタヴィッセル神戸・フォーメーション

イニエスタ選手がヴィッセル神戸に加入することで、注目されるのがポジションやフォーメーションとなります。

バルセロナ一筋でバルセロナ以外のチームでは苦戦する可能性もありますし、周りの選手が合わせられるのか?など不安もあるヴィッセル神戸。

イニエスタ選手が加入してからのフォーメーションを予想してみましたので、最後までご覧ください!

スポンサーリンク

イニエスタ加入のヴィッセル神戸のフォーメーションを予想

ヴィッセル神戸はイニエスタ選手が加入するまでのシステムは4-2-3-1でスタートすることが多く、ポドルスキ選手をワントップで起用してもなかなかいい形でポドルスキ選手がボールを受ける形を作れなかったことでポドルスキ選手は1列下がりトップ下でゲームメイク役を担っていました。

そこでイニエスタ選手がゲームメイカーとしてトップ下に入ることでポドルスキ選手がゴール前でのプレーに専念できるようになるのではないかと思います。

フォーメーション予想・4-2-3-1版

イニエスタヴィッセル神戸・フォーメーション02

というわけでシステムは前半戦の布陣を土台として、ゴールキーパーはキム・スンギュ選手

4バックは左からティーラトン選手、渡部博文選手、チョン ・ウヨン選手、高橋峻希選手

ダブルボランチは藤田直之選手、三田啓貴選手。

左サイドハーフは田中順也選手、右サイドハーフは小川慶次郎選手

トップ下はイニエスタ選手

ワントップにポドルスキ選手です。

また、4-3-3システムもヴィッセル神戸は使用する場合のフォーメーションはこのようになりました。

フォーメーション予想・4-3-3版

イニエスタヴィッセル神戸・フォーメーション01

ゴールキーパーはキム・スンギュ選手

4バックは左からティーラトン選手、渡部博文選手、チョン ・ウヨン選手、高橋峻希選手

アンカーに藤田直之選手

インサイドハーフにイニエスタ選手、三田啓貴選手。

左ウイングに田中順也選手、右ウイングに小川慶次郎選手

ワントップにポドルスキ選手。

どちらのシステムでもサイドバックとウイングが人材難でサイドの幅をもたらして中央にできたスペースをイニエスタ選手が使うというプレーがしにくいのが弱点といえますね。

とくに左サイドは本職でもないフォワードタイプの田中順也選手や渡辺千真選手が入ることが多いですがイマイチ上手くいっていないので、左サイドでの起用もチーム事情を考えるとありえるのかなと思います。

イニエスタ加入で出場機会が減りそうなのは?

イニエスタ選手が入ることでプレーする機会が減る選手も当然出てきます。

まず、外国人枠の問題ですが試合に出ることが出来るのは3人+アジア枠。

登録は5人までとなっています。

Jリーグ提携国のタイ出身のティーラトン選手は日本人扱いです。

外国人はキム・スンギュ選手、チョン・ウヨン選手、レアンドロ選手、ウエリントン選手、ポドルスキ選手の5人のうち一人は退団となります。

おそらく前半戦怪我で棒に振った2年前のJリーグ得点王レアンドロ選手を放出するでしょう。

また、試合に出られなくなる選手は8番を譲ったミッドフィールダー三田啓貴選手が一番タイプが近いので濃厚です。

また、ポドルスキ選手が役割を上記のように変更するならフォワードの大槻周平選手がポジションを失う可能性が高そうです。

イニエスタはいつから出場?

気になるイニエスタ選手のデビューですが、今シーズンは日本代表が一応ロシアワールドカップに出場する兼ね合いでワールドカップ中断期間があるので中断期間明けにデビューすることになります。

イニエスタ選手がおそらく中心としてプレーするとみられているスペイン代表がワールドカップで上位進出した場合は1,2週間隔を空けてデビューする可能性もあります。

とくにJリーグは冬にオフシーズンの春秋制でヨーロッパは夏が休みの秋春制ですから、ワールドカップ中断期間開けからプレーするとバルセロナの選手として1年プレーした後、スペイン代表としてワールドカップで1か月プレーしてヴィッセル神戸で半年プレーすることになっています。

つまり、1年半まともにオフをとれなくなってしまいますからヴィッセル神戸がどのようにコンディション調整していくのかは興味深いですね。

中断期間明けの試合は7月18日のアウェーのV・ファーレン長崎戦が最初ですが水曜日開催でアウェーにの長崎開催ですから、2018年7月22日日曜日開催のヴィッセル神戸ホームの湘南戦まで待ってデビューという形もありそうです。

長崎ファンとしては1試合目から見たいでしょうね。

イニエスタの凄さを徹底検証! 
イニエスタの年俸推移!バルセロナ時代と現在の年俸を検証! 

最後に

いかがでしたか?

今回はイニエスタ選手がヴィッセル神戸に加入した後のフォーメーションを予想してみました。

これまでJリーグが獲得してきた大物選手といえばフォルラン選手やポドルスキ選手など癖がありヨーロッパのチームだと使い勝手の悪いわがままと天才が混じったようなスーパースターが多かったですが、
イニエスタ選手はわがままなところはまるでなく得点につながるきっかけを創造することが出来る天才性を備えている選手です。

これまでの大物外国人とは違った効果をもたらしてくれるのではないかと期待しています。

イニエスタ選手は育成年代をバルサ化しようとしているヴィッセル神戸のプロジェクトに共感して、協力していくとのことなので1サッカー選手の枠を超えた影響に期待。

川崎フロンターレを日本最高のパスワークからの崩しを見せるチームに創り上げた風間八宏監督が、名古屋グランパスでうまくいかないのは中村憲剛という才能がピッチ上にあるかどうかの違いだと思います。

イニエスタ選手の才能を才能で片づけずにどうやったらイニエスタ選手のようにプレーできるかをチームメイトや育成年代まで共有することが出来ると、ボールは繋げても点は取れないというよくある日本式パスサッカーに飛躍的な向上をもたらすことができるでしょう。

イニエスタ選手のヴィッセル神戸の活躍から目が離せないですね。