白崎凌兵のプレースタイルを4つの視点から徹底解説!

スポンサーリンク

白崎凌兵

今回は2019年シーズンに清水エスパルスから鹿島アントラーズへ移籍した白崎凌兵選手の特集です。

育成年代から天才として将来を期待されていた選手で、ようやくJ1リーグでレギュラーポジションを掴んで再び注目を浴びるようになりました。

そんな白崎凌兵選手のプレースタイルを紹介していきますので最後までご覧ください。

スポンサーリンク

白崎凌兵のプレースタイル【ポジション】

白崎凌兵選手のプレースタイルを紹介していきます。

まずはプレー動画をご覧ください。

ポジションは育成年代まではフォワードかトップ下でプロ入りして以降はサイドハーフへポジションを移していきました。
2018シーズンはボランチを主戦場に変えていてプレーの幅が広がっています。

元々攻撃センスの高さに定評があった選手だけにボランチ、サイドハーフとしてプレーすることには本人も抵抗はあるようで

「やっぱり前にいる方が、ボールに触れる回数も違うし、ゴールに直結するプレーも格段に増えるので、より自分のストロングポイントを示せる。いつかはトップ下で、という想いは常に持っています」

とコメントしています。

やはり高校ナンバーワンの天才と呼ばれていた選手ですから、守備的な仕事をするのは抵抗があったでしょう。

プロとなってからチームのために走る、守備をするといった献身性を身に着けた白崎凌平選手ですが、持ち前の攻撃センスや思い切りの良さは失ってほしくないですね。

白崎凌兵のプレースタイル【身体能力】

身長は181㎝でスピードがあり、豊富な運動量を持ちフィジカルコンタクトにも強さを見せるので身体能力的には弱点がない選手です。

2018年Jリーグ第11節 柏レイソル戦では走行距離が12.685km でチーム1位となっています。
10~11キロが平均なのでこの数値は素晴らしいですね。

相手とボールの間に身体を入れて踏ん張る力があるので、ドリブルのキープ力とボールを奪う能力に繋がっていますね。

姿勢が良く、ボールを身体に近い位置でコントロールするうえで足が長いので、相手とボールの距離は遠く、自分とボールの距離は近いのでボールを奪われにくいという特徴を持ちます。

また、姿勢が良くて視野が広いのもボランチとしてプレーできる資質に繋がっています。

白崎凌兵のプレースタイル【攻撃面】

白崎凌兵選手はドリブルでのキープ力、推進力が高いのが特徴ですね。

スポンサーリンク

ドリブルしながらもヘッドダウンせずに周りが見えているので、他の選手の使い方もうまく、コンビネーションを駆使してディフェンスラインを突破するシーンも多いです。

また、スルーパスのセンスもあり、ミドルシュートも強烈です。

プレースタイルが近いのは元ブラジル代表のカカ選手でしょうか。

ポジションがプロ入りしてから変化していったのは、現代サッカーでは全体の陣形がコンパクトになり中盤はスペースが狭くなっていったのでトップ下のドリブラーというプレースタイルは変わらざるを得なかったからなのでしょう。

ドリブルとパスセンスを持ったトップ下がボランチにコンバートするという意味では長谷部誠選手と同じ道を辿っていますね。

左サイドハーフでプレーするようになってからはカットインドリブルを武器としています。

ボランチではドリブルでボールをキープして前方へ運ぶ能力が評価されていますね。

中盤で「タメ」を作ることが出来るボランチですね。

鹿島アントラーズに移籍するという話を聞いた清水エスパルスのヨンソン監督はフロントに残留を強く希望して契約を見直すように指示したと報じられていますので、ボランチにコンバートさせたヨンソン監督は白崎凌兵選手のことを高く評価していたことが分かります。

白崎凌兵のプレースタイル【守備面】

白崎凌平選手はボール奪取能力が高いですね。
サッカーのデータを扱うfootballlabというサイトではJ1でボール奪取に関するポイントが全体の40位となっています。

Playing Styleは

決定力6
シュート力8
パスレスポンス力6
パスチャンス力8
クロスチャンス力7
ドリブルチャンス力5
ビルドアップ力7
敵陣空中戦力6
自陣空中戦力6
守備力7
ボール奪取力10

となっていてやはりボールを奪う力が高い選手というデータが出ていますね。

ボール奪取能力にはスピードに乗った状態で止まる、方向転換するボディコントロール力が必要とよくいわれますが、ドリブラーの白崎凌平選手はこの能力が高いのでしょう。

また、身長が181㎝で高さにも不安が無いですし、ヨンソン監督の下でゾーンディフェンスのポジショニングを鍛えられているのでもともと持っていた守備でのポテンシャルがボランチで発揮されるようになっています。

最後に

いかがでしたか?

今回は白崎凌平選手のプレースタイルの特集でした。

適性ポジションがよく分からない万能型の選手ですが、個人的にはインサイドハーフが最も適していると思います。

鹿島アントラーズではポジションを含めてどのようなプレーを見せてくれるのか楽しみですね。

Similar Posts:

    None Found

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました