Jリーグ移籍情報2019【松本山雅FCの補強と退団の噂】

スポンサーリンク

松本山雅FC移籍情報2019

Jリーグ移籍情報2019!

今回は2019シーズンに向けた松本山雅FCの移籍情報を補強と退団の噂を中心にまとめてみました。

2018年シーズンJ2初優勝から4年ぶりの昇格を決めた松本山雅FC。

ロングボールとカウンターアタックが得意でJ1にはなかなかないスタイルで反町康治監督のもと残留を目指すシーズンとなるでしょう。

松本山雅FCはJ2では通用してもJ1では壁に跳ね返されてきたので、一貫したチームスタイルをさらにJ1水準にアップデートしたいところで、そのためには補強が必要となりますので最後までご覧ください!

スポンサーリンク

松本山雅FCの補強ポイント

松本山雅FCの補強ポイントはシャドー以外すべてのポジションといっていいでしょう。

とくに得点に直結するセンターフォワード、ゴールキーパーの補強はJ1で戦ううえでは必須といえると思います。

身体能力が高く、得点力があるセンターフォワードが必要でここに外国人フォワードを持ってくるのも良いでしょう。

ゴールキーパーはディフェンスラインが低いチーム戦術なので高さとミドルシュートに強いゴールキーパーを獲得できると心強いですね。正ゴールキーパーの守田達弥選手はJ2では活躍できましたが、J1では弱点になる可能性があるかなと思います。

また、センターバック、ボランチ、ウイングバックも選手層が薄いですしもうワンランク上の選手が欲しいところ。

岩間雄大選手が抜けたボランチは安定感のある選手が欲しいですね。

また、外国人枠が空いていないので、戦力になっていない外国人選手を放出して、新しい外国人選手を獲得する必要がありますね。

松本山雅FC移籍情報2019【補強の噂】

松本山雅FCの2019年シーズンへ向けた補強の噂と確定情報を紹介していきます!

町田也真人

確定

ジェフ千葉のトップ下を獲得に成功。

トップ下の位置で創造性を発揮できる選手で直線的な攻撃をする松本山雅FCのサッカーに予測不能のアイデアを加えることで変化を加えられる貴重な存在。

反町康治監督はフロントに補強リクエストをするタイプの監督なのでJ2でスカウティングしている際に気に入った選手でしょうから、外れという結果にはならないと思います。

2018年シーズンの松本山雅FCにはいなかったタイプなので、多くのお金をかけずに攻撃の変化を加えられるという意味では面白い補強ですね。

スポンサーリンク

松本山雅FCは反町康治監督のもとで司令塔タイプの工藤浩平選手を獲得して攻撃にアクセントを加えることに成功していますので、町田也真人選手にも同じことをしてほしいはず。

ウエリントン

ヴィッセル神戸で外国人枠の問題で放出が決定的となっているウエリントン選手はハイボール中心の戦術であればJ1で活躍できることは証明済み。

古巣の湘南ベルマーレと松本山雅FCが獲得するのでは?と噂になっていますが、報道では何も情報はないですね。

もしかすると、ここ数年で乱闘騒ぎを起こしたり、暴力的な態度を取ることが多くなったウエリントン選手の獲得に各チーム二の足を踏んでいる可能性もあります。

松本山雅FCは多少問題があってもリスク承知で獲得に行くギャンブルに行く姿勢がないと、事なかれ主義の補強では残留できないと思うので、取りに行った方が良い気がしますが。

松本山雅FC移籍情報2019【退団の噂】

松本山雅FCの2019年シーズンへ向けた退団の噂と確定情報を紹介していきます!

三島康平

確定
ロアッソ熊本に移籍が確定しています。

2015年、2016年にJ2の水戸ホーリーホックで得点を量産して松本山雅FCに鳴り物入りで加入しましたが、活躍することは出来ずに退団となりました。

期待の日本人ストライカーでしたが、三島康平選手の補強が外れたことが2017年シーズンの低迷にもつながっていたと思うので、パワーと高さ、運動量がある点取り屋を確保できるかどうかは松本山雅FCの今後を占うポイントとなりそうですね。

前田大然

東京オリンピックを目指す日本代表で評価を上げている快速フォワードです。

日本代表での活躍で海外クラブからも目をつけられている前田大然選手はいまだに契約延長の報道はありません。

J1の他クラブからオファーがあって当然のクラスの選手ですし松本山雅FCで戦術的にフィットしていたとは言い難いので移籍しても驚きはありません。

前田選手のスピードは松本山雅FCにとってJ1で確実に武器になる唯一の個の力といっていいでしょうから、流出は避けたいところです。

松本山雅FC移籍情報2019のまとめ

いかがでしたか?

今回は松本山雅FCの2019年シーズンに向けた移籍市場の動きをお伝えしました。

おとなしいオフでの動きとなっていますが、これまでのところ大きな戦力流出もありませんし、このまま外国籍選手で良い補強が出来ると注文通りといえる補強で来シーズンを迎えることが出来るでしょう!

J2で猛威を振るう反町康治監督のサッカーはJ1で通用しないというジンクスを破ることに期待したいですね。

Similar Posts:

    None Found

スポンサーリンク

コメント

  1. KHパパ より:

    「2018年シーズンはJ2で2位となって昇格を決めた松本山雅FC。」
    いやいや、優勝してるし!
    修正して下さい!!

    • サッカープレイヤーズドットコム より:

      失礼しました!
      修正しております
      ご指摘ありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました