大分トリニータ移籍情報2019

Jリーグ移籍情報2019!

今回は2019シーズンに向けた大分トリニータの移籍情報を補強と退団の噂を中心にまとめてみました。

片野坂監督の続投が決まり、J2を席巻した攻撃的サッカーがJ1でどこまで通じるのかが注目されている大分トリニータは残留を目指すシーズンが始まりますね。

資金的に恵まれたチームではないので効率的な補強が求められます。

降格候補と見られることもありますが、J2で優勝したチームが翌年に降格することは今までにないので大分トリニータにも残留の可能性は少なからずあると思いますので最後までご覧ください!

スポンサーリンク

大分トリニータの補強ポイント

大分トリニータの補強ポイントはまず主力クラスを全員残留させることです。

J1に昇格しても昇格の立役者が流出してしまうケースは降格する典型的なパターンですので、避けたいですね。

主力クラスを引き留めてから、さらに補強ポイントとなる部分はセンターフォワード、シャドー、左ウイングバック、センターバックです。

得点源である10番藤本憲明選手の起用方法が定まっておらず前線のワントップ、ツーシャドーに軸となり得るタレントが欲しいですね。

あとはセンターバックの頭数が足りないと思いますので補強が必要でしょう。

センターバックとボランチはボランチをディフェンスラインを下ろしてウイングバックを高い位置に置く変則型のフォーメーションに適した人材を獲得する必要があり、フロントのセンスが問われますね。

さらに左ウイングバックにドリブラーが一人補強できると攻撃の幅が広がりそうです。

大分トリニータ移籍情報2019【補強の噂】

大分トリニータの2019年の移籍の噂と確定情報を紹介していきます。

伊藤涼太郎

補強確定
水戸ホーリーホックでついに才能を覚醒させたドリブラーです。

浦和レッズの至宝と呼ばれながらも活躍できずにいた伊藤涼太郎選手は水戸ホーリーホックで本来の攻撃的なポジションで起用されてシーズンを通して活躍しました。

大分トリニータではシャドーで起用されることが濃厚。

前線にドリブラーが不在だったので、ピンポイント補強といえそうですが、期限付き移籍での獲得なので活躍しても翌シーズンは浦和レッズに帰る可能性が高いですね。

オナイウ阿道

補強確定

レノファ山口で得点を量産して、こちらもついに才能を覚醒させたリオデジャネイロオリンピック日本代表候補だったオナイウ阿道選手を獲得。

センターフォワードでの起用が濃厚で前線に高さとスピードを加えることに成功。

J1ではゲームの主導権を握れないゲームが続く可能性が高く、カウンターアタックでチャンスメイクできる選手の獲得の必要性があったと思いますから、良い選手が取れたと思います。

ただし、伊藤選手と同様に浦和レッズからのレンタル移籍なので活躍しても次のシーズンに居るかどうかは定かではないですね。

小林成豪

モンテディオ山形から完全移籍で獲得しました。

おそらく移籍金がかからないフリー移籍での獲得で、うまい買い物をした印象ですね。

モンテディオ山形では中盤のチャンスメーカーとしてJ2でも目立った活躍をしていましたし、J2の良い選手を獲得するという意味では昇格チームのメリットを最大限生かしているといえそうですね。

スポンサーリンク

大分トリニータ移籍情報2019【退団の噂】

大分トリニータの2019年の退団の噂を紹介していきます。

後藤優介

フォワードでレギュラークラスとして活躍してきた後藤優介選手ですが、現在まで契約延長の報道はありません。

藤本憲明選手が後半戦はエースという印象でしたし、後藤選手は立ち位置として難しい状況にあるのは確かですし、他のチームからも目をつけられるのは仕方ないですが、移籍してしまうと計算できる貴重なフォワードを失うこととなります。

宮坂政樹

大分トリニータで昨シーズン前半戦に好調の要因となっていたボランチの宮坂選手は後方からの長距離パスとセットプレーのキッカーとして計算できる戦力でしたが、後半戦はベンチスタートが多くなり、現在まで契約延長の報道はありません。

J1でも宮坂選手のキック精度は武器になり得るでしょうし、オナイウ阿道選手というターゲットも獲得できたので流出となると地味に痛い選手かなと思いますね。

大分トリニータ移籍情報2019のまとめ

いかがでしたか?

今回は大分トリニータの2019年シーズンに向けた移籍の噂をまとめてみました。

限られた予算の中で2019年はとにかく残留したいという方向性のようですが、期限付き移籍での獲得が多いので2020年シーズンに問題を先送りにしているという懸念もありますね。

ただし、大分トリニータの現状から考えるととにかく残留することに比重を置くのは仕方がないといえるでしょうし、昇格を果たした年にギャンブルを仕掛けるのは間違った判断ではないでしょう。

リスクを取ったフロントの判断が吉と出るか凶と出るか注目です!