ガンバ大阪移籍情報2019

Jリーグ移籍情報2019!

今回は2019シーズンに向けたガンバ大阪の移籍情報を補強と退団の噂を中心にまとめてみました

宮本恒靖監督が就任してから降格圏内からv字回復した2018年シーズンを経て宮本恒靖監督が初めてキャンプからチームを指揮するシーズンが始まります。

2019年はどのような陣容になるのか?

最後までご覧ください。

スポンサーリンク

ガンバ大阪2019の補強ポイント

ガンバ大阪の2019年シーズンへ向けた補強ポイントは、主力が放出されなければとくに穴はないですね。

移籍が噂されていたファン・ウィジョ選手が残留を表明したので来季も基本的には同じ顔ぶれとなりオフの動きは少なくて済みそうです。

遠藤保仁選手、今野泰幸選手が高齢なので控えの若手ボランチが欲しいですが、ガンバ大阪は実力のある若手選手は多くいるので自チームで育成すれば問題ないでしょう。

センターバックのファビオ選手が放出されるという報道も出ているので、その場合は代わりとなる選手は必要となるでしょうが、そのくらいですかね。

優秀な若手選手がいるので、個人的には補強はあまりしてほしくないです。

ガンバ大阪移籍情報2019【補強の噂】

ガンバ大阪2019の補強の噂をまとめていきます。

奈良竜樹

川崎フロンターレのセンターバックをリストアップしているようです。

川崎フロンターレではレギュラーポジションを掴んでいるとは言い難いですが、センターバックとして2~3番手の選手ですので放出する理由はあまりないですね。

対人守備能力ではJリーグ屈指の強さを誇る選手で同じセンターバックとして宮本恒靖監督の指導を受けたい気持ちもあるかもしれませんが、あまり現実的ではないかなと感じます。

田中達也

J2熊本で評価を高めたドリブラーの獲得に動いています。

主に右ウイングバックでプレーします。

ガンバ大阪は4バックをメインにしますので、ウイングバックのポジションがないため使いにくい部分もあるかもしれません。

J2の中では目立った活躍をしていた選手で他のチームと競り合う可能性が高いのですんなり決まるとは思えないですね。

J1でもプレーできる実力者でしょうが、ガンバ大阪に合っているかは疑問もあります。

キム・ヨンゴォン

FC東京、大宮アルディージャでプレーして現在は中国スーパーリーグ広州恒大に所属しているキム・ヨンゴォン選手は広州で外国人登録枠の関係で登録メンバーから外されていて移籍金なしで獲得できる状況です。

ロシアワールドカップでもプレーした28歳・187㎝・左利きのセンターバックには当然Jリーグから熱視線が注がれていてガンバ大阪以外からもオファーがあることは容易に想像できますね。

アジアを代表するセンターバックですから、もし獲得に成功したら大きな戦力になるでしょう。

同じ韓国人のオ・ジェソク選手、ファン・ウィジョ選手の残留が決定していることも好条件ですね。

矢島慎也

ベガルタ仙台にレンタル移籍で所属していましたが来シーズンは復帰する模様です。

サイドハーフでの起用が主になりそうです。

リオデジャネイロオリンピック世代の日本代表では中心選手でしたが、ベガルタ仙台でも活躍できたとは言い難いですね。

両サイドハーフに加えてボランチも出来るのでベンチにいてくれるのは有難いですが、レギュラーポジションを奪うのは難しそうという位置づけです。

伸び悩み中だと思うのでなんとかきっかけをつかんでほしい!

スポンサーリンク

ガンバ大阪移籍情報2019【退団の噂】

ガンバ大阪の2019の退団の噂をまとめてみました。

ファビオ

ブラジル人センターバックは今季のパフォーマンスが期待された水準には達しなかったのか退団の可能性があるようです。

ファビオ選手は今シーズン調子は悪かったと思いますが、ファビオ選手以上の選手がサブにいたとわけでもないのでファビオ選手以上のセンターバックを獲得できる自身があるのでしょうか。

日本でのプレー経験も豊富ですし良い選手だと思うんですが・・・。

米倉恒貴

右サイドバックでオ・ジェソク選手の2番手に甘んじていた米倉恒貴選手も退団の噂が出ていますね。

ベテランの域に入っていますし、他のチームからのオファーもあるでしょうから無理に引き留める理由もガンバ大阪からすると無いですね。

若手選手を育てたいところ。

初瀬亮

東京オリンピック世代で両サイドバックをこなす初瀬亮選手はほとんど出場機会が与えられませんでした。

両サイドバックをこなすことができるユーティリティ性からオフの移籍市場では注目の銘柄となりそうですが、ガンバ大阪からするとサブにはいてほしい選手だと思います。

初瀬亮の出身中学や高校時代は?彼女いる?プレースタイルや評価も 

ガンバ大阪移籍情報2019のまとめ

いかがでしたか。

今回は2019シーズンのガンバ大阪の移籍の動きをまとめてみました。

ガンバ大阪は遠藤保仁選手、今野泰幸選手の代わりが出てこないところが問題なので、この二人が好調なうちに代わりの選手を見つけていきたいですね。

来年にかぎっては大きな問題はなさそうです。

宮本恒靖監督の手腕が本物か試されるシーズンとなりそうです。