クラブワールドカップ2018・注目選手

クラブワールドカップ2018!

今回はFIFAクラブワールドカップ2018に出場するチームから注目される選手をまとめてみました。

南米代表は暴動事件などで出場チームが未定となっていますが、ボカ・ジュニアーズもリーベル・プレートも名門中の名門。世界トップクラスの選手が集うことは間違いなしです。

そんなわけで、クラブワールドカップ2018の注目選手をご覧ください

※南米代表のボカ・ジュニアーズ、リーベル・プレートのどちらかの選手は不参加となります。

スポンサーリンク

マルクス・ベリ(アル・アイン)

クラブワールドカップ2018・注目選手・マルクス・ベリ

1986年生まれ。スウェーデン代表。

ズラタン・イブラヒモビッチがいなくなった後のスウェーデン代表において、抜群の得点力を発揮し、W杯出場に大きく貢献したストライカーです。

昨年、アル・アインに加入し、1試合1ゴール以上のペースでゴールを量産。世界レベルの決定力が番狂わせを起こす可能性は低くありません。

セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)

クラブワールドカップ2018・注目選手・セルヒオ・ラモス

1986年生まれ。スペイン代表。

最終ラインからチームを統率するレアル・マドリードのキャプテン。

狡猾な南米のアタッカーでさえ、彼の激しいDFの前に潰されていくのでしょうか。

ATの同点弾、決勝弾などの実績があるので、試合終盤の勝負強さにも注目です。

モドリッチ(レアル・マドリード)

クラブワールドカップ2018・注目選手・モドリッチ

1985年生まれ。クロアチア代表。

2018W杯ロシア大会において、チームを準優勝に導くとともに、最優秀選手賞を受賞。

レアル・マドリードでは主力としてCL3連覇に貢献。今年のバロンドール最有力候補と言われています。

世界一の評価を受ける司令塔のプレーに酔いしれましょう。

モドリッチのプレースタイルは?嫁や子供にラキティッチとの仲についても 

ベイル(レアル・マドリード)

クラブワールドカップ2018・注目選手・ベイル

1989年生まれ。ウェールズ代表。

CL決勝の舞台で、途中出場ながら2得点を奪い、チームの3連覇に貢献。それもバイシクルシュートに、無回転シュートと抜群のインパクトを与えました。

試合の大半において消えていても、突然スーパープレイを見せるタイプなので、片時も目を離せません。

三竿健斗(鹿島アントラーズ)

クラブワールドカップ2018・注目選手・三竿健斗

1996年生まれ。日本代表。

日本代表にも定着しつつある期待の大型ボランチ。

持ち前の激しいDF、仕掛けのパスが世界トップレベル相手にどこまで通用するのか楽しみですね。

2年前にレアル・マドリード相手にインパクトを残した柴崎岳のように世界へ羽ばたくきっかけとしてほしいところです。

三竿健斗の彼女は?帰国子女で英語ペラペラ?兄とスパイクに一発芸も調査 

鈴木優磨(鹿島アントラーズ)

クラブワールドカップ2018・注目選手・鈴木優磨

1996年生まれ。日本代表。

アジアCLでは大会MVPに選ばれ、怪我で辞退となったものの森保ジャパンにも選出されました。

技術だけでなく、気持ちの強さを前面に押し出すハードワークタイプのFW。

成長著しい新世代のストライカーが、世界の強豪相手に魂のこもったプレーを見せてくれるのが楽しみです。

パボン(ボカ・ジュニアーズ※CWC出場未定)

クラブワールドカップ2018・注目選手・パボン

1996年生まれ。アルゼンチン代表。

2018年W杯ロシア大会において、低調なパフォーマンスに終わったアルゼンチン代表において、可能性を感じさせた数少ない選手。

抜群のスピードとドリブルを武器にサイドを切り裂くアタッカーです。

ボールを持つとワクワクさせてくれる南米らしさが最大の魅力。

テベス(ボカ・ジュニアーズ※CWC出場未定)

クラブワールドカップ2018・注目選手・テベス

1984年生まれ。元アルゼンチン代表。

年齢的にキャリアの終盤に差し掛かっているものの、マンチェスター・ユナイテッドやシティ、ユヴェントスなど欧州のビッククラブで大活躍した彼には自然と期待してしまいますね。

世界のトップで培った経験を武器に勝負どころを嗅ぎ分け、決定的な仕事をしてくれることでしょう。

キンテロ(リーベル・プレート※CWC出場未定)

クラブワールドカップ2018・注目選手・キンテロ

1993年生まれ。コロンビア代表。

ハメス・ロドリゲスと並ぶ天才としてコロンビアで期待を受けてきたキンテロ。

2018W杯ロシア大会日本戦においてFKを決めた選手として記憶に新しいですね。

あの時のキックにも才能の片鱗を感じましたが、いま一度世界に真の実力を見せつけ、欧州復帰を果たせるでしょうか。

パラシオス(リーベル・プレート※CWC出場未定)

クラブワールドカップ2018・注目選手・パラシオス

1998年生まれ。アルゼンチン代表。

レアル・マドリードへ26億円で移籍することが決まった20歳のアタッカー。ボール奪取もうまく、推進力、パスセンスにも優れる万能タイプの選手です。

これから世界に名が知れ渡っていくアルゼンチン期待の若手。世界を驚かす今大会最注目の選手と言えそうです。

クラブワールドカップ2018の全試合をネット中継で見るには?

クラブワールドカップ2018の全試合をネット中継で見る方法! 

最後に

いかがでしょうか。

欧州王者レアル・マドリード、鹿島アントラーズはもちろん、アルゼンチン期待の若手や日本に縁のある選手など見どころ満載の大会となりそうですね。

とくに鹿島アントラーズとレアル・マドリードの2016年以来の対戦を楽しみにしてるファンも多いはず。

モドリッチ選手など、スター選手も見れるのも楽しみですが、アントラーズの優勝を期待したいですね。