北川航也

今回は清水エスパルスの北川航也選手の特集です。

日本代表に招集された天才とも称される点取り屋についてまとめてみました。

彼女と噂される楓さんという存在や中学高校時代、プレースタイルを紹介していきますので最後までご覧ください。

スポンサーリンク

北川航也は彼女いる?楓って誰?

それでは、北川航也選手の彼女についてまとめてみます!

北川航也選手の彼女について検索すると楓という名前が関連ワードとして調べられているんですが、結論から言うと北川航也選手とこの楓さんという女性との関係は不明です。

すでに結婚していて結婚相手の名前が楓なのでは?という情報もありましたが真相は謎です。

彼女に関する情報は見つかりませんでしたが、火のないところに煙はたたないといわれますから楓という女性と北川航也選手は何かしらの接点はあるのではないでしょうか?

楓さんとの関係が分かる方がいたらご一報ください!

中学高校はどこ?

北川航也選手の出身中学は静岡市立大里中学校

出身高校は静岡県立駿河総合高校

ですが、学校の部活には所属せずに清水エスパルスの下部組織からそのまま昇格し続けてプロ契約にまで至ったエリートですね。

サッカー王国静岡のなかでも北川航也選手の名前は同世代のサッカーをやっていた選手のなかでは知らない人がいないというほどの才能の持ち主として有名で学生時代から世代別日本代表の常連でもありました。

学生時代は独善的といわれていて個人技で勝負するタイプの選手だったようです。

世代別の日本代表時代のプレーを見た個人的な印象としては、相手ディフェンダーの背後を取ってゴールに直結するプレーに集中していた印象です。

当時からシュートセンスとディフェンスラインの背後への飛び出しは抜群のセンスを感じたのは覚えていますね。

若手時代に個人技を鍛えて徐々に通用しなくなって周りとの連携を覚えていくという成長曲線は才能豊かな攻撃的な選手にはありがちですね。

プレースタイル

それでは、北川航也選手のプレースタイルを紹介していきます。

まずはゴール集をご覧ください!


身体能力の特徴としては

・スピード
・身長180㎝の高さ
・ボディバランス

が挙げられます。

瞬間的なスピードに優れ、ボールへの反応速度も速いですね。

また、体勢が崩れてもすぐに立て直せるボディバランスの良さも魅力的です。

最近では毎日、体幹トレーニングを欠かしていないということで1年程度体幹トレーニングを続けるとサッカーにおいて目に見える効果が出てくるといわれていますから2018年に得点数が大幅に増加したのは体幹トレーニングの成果といえるかもしれません。

ゴール前で多少相手に競られたりしても倒れないですし、シュートをファーサイドに体をひねりながら決めるシーンが増えたのも体の軸がしっかりしたからといえるでしょう。

ファーサイドにシュートを打てるとゴールキーパーにはじかれてもこぼれ球でゴールチャンスを演出出来るので、ファーサイドに打つという基本のシュートの型がしっかりしてきたので、意表を突いたシュートを打つようなゴール前での落ち着きを得られるようになったと思いますね。

攻撃面での特徴は

・左右両足を器用に使える
・シュート力
・キーパーのタイミングを外す駆け引き
・シュート精度
・ドリブル突破
・背後のスペースへの抜け出し
・センタリングへの飛び込み

などが挙げられるでしょう。

得点を取るために必要な能力はすべて兼ね備えているといえます。

つま先やかかとまで使ってゴールキーパーのタイミングを外してシュートを打つ感性を見ると天性のストライカーだと感じますが、日本代表レベルに行くとずば抜けた個性があるわけでもないので、得点という結果を出し続けるしかないかなと思います。

個人的にはディフェンスラインの背後を狙うワンタッチゴールを極めていくことが日本代表への定着とさらに得点を重ねる道かなと感じます。

また、ポストプレーと周りの選手との連携がプロになってから改善されて特にドウグラス選手との相性は抜群ですね。

ドウグラス選手のように身体を張って前線でキープできるポストプレーヤーとツートップを組むとムービングストライカーとしての北川航也選手の才能が引き立つんだろうと思いますし、日本代表でも大迫勇也選手とは良い関係が出来るのではないでしょうか。

守備面での特徴は

・ゾーンディフェンスの理解力

が挙げられます。

清水エスパルスがゾーンディフェンスを採用していることから立ち位置でボランチへのコースを切ることが出来ますが、日本代表では前線からのプレッシングも求められますので、パスコースを背中で切りながらもボールホルダーへプレッシングをかけていく守備が出来るようになると、さらに計算できる選手になるでしょう。

守備面での貢献はプロになってから飛躍的に向上していますので、今後の成長に期待したいですね。

最後に

いかがでしたか?

今回は清水エスパルスの北川航也選手の特集でした。

シュートセンスや得点嗅覚のあるポジショニングはなかなか教えることが出来ない感覚的なものでトレーニングを重ねて出来るようになるものでもないので、そういった才能を持っている北川航也選手から目が離せません!