Jリーグベストイレブン予想2018

Jリーグベストイレブン予想2018!

今回は2018年のJリーグベストイレブンを予想していきます。

Jリーグ2018も終盤に入ってきましたが、ベストイレブンをイメージしてるサポーターも多いのではないでしょうか。

2018シーズンは誰が選ばれるんでしょうね。

というわけで、2018年Jリーグベストイレブンの予想と候補選手について取り上げてみましたのでご覧ください!

スポンサーリンク

Jリーグベストイレブン2018【候補者】

ベストイレブンの選考方法は、事前にJリーグの監督・選手が投票して優秀選手賞を選出して優秀選手賞から選考委員がベストの11人を決定します。

これまで、ベストイレブンの選出には優秀選手賞の投票数を尊重して選考しており、それでも決まらない場合のみ選考委員が決めるというのが大まかな流れなのでベストイレブンはJリーグの監督、選手から票を取った選手が基本的には選出されます。

それでは、ベストイレブン候補を予想してみました。

GK

チョンソンリョン
クォン・スンテ
林卓人
東口順昭

失点数の少ない川崎フロンターレ、サンフレッチェ広島の守護神チョンソンリョン選手と林卓人選手は数字を残していますので有力候補ですね。

そのほか、ビッグセーブが多かった印象があるのはクォン・スンテ選手、東口順昭選手です。

上位チームはシュートを受ける機会が少ないという側面もあるので、失点数が少ないことがゴールキーパーの評価に直接つながるわけではないのが評価のむずかしいところ。

DF

谷口彰悟
エウシーニョ
福森晃斗
佐々木翔
三浦弦太
車屋紳太郎

川崎フロンターレの車屋紳太郎選手、谷口彰悟選手、エウシーニョ選手の3人はチームの失点数が少ないですし、ビルドアップ能力も高いので有力候補ですね。

他にはセットプレーのキッカーとして存在感を発揮した福森晃斗選手、日本代表に選出された佐々木翔選手、三浦弦太選手も注目を集めましたから。

ロシアワールドカップで活躍した昌子源選手は後半戦、怪我で棒に振っているので選出されないでしょう。

福森晃斗の嫁と子供は?日本代表クラス?年俸やプレースタイルについても
三浦弦太が日本代表で評価は?藤浪晋太郎と同級生でプレースタイルについても 
車屋紳太郎のプレースタイル!嫁と子供は?日本代表招集についても 

MF

青山敏弘
三竿健斗
大島僚太
中村憲剛
チャナティップ
家長昭博
ガブリエル・シャビエル

優勝争いをしている川崎フロンターレとサンフレッチェ広島の中心である青山敏弘選手、大島僚太選手、中村憲剛選手、家長昭博選手はベストイレブン有力候補です。

また個人能力で印象的な活躍をしていたのはコンサドーレ札幌のチャナティップ選手、名古屋グランパスのガブリエル・シャビエル選手。

日本代表に選出された鹿島アントラーズ、三竿健斗選手もシーズン通して安定したパフォーマンスを披露しています。

青山敏弘のプレースタイルを徹底解説!3つの観点から考察!
大島僚太の彼女や結婚の噂は?プレースタイルや年俸に代表についても 
チャナティップの彼女は?札幌の評価や年俸は?プレースタイルについても 

FW

ジョー
興梠慎三
小林悠
ファン・ウィジョ
パトリック

フォワードは得点ランキング上位5人から選出されると見て間違いないと思います。

前半戦のパトリック選手、後半戦のジョー選手、ファン・ウィジョ選手は爆発力がありました。

日本人得点ランキングトップの小林悠選手は決定機を外すことも多いですし、川崎フロンターレはチームとしてチャンス数が多いので評価が分かれそうです。

興梠慎三選手は不調の浦和レッズを上位でキープさせたという意味で貢献が大きいですね。

スポンサーリンク

Jリーグベストイレブン予想2018

それでは、Jリーグのベストイレブン2018を予想していきます!

GK

東口順昭

一時は降格圏内に低迷したガンバ大阪の中で最後の砦として安定したシュートセーブを続けました。

低迷したチームの中でメンタル的にも安定していたところに成長がうかがえます。

森保JAPANとなってから1stキーパーとして起用されていることも充実したシーズンであったことを証明していますね。

DF

谷口彰悟
車屋紳太郎
エウシーニョ
佐々木翔

失点数が少なくビルドアップ能力も高い川崎フロンターレから3人選出しました。

ボールを繋ぐだけではなく攻撃のスイッチを入れることが出来るという意味で川崎フロンターレの3人は素晴らしいと思います。

また、日本代表に選出されて選手層が少ない左サイドバックで新境地を開いた佐々木翔選手も日本代表に選出されてからさらに積極性が攻守に増した印象を受けます。

MF

青山敏弘
中村憲剛
チャナティップ
家長昭博

サンフレッチェ広島、川崎フロンターレの象徴に近い存在となっている青山敏弘選手、中村憲剛選手が選出されるのはほぼ決まりでしょう。

川崎フロンターレで得点機会を数多く演出して攻撃に「違い」をつくった家長昭博選手。

コンサドーレ札幌を上位に導いた「タイのメッシ」チャナティップ選手の活躍はインパクト十分だったので票が集まると予想します。

もし、受賞となると東南アジア出身選手として初めてとなります。

FW

パトリック
小林悠

前半戦サンフレッチェ広島を独走に導く原動力となったパトリック選手は日本国籍取得の意思を示していますし、ベストイレブンに選出された実績が国籍取得の際にプラスにはたらくと良いですね。

小林悠選手は得点を決めるプレー以外でのチームへの貢献度が高く玄人受けするタイプなので選手、監督の投票では票を獲得するのではないでしょうか?

最後に

いかがでしたか?

今回はJリーグベストイレブン2018の予想特集でした。

イニエスタ選手が入ってこなさそうなところにJリーグの全体的なレベルの向上が見て取れます。

来シーズンはイニエスタ選手、フェルナンド・トーレス選手もシーズンはじめから活躍してくれるでしょうし、Jリーグに慣れたスター選手のプレーにも注目です!