Jリーグ2018・MVP予想

今回は2018シーズンのJリーグのMVP特集!

JリーグのMVPのシステムは選手が投票することと優勝チームから選ばれる確率が高くなっているのが特徴です。

昨シーズンは優勝した川崎フロンターレの小林悠選手が受賞しています。

これまでの2018年シーズンのJリーグでのパフォーマンスを見てMVPに相応しい活躍をしている選手を紹介!

そして、2018シーズンのJリーグのMVPを予想していましたので最後までご覧ください!

スポンサーリンク

Jリーグ2018MVP候補・青山敏弘

Jリーグ2018・MVP01

首位独走中のサンフレッチェ広島の心臓です。

ある程度低い位置からコンパクトに陣形を整えて密度の高いプレッシャーをかけて守るサンフレッチェ広島の戦術では、ボールを奪った後のパスの出しどころに困る傾向にあります。

青山敏弘選手は狭いエリアでもボールを受けて攻撃に展開出来る視野の広さとレンジの長いパス精度があり、最前線のパトリック選手を裏へ走らせるパスで何度もチャンスを演出しています。

サイドに圧縮してプレッシャーをかけて奪ったあとは同サイドで攻めるサンフレッチェ広島の前半戦の戦術では、縦パスを供給出来る青山敏弘選手の存在は戦術的になくてはならないものでしたし、後半戦は逆サイドも使ってピッチを横幅広く使って攻める戦術の中で青山敏弘選手のサイドチェンジが効いていましたね。

間違いなくJリーグ2018のMVP候補でしょう。

Jリーグ2018MVP候補・パトリック

Jリーグ2018・MVP02

同じく首位独走中のサンフレッチェ広島のエースストライカーで得点ランキングでも首位を独走中。

カウンターアタックとサイド攻撃主体のサンフレッチェ広島のサッカーにおいて、運動量があり裏のスペースに走ることが出来てセンタリングからヘディングで得点出来るパトリック選手は戦術的にも完全にフィットしましたね。

スピードと運動量、パワー、高さがあって戦術的に動けて得点も取れるという敵に回したら厄介極まりない選手。

サンフレッチェ広島のサッカーは戦術的にも整備されたものでしたが、首位を独走するような選手層では無いので、青山敏弘選手とパトリック選手の個人能力がチーム戦術にフィットしたことが原動力となっていると思うので パトリック選手も有力候補といえるでしょう!

Jリーグ2018MVP候補・大島僚太

Jリーグ2018・MVP03

川崎フロンターレの10番として攻守に中心選手として活躍しています。

持ち前のテクニックとパスセンスでチームの攻撃を牽引していく姿を見る限り中村憲剛選手に頼っているところは無くなっていてメンタル的にも一皮剥けた印象を受けます。

完全に大島選手が攻撃を仕切っているので中村憲剛選手や小林悠選手がボールの受け手としてより高い位置でプレー出来る好循環も生んでいます。

守備でも読みの鋭さでインターセプトするシーンが多く、守備面での成長も見逃せません。

川崎フロンターレが逆転優勝となるとかなり高い確率で大島僚太選手がMVPに選出されるでしょう!

CHECK大島僚太の彼女や結婚の噂は?プレースタイルや年俸に代表についても 

Jリーグ2018MVP候補・ディエゴ・オリヴェイラ

Jリーグ2018・MVP04Jリーグ2018・MVP予想

FC東京躍進の原動力となっている点取り屋。

長谷川健太新監督のショートカウンターとサイドアタック攻撃の戦術にフィットして ポゼッションスタイルの柏レイソルから堅守速攻スタイルのFC東京移籍してシンプルなサッカーで本来のパフォーマンスを取り戻しました。

前線でポストプレーをこなしてカウンターアタックのきっかけになって、裏への受け出しも瞬発力があります。

シュートの威力と精度、競り合いの強さ、打点の高いヘディングシュートで得点を量産しています。

豪快な身体能力を活かした得点に加えてこぼれ球への反応の速さもあって点取り屋らしいごっつあんゴールも決めています。

両足から得点を決められるのも長所ですね。

また、前線からの守備でも貢献度が高い!

FC東京が優勝したときにはMVPの有力候補ですね。

JリーグMVP予想2018!MVPは誰?

それでは2018年JリーグのMVPを予想します!

青山敏弘選手です。

理由は、サンフレッチェ広島が首位独走中で優勝濃厚なことと、ロシアワールドカップでは怪我で出場できませんでしたし、サンフレッチェ広島一筋の人望の厚いベテラン選手に栄光をもたらしてあげたいという人情が投票する選手にあるんじゃないかという点ですね。

また、MVPは選手の投票で決まるために玄人受けする選手が選ばれがちですから得点やアシストの数ではなく、青山敏弘選手の戦術的貢献度を評価されてMVPに選出されると思います。

次点でパトリック選手ですね。

最後に

いかがでしたか?

今回は2018年シーズンのJリーグMVP予想でした。

ブラジルリーグMVP&得点王の肩書を持って来日したジョー選手や元ドイツ代表の司令塔のポドルスキ選手は期待外れのシーズンとなってしまっています。

巻き返しに期待したいですね。

若手選手の活躍が目立った一方でズバ抜けた個人能力を発揮した選手が居なかったかなという印象があるので、イニエスタ選手やトーレス選手は今シーズンは半年しかプレーしていませんので受賞はないでしょうが 、来シーズン、MVPに選ばれるくらいの活躍を期待したいですね!