ACミラン夏の移籍情報2018-19

ACミラン夏の移籍情報2018-19!

今回は2018-19シーズン夏の移籍市場でACミランの補強と退団の噂について取り上げていきます。

名門チームというのは常に上位にいるという事は中々難しいというのは、近年のミランを見ると一目瞭然。

あれだけ全盛を誇り、最強と呼ばれたミランの迷走ぶりは寂しさを感じますね。

これにはオーナーのベルスコーニーの暴走ぶりも1つの要因となっているのは、いがめないです。

現在は中国人オーナーとなり、補強費も多くなったのですが、謎補強が見られるのも近年の特徴で、補強が成功した例がないのではという位の補強がなされてない。

更に2018-2019シーズンもいろんな補強と退団の噂が出ていますね。

という事で今回はACミラン2018-2019の移籍情報を調べてみましょう。

どうぞ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

ACミラン夏の移籍情報2018-19【補強の噂】

それでは、ACミラン2018-19シーズンの夏の移籍情報ということでここでは補強の噂のある選手をまとめていきます。

噂のある選手はこちら

【補強の噂】

ホセ・カジェホン 
イバン・ストリニッチ
アルバロ・モラタ
ラダメル・ファルカオ

後述する放出よりも、獲得が少ないのは諸事情の絡みでしょうが、歴史あるミランとしては寂しいですね。

しかし、ガットゥーザ体制が引き続くものとしてあまり新しい選手を入れるのもという事と、ことごとく失敗している獲得に対して慎重になっているのでしょうか。

その中でも注目の主要選手をピックアップします。

アルバロ・モラタ

レアルのスーパーサブという立場に対して、満足できなかったモラタは2017シーズンでチェルシーへと移籍したのですが、前半のはまり具合は非常に良かったのですが、負傷やジルーの加入でどんどんと居場所がなくなっているのも事実でワールドカップメンバーからも外れるなど、上手くいってないと思われます。

そこで慣れ親しんだユヴェントスへの帰還が噂されているのですが、そこにミランも目を付けたようですね。(代理人がイタリア人という事情もあり)

また、モラタ獲得失敗の際はファルカオでもという声もありますが、現在ワールドカップに出ているファルカオが活躍すると、移籍金が高騰する恐れもあり、ワールドカップに出ないモラタは案外ミランのメンバーになる可能性もあるかも

CHECKモラタのプレースタイルは?年俸や移籍の噂も!彼女が美人と評判! 

ホセ・カジュホン

この噂は結構信憑性というか、出所が多い事から、ある程度の話し合いが行われている(非公式?)可能性はありますね。

更に拍車をかけるスソとのトレード話とミラン加入が決まったペペ・レイナとも代理人が同じという偶然もこの噂を後押ししている事もあり、事実として捉えられている部分もイタリア国内ではあるようですが、2017好調のナポリが手放すのでしょうか。

ここにナポリの事情が出てきて、高齢化したサイドバック強化にカジュホンを放出して、若手のサイドバッグを獲得しようという動きがあるので、あながち噂程度で済ませられない事案といえそう。

具体的な移籍先としてアトレティコとミランが上がっているので移籍は秒読みという感じはありますし、ミランの債務問題を考えると難しいと思うのですが、スソをトレードに出す事で、クリアしようというのがミラン首脳陣の考えでしょうね。

柴崎岳

ロシアW杯で大活躍した柴崎岳選手。

西野監督が就任してからメンバー固定されたわけですが、ロシアW杯では全試合に先発して海外メディアから一気に注目されました。

現地のイタリアメディアでは『W杯の宝石』と称されているくらいですし、何やらミランは柴崎選手を数年前から視察されていたみたいですね。

本田圭佑選手に引き続き、このBIGクラブで日本人がプレーする姿を心待ちにしてるファンも多いでしょう。

スポンサーリンク

ACミラン夏の移籍情報2018-19【退団の噂】

そんな2018-19シーズンのACミランの退団の噂に挙がっているのがこちらの選手

【退団の噂】
・スソ FW
・ジャンルイージ・ドンナルンマ GK
・グスタ・ゴメス DF
・ルーロ・アンストニッチ DF
・ニコラ・カリニッチ FW
・マヌエル・ロカッテリ MF
・アンドレ・シルヴァ FW

以上、ここまで名前を挙げましたが、実は結構な人数がいることに驚きを覚えると共にドンナルンマとスソという現在低迷ミランにあって希望ともいえる二人が入っているのが、今のミランを象徴していますね。

これにはどうにもならない事情があるのです。

前オーナーベルスコーニから引き継いだ中国人オーナーヨンホン氏の問題で現在世界的に猛威をふるうチャイナマネーが原因で、簡単にいうと収支計画の不備により、UEFAに却下された事により資金不足に陥りそうな感じ。

大きな補強が出来なくなるどころか、チャイナマネーを背景とした2018シーズンの大型補強も戦術的には大きな効果を得る事も出来なくなり、戦力も充実したとは言い難い面がありました。

更にその資金不足が響き、主力選手を放出しなくてはいけなったという事情(噂)があり、その事が主力の大量流出を生み出すのではないかと。

退団の噂がある注目選手を2選手ピックアップしてみました。

スソ

現在のミランの中心人物であり、絶対的なエースでミランに成長したスソ。

本田とレギュラー争いをした事でもお馴染みで、ジェノアからミランに移籍して大ブレイク後、世界的なファンタジスタになりました。

スソには多くの移籍の噂と残留の噂が交錯しており、その背景には、スソの発言が大きく影響を及ぼしています。

SNS上ではミランの残留を希望するも、“バルサやレアルからのオファーが来たら断る理由がない”と言い、暗に移籍をほのめかすような発言も疑惑を深める原因ですね。

2022年までの契約延長もしているので、簡単に移籍するとは思えませんし、ガットゥーザ監督には大きな信頼を寄せているのも、残留の大きなウェイトを占めています。

しかし優秀な選手を放っておくほど、サッカーマーケットは優しくなく、スペイン紙「アス」はアトレチコがシソの獲得を狙っていると報道します。

実際アトレチコは2017シーズンの前にもアタックしていたという情報もあるので、信憑性は低くはないです。

スペイン代表としてワールドカップの舞台には立てなかったのですが、まだまだ予断を許さない展開といえそうです。

ドンナルンマ

ミランと共にイタリアの新しい希望ともいえるドンナルンマ。しかし、彼にも移籍の噂が出ています。

元々はミランの財政難による売却が噂されているのは、ドンナルンマだけではないのですが、ただそこには代理人の存在があり、選手にとってはこの代理人という存在はかなり大きく、選手生命に関わる程の影響力があるようで。

そのドンナルンマの代理人ライオラがドンナルンマの移籍の後押しをしているのです。

ミランを退団した方が彼の為になるという発言ですが、この発言をそのまま捉えると、本人も移籍ありきで来シーズンを見ていると思われがちですが、本人はレアルのオファーを断ってミランに残ると明言しています。

ミラニスタは一安心ですが、別の噂として、ミランの債務問題のあおりを受けるのではという憶測もあるので、更にナポリからマヌエル・レイナと契約に辿り着いたという情報もあり、予断は許されないですね。

最後に

ミランの現状を表しているような、噂ですね。獲得の噂以上に放出の噂が多いという悪循環、更に債務問題で八方ふさがりといった感じでしょう。

さらには、中国人オーナーから今度はマレーシア人オーナーに変わるという噂など、プライドの高いミラニスタには残酷な事実が多く出ているのも低迷ミランの迷走ぶりに拍車をかけています。

本田が10番を付けた事も予想外でしたが、昔のミランのイメージがことごとく潰され、チャンピオンズリーグもスクデッドも縁のないものになりましたね。

酷い話、監督がころころ変わるミランには戦術の一貫性が見られず、予想通り低迷し続けて、補強も上手くいってないが現状。

ガットゥーザに変わって少し変わった感はありますが、次の監督探しが話題に出ないのはかなり重症とも言えるのでは。

さて、そんな悲観的な話だけではなくワールドカップで活躍した選手を獲得という話だと、高額な金額が問題となりますが、敢えて、モラタのように漏れた選手に目を向けるのも1つの手ですよね。

やはりセリエAには強いミランがいてもらわないと困るのは、個人的な意見かもしれませんが、あの縦縞に誇りを持って強いミラン復活が待ち遠しい。