レアル夏の移籍情報2018-19

レアル夏の移籍情報2018-19!

今回は2018-19シーズン夏の移籍市場でレアルの補強と退団の噂について取り上げていきます。

ジダン監督が退任のレアル。

補強も気になりますが、ビッグ選手の退団の噂もあって何かと2018-19シーズンの選手の入れ替えも注目されますね。

そんなわけで2018-19シーズンに挑むレアルの補強・退団の噂から注目選手をピックアップしてみました。

最後までご覧ください!

スポンサーリンク

レアル夏の移籍情報2018-19【補強の噂】

それでは、レアル2018-19シーズンの夏の移籍情報ということで、ここでは補強の噂のある選手をまとめていきます。

【2018-19シーズンの夏の移籍市場で噂にあがっている選手はこちら。】
ティボ・クルトゥワ(チェルシー)
D・ルイス(チェルシー)
レオナルド・ボヌッチ (ACミラン)
ジョルジョ・キエッリーニ (ユヴェントス)
ユリアン・ドラクスラー(パリ・サンジェルマン)
デレ・アリ(トッテナム)
フアン・マタ(マンチェスター・ユナイテッド)
エデン・アザール(チェルシー)
チアゴ・アルカンタラ(バイエルン・ミュンヘン)
ティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ)
ネイマール(パリ・サンジェルマン)
トマス・リンコン (トリノ)
モハメド・サラー(リヴァプール)
マウロ・イカルディ(インテル)
ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)
パウロ・ディバラ(ユヴェントス)
サディオ・マネ (リヴァプール)
ハリー・ケイン(トッテナム)

この中から注目される有力な選手をピックアップしていきます。

ネイマール

昨シーズン290億円で移籍金史上最高の金額でFCバルセロナからパリサンジェルマンへ移籍したネイマール選手。

英紙『The Sun』によると今度はレアルマドリードが516億円で狙っている模様。

クリスティアーノロナウド選手とのトレードのような形での移籍も考えられているようですが、もし、実現したとすると古巣であるFCバルセロナとの対戦(クラシコ)ではブーイングなど荒れそうですね。

『The Sun』はそれほど信ぴょう性の高い新聞ではないと思いますが、この噂はあり得ないこともないです。

ヨーロッパチャンピョンズリーグで昨シーズン優勝しているうえに昨シーズンは補強にお金を使っていないので今シーズンの移籍市場では、資金面でかなり余裕があるレアルマドリード。

ジダン監督が退任して世代交代期に入ったともいわれていますので新たなスター選手を必要とするのは必然といえるでしょうし、ネイマール選手の獲得に興味を持つことも必然といえるでしょう!

CHECKネイマールの凄さを徹底検証!考察してわかる4つのポイント! 

ロベルト・レバンドフスキ

ドイツ誌『シュポルト・ビルト』によると代理人にバイエルンミュンヘン退団の意思を伝えたとされるポーランド代表のレバンドフスキ選手。

ブンデスリーガで今シーズン含めて3度の得点王に輝いた点取り屋は長年活躍したドイツを離れて新天地を目指すことになりました。

レアルマドリードは以前から獲得の噂がありましたが、今シーズン、噂の信ぴょう性は高まっています。

代理人はネイマール選手と同じピニ・ザハーニ氏に変更しビッグディールに強い代理人をつけたことも移籍を噂される一因となっています。

バイエルンミュンヘンのルンメニゲCEOはレバンドフスキ選手の放出を否定していますし市場価値は130億円以上と報道されていますから移籍金も大金となるでしょう!

簡単に決まるような移籍にはならないでしょうが、今後の動きに注目ですね。

CHECKレバンドフスキのプレースタイルは?筋肉や髪型が凄い!嫁も美人! 

ディバラ

スペイン紙『アス』がユベントスのFWパウロ・ディバラにレアル・マドリーへの移籍の可能性があると報じています。

ディバラは3月にマドリッドに滞在してディバラは代理人と共にマドリーの幹部と会ったということです。

ネイマール選手の獲得に失敗した場合とベイル選手の退団に備えてディバラ選手を獲得したいとレアルマドリードは考えている模様です。

レアルマドリードからバイエルンミュンヘンへ期限付き移籍しているハメス・ロドリゲス選手を完全移籍で放出するのは既定路線とされていて
ベイル選手とハメス・ロドリゲス選手と同じ左利きのアタッカーのディバラ選手に白羽の矢が立ったということですね。

2022年までユベントスとの契約を残しているディバラ選手の移籍金は100億円に近いとされていて動向が注目されています。

CHECKディバラの移籍の噂は?レアルやバルサにアーセナルの可能性について 

マネ

セネガル代表のエースストライカー。

運動量豊富な快速アタッカーです。

ヨーロッパチャンピョンズリーグ決勝で対戦してゴールも決められたリヴァプールFCのマネ選手にレアルマドリードはロックオン。

ジダン監督が獲得候補の第一希望として補強を要望していたのがマネ選手とされてレアルマドリードへの移籍は秒読み段階と報じられていましたが、マルカ紙はジダン監督が辞任したことでマネ選手の獲得は白紙となったと報じています。

一説によるとジダン監督が退任した理由は補強に関して意見が合わなかったとも報じられていていますが、マネ選手が欲しいジダン監督ともっとスター性のある選手が欲しい会長との間で揉めたという噂も。

どちらが本当なのかはワールドカップ後に情報が出てくるでしょう!

スポンサーリンク

レアル夏の移籍情報2018-19【退団の噂】

続けてレアルマドリードの退団の噂がある選手を見ていきましょう

【退団の噂】
ナチョ
ヴァラン
イスコ
コバチッチ
カルバハル
ハメス・ロドリゲス
ベイル
C・ロナウド

そんな、退団の噂のある注目選手をまとめていきます。

クリスティアーノロナウド

ヨーロッパチャンピョンズリーグ決勝戦の後に退団を匂わす発言をしたクリスティアーノロナウド選手。

古巣のマンチェスターユナイテッドと昨シーズン移籍の噂があったパリサンジェルマンが移籍先として名前が出ていますね。

ただし、年俸を釣り上げるための発言とも言われていますし、このレベルの選手はメディアを利用して契約交渉を有利に働きかけてきますので発言をまともに受け止める必要はないと思います。

レアルマドリードの会長とは不仲が噂されていますしジダン監督が退任したタイミングでレアルマドリードから離れるという理由も分からなくはないですね。

CHECKクリスティアーノ・ロナウドの凄さをプレースタイルから徹底検証!

ベイル

レギュラーポジションをつかめないでベンチを温める日々が続いているベイル選手はチャンピオンズリーグ決勝での2得点で再び脚光を浴びて退団の噂が出ていました。

移籍先としてマンチェスターUやマンチェスター・C、バイエルン、パリサンジェルマン、トッテナムなどが噂されていますが
イギリスメディアのBBCは退団報道が過熱しているベイル選手に関して古巣のトッテナムは獲得に興味を示していないと伝えています。

国営メディアのBBCの情報ですからトッテナムへの移籍はないでしょう。

個人的にはモウリーニョ監督のサッカーと合いそうですし、ウイングの人材難に悩むマンチェスターユナイテッドの可能性が高いと思いますね。

最後に

いかがでしたか?

今回はレアルマドリードの今夏の移籍情報を紹介しました。

昨シーズン補強にあまり積極的では無かったレアルマドリードですからジダン監督が退任した今シーズンに大幅に主力選手を入れ替えると思われるので今夏の移籍マーケットで話題をたくさん提供してくれそうですね。

ヨーロッパ王者のレアルマドリードの動向から目が離せません!