キエーザのプレースタイルは?父は元イタリア代表!彼女はいる?

スポンサーリンク

フェデリコ・キエーザ
今回は、若きイタリア人フォワード。

フェデリコ・キエーザ選手をピックアップしていきたいと思います。

フェデリコ・キエーザ選手といえばセリエA・フィオレンティーナ所属のフォワードで、2016-2017シーズンからトップチームでプレー。

18歳の若さで公式戦デビューするなど、日々成長している選手の1人です。

セリエAでも、既にゴールを決めており、今後はA代表招集の可能性も十分ありえる、イタリアの希望。

そんなフェデリコ・キエーザ選手のプレースタイルや父親の事、気になる彼女の情報にも迫っていきますので、是非、最後までご覧下さい。

[ad#co-1]

キエーザのプレースタイル

前出したように、18歳の若さでセリエAデビュー。既に結果も出しているフェデリコ・キエーザ選手。

彼のプレースタイルで特徴的なのが、天性のスピードを武器としたドリブルです。

このドリブル突破を武器に、サイドからチャンスを演出する時もあれば、直接ゴールを叩き込む事もあります。

とにかく、彼は自分のドリブル、スピードに自信をもっており、ストライカーというよりは、ドリブラーというのが、彼のプレースタイルでしょう。

ポジションはフォワードですが、それを細分化すると、真ん中でプレーするタイプではなく、サイドでのプレーが得意なサイドアタッカーやウイングタイプですね。

フェデリコ・キエーザ選手のプレー集をまとめた動画がこちら

クラブではサイドハーフで出場する場合もあるようです。

まだまだこれからの選手なので、トップレベルで通用しない点も多々あることでしょう。

実際、クロスの精度や、空中戦などはまだまだ及第点をもらえないレベルかなとも個人的には感じますし、今はまだ、試合に出させてもらっているという部分もあるかと思います。

ただ、この若さで試合に出続けることができれば、必然的に足りていないところも及第点以上になっていくでしょうし、今よりも下回ることはないはずです。

ただ、彼のスピード、ドリブルを生かした突破力は現段階でも十分通用する立派な武器です。

個人的には、これらを生かしてどんどん勝負してほしいと思います。

父は元イタリア代表エンリコ・キエーザ!


キエーザといったら、フェデリコ・キエーザ選手よりも、お父さんのエンリコ・キエーザ氏を思い浮かべる人も多いでしょう。

スポンサーリンク

個人的にも、キエーザといえば、エンリコ・キエーザを想像してしまいます。

エンリコ・キエーザ氏も現役時代はセリエAでプレーしていましたね。

パルマ、フィオレンティーナ、シエナでのプレーが印象にありますが、中でもUEFAカップを制するなど、ミラクルパルマの1員として、ピッチに立ち続けたパルマ時代や、
アルゼンチンの怪物・バティストゥータ選手の穴を埋める以上の活躍をしたフィオレンティーナ時代がとても印象的です。

代表レベルでもEURO96やワールドカップフランス大会で活躍した選手でした。

そして、エンリコ・キエーザ氏も息子であるフェデリコ・キエーザ選手同様ドリブルでの突破を得意とした選手でした。

また、フィオレンティーナ時代に背負った背番号は25。

父の系譜は確実に息子へと受け継がれているのでしょう。

ついでに、エンリコ・キエーザの現役時代の動画もあったので載せておきます。

エンリコ・キエーザ氏はスピード抜群のドリブル突破の他にも強烈なミドルシュートや、いろいろな監督の下で重宝されたように戦術理解も高い選手でした。

フェデリコ・キエーザ選手には父親であるエンリコ・キエーザ氏をも超えるような活躍を期待したいです。

それにしても、世界のトップレベルの環境で親子で同じチームに所属し、同じ番号を背負って戦っているとは、素晴らしい話ですね。

彼女いる?

若くしてセリエAの舞台に立ち、将来アッズーリの中心を担える選手との評価もあるフェデリコ・キエーザ選手。

気になる彼女情報ですが、、まだ掴めていません。

ただ、親子ともどもイケメンなだけに、お相手がいてもおかしくはないでしょう。
個人的には、まだまだ若手なので、サッカー一筋でがんばってほしいなと思いますが、古い考えなのでしょうかね。

まずは、クラブでスターティングに定着することが先決ですね!

最後に

いかがでしたでしょうか?
フェデリコ・キエーザ選手について書かせてもらいました。

何度も書かせてもらいましたが、まだまだ若く、これからの選手です。今現在は、その若さ故にフィオレンティーナのパウロ・ソウザ監督も多少目をつぶりながらの起用ではないかなと思います。

監督の信頼を勝ち得るためにも、これからの成長は必要不可欠です。

ただ、その可能性は十分にあり、父であるフェデリコ・キエーザ選手が頭角を表したのは、20代に入ってからの事。

伸び代はありますね!

現にこの段階でもプレミアリーグの古豪・リヴァプールが夏の移籍を狙っているという話もあるようです。

キエーザといったら、フェデリコ・キエーザという選手に1日でも早くなってくれることを楽しみにしています。

アッズーリのユニフォームを着て、父の成し得なかった、EURO制覇やワールドカップ制覇という大仕事をやってくれる事に期待です!

Similar Posts:

    None Found

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました