バイエルンミュンヘンメンバー

今回は

2017-2018シーズンのバイエルンミュンヘン

の特集です。

ブンデスリーガではバイエルンの1強状態が続いていますが、まだまだ勢いは続きそうですね。

というわけで、バイエルンミュンヘン2017-2018シーズンのメンバーとフォーメーション予想をしてみました!

最後までご覧ください!

スポンサーリンク

バイエルンミュンヘン2017-2018のメンバー!

それでは2017-2018シーズンのバイエルンミュンヘンのメンバーを紹介していきます!

やはりブンデスリーガで最強のメンバーが揃っていますね!

GK

1 マヌエル・ノイアー/ドイツ/31歳/前所属シャルケ04
26 スヴェン・ウルライヒ/ドイツ/28歳/前所属シュトゥットガルト

キーパーは世界最高のゴールキーパーといわれているノイアー選手で決まりでしょう。

1試合に1回スーパーセーブを見せるノイアー選手が離脱するだけでチーム力はかなり低下しますね。

DF

5 マッツ・フメルス/ドイツ/28歳/前所属ドルトムント
8 ハビ・マルティネス/スペイン/28歳 /前所属アスレティック・ビルバオ (ESP)
13 ラフィーニャ/ブラジル/31歳/前所属ジェノア (ITA)
14 ファン・ベルナト/スペイン/24歳/前所属バレンシア (ESP)
17 イェロメ・ボアテング/ドイツ/28歳/前所属マンチェスター・シティ
27 ダヴィド・アラバ/オーストリア/25歳/前所属バイエルンⅡ
32 ジョシュア・キミッヒ/ドイツ/22歳/前所属シュトゥットガルト

フィリップ・ラーム選手の移籍でサイドバックがやや弱いですね。センターバックは層が厚いので、誰が出ても大丈夫でしょう!キミッヒ選手とアラバ選手のポジションは流動的になりそうです。

MF

6 チアゴ・アルカンタラ/スペイン/26/前所属バルセロナ (ESP)
7 フランク・リベリ/フランス/34歳/前所属マルセイユ (FRA)
10 アリエン・ロッベン/オランダ/33歳/前所属レアル・マドリード (ESP)
23 アルトゥーロ・ビダル/チリ/30歳/前所属ユヴェントス (ITA)
29 キングスレイ・コマン/フランス/21歳/前所属ユヴェントス (ITA)
35 レナト・サンチェス/ポルトガル/19歳/前所属ベンフィカ (POR) 放出?

シャビアロンソ選手が抜けましたが、ボランチは足りています。

34歳リベリー選手と33歳ロッベン選手の代わりが見つかっていないことが問題ですかね。

コマン選手はプレシーズンマッチで長友佑都選手に一対一で負けていましたので、まだ頼りないかなと思います。

FW

9 ロベルト・レヴァンドフスキ/ポーランド/28歳/前所属ドルトムント
25 トーマス・ミュラー/ドイツ/27歳/前所属バイエルンⅡ
41 ミロシュ・パントヴィッチ/セルビア/21歳/前所属バイエルンⅡ

センターフォワードはレヴァンドフスキ選手で決まりです!

昨シーズン30ゴールを決め得点王こそ1ゴール差で逃しましたが文句のない成績ですね。

レヴァンドフスキ選手が離脱したときはやばいかもしれませんが、誰をとっても代わりにはなれないので仕方がないですね。

新加入選手は?

2017-2018シーズンのバイエルンミュンヘンの新加入選手はこちら!

ニクラス・ズーレ

ニクラス・ズーレ
背番号4/ドイツ/21歳/ホッフェンハイム

2000万ユーロ(25億円)で加入した194㎝の長身センターバックです。

パス成功率、パス成功回数ともに昨シーズンブンデスリーガでトップクラスの成績を誇りビルドアップ能力に優れた選手でリバプールとの争奪戦を制して獲得!

すでにドイツ代表に選出されています。

セバスティアン・ルディ

セバスティアン・ルディ
背番号19/ドイツ/27歳/ホッフェンハイム

フリー移籍で獲得したドイツ代表のアンカーです。右サイドバックもできます。

フィリップ・ラーム選手、シャビアロンソ選手の引退の穴埋めとしては最適なのではないでしょうか。

コランタン・トリッソ

コランタン・トリッソ

背番号24/フランス/22歳/リヨン (FRA)

4500万ユーロ(50億円)で獲得!ポジションはインサイドハーフで技術力、視野の広さ、得点力を兼ね備えた選手です。ユベントス、チェルシーとの争奪戦を制して獲得!

守備力も高いのでレギュラー争いに確実に入ってくるでしょう!

ハメス・ロドリゲス

ハメス・ロドリゲス
背番号11/コロンビア/26歳/レアル・マドリード (ESP)

レンタル移籍での加入になります。アンチェロッティ監督とはレアルマドリード時代に一緒でしたから以前のパフォーマンスを取り戻すには最適の環境ではないでしょうか。

個人的にはウイングではなくトップ下で起用してほしいです。

バイエルンミュンヘン2017-2018・フォーメーション予想

バイエルンミュンヘン2017-2018のフォーメーションはこのように予想しました。
バイエルンミュンヘンフォーメーション2017-2018

システムは昨年よく使っていた4-2-3-1にしました。

押し込まれるとサイドバックの前が空いてしまうのでボランチはカバーリングに走れることが大事かなと思います。

センターバックは押し込まれたときの守備力より押し込むビルドアップ能力を重視しました。

GKノイアー一択でしょう!世界最高の守護神!

DFセンターバックはボアテングもありですが、フンメルス選手とアラバ選手のビルドアップ能力は捨てがたいのでこの二人にしました。

二クラス・ズーレ選手もポテンシャルが高いので期待しています。

サイドバックは左にアラバ選手、右はキミッヒ選手もできるので、安心!

MFボランチのビダル選手は絶対的レギュラーという感じですね。

トップ下ともう一人のボランチは流動的になりそうです。

新加入のトリッソ選手がここにハマるといいですね。

予想図には入っていませんがハメス・ロドリゲス選手のトップ下も見たい!

ボランチは中盤にドイツ人が一人もいなくなるのでキミッヒ選手を入れてみました。

チアゴ・アルカンタラ選手も入れたかったんですが、ボランチもトップ下もできるので出場機会は多そうです!

FW今年も左ウイングのリベリー選手、右ウイングのロッベン選手、ワントップのレヴァンドフスキ選手はレギュラー決まりでしょう。

ただ高齢化してきているので、若手にチャンスも与えながらのコンディション調節も重要になりそうです。

最後に

以上、バイエルンミュンヘン2017-2018メンバーとフォーメーション予想について取り上げてみました。

いかがでしたか?

フィリップラーム選手、シャビアロンソ選手が引退しても層が厚いですね。

ドルトムントはプレシーズンマッチを見ているとあまり良くないのでライプツィヒがライバルになるのかなと思います。

個人的には若手のトリッソ選手とズーレ選手、キミッヒ選手が台頭してこないと新陳代謝がないのでブンデスリーガは優勝できてもチャンピョンズリーグは厳しいかなという印象。

今シーズンもバイエルン・ミュンヘンが優勝するのか、番狂わせがあるのか注目です!