【2019年版】バロンドール予想!有力候補を10選まとめてみた

スポンサーリンク

バロンドール予想2019

バロンドール予想!

今回は2019年にバロンドール予想と有力候補をまとめます。

2018年の受賞者はレアル・マドリードのクロアチア代表ルカ・モドリッチ選手で10年間続いたリオネル・メッシ選手、クリスティアーノ・ロナウド選手の2人だけのバロンドール争いの時代が終わりました。

2019年はいったい誰が受賞するのか有力選手をまとめてみましたので最後までご覧ください。

スポンサーリンク

【2019年版】バロンドールの候補者10選!

それでは2019年のバロンドールの有力候補10人をまとめていきます。

歴代受賞者は得点にからむ攻撃的なポジションがほとんどでディフェンダーの受賞者はフランツ・ベッケンバウアー(1972年・1976年)、マティアス・ザマー(1996年)、ファビオ・カンナバーロ(2006年)の3人。キーパーの受賞者はレフ・ヤシン(1963年)1人。

今回も攻撃的なポジションの選手が選ばれることは濃厚だと考えて候補を選出しました。

メッシ

チャンピョンズリーグ10試合12得点、リーガエスパニョーラ34試合36得点でどちらも1試合1得点ペースを上回る驚異的なペースで得点を量産しています。

歴代最多タイの5回のバロンドール受賞を誇るメッシ選手は選ばれると2015年シーズン以来の受賞となります。

アルゼンチン代表として活動をしなかったことで解き放たれたようにヨーロッパの舞台で躍動しました。

クリスティアーノ・ロナウド

チャンピョンズリーグ9試合6得点、セリエA31試合21得点を挙げています。

セリエAユベントスに移籍しましたが得点力は健在。
怪我もあり、チャンピョンズリーグも早期敗退なので得点数こそ伸びなかったですが、得点率の高さはさすが。

クリスティアーノ・ロナウドの凄さをプレースタイルから徹底検証!
 

ルイス・スアレス

リーガエスパニョーラで33試合21得点を記録しながらもチャンピョンズリーグでの活躍は限定的でけがに泣いたシーズンとなりました。

ウルグアイ代表にもほとんど参加しなかったことが好調の要因ですが、膝の怪我が慢性化しているので、来シーズンは苦しそうです。

モハメド・サラー

プレミアリーグで38試合22得点チャンピョンズリーグ4得点

怪我で昨シーズンはチャンピョンズリーグ決勝、ワールドカップを棒に振りましたが、うっぷんを晴らすかのように得点を量産。

エジプトのメッシではなくモハメド・サラーと呼ばれるようになりメッシ選手を肩を並べる選手となってきました。

モハメド・サラーのプレースタイル!スピードや歴代の背番号も! 

セルヒオ・アグエロ

プレミアリーグ33試合21得点でチャンピョンズリーグ7試合6得点

マンチェスターシティのエースとしてプレミアリーグ優勝に大きく貢献しました。

スポンサーリンク

チャンピョンズリーグで優勝できていればバロンドール受賞の可能性は高かったと思いますが、トッテナムに敗れてしまいましたね。

アグエロの現在の嫁や子供は?プレースタイルや評価に年俸についても 

ハリー・ケイン

プレミアリーグ28試合17得点、チャンピョンズリーグ8試合5得点

トッテナムの決勝進出の立役者で、イングランド代表の顔として誰もが認めるスター選手に成長しました。
怪我もありましたがプレミアリーグ17得点は立派な数字ですね。

ハリーケインのプレースタイルは?彼女や嫁は?年俸は評価についても 

レヴァンドフスキ

ドイツブンデスリーガ33試合22得点チャンピョンズリーグ8試合8得点。

低調だったドイツ勢のなかで唯一大活躍をしたレヴァンドフスキ選手。

得点数、得点率はメッシ選手の次に素晴らしい結果ですが、バイエルンミュンヘンのチャンピョンズリーグの早期敗退が評価を下げます。

レヴァンドフスキのプレースタイルは?筋肉や髪型が凄い!嫁も美人! 

フィルジル・ファン・ダイク

リヴァプールのセンターバックで今シーズンナンバーワンディフェンダーの呼び声が高いです。

アタッカーに絶対的な選手が居ないシーズンはディフェンダーから稀にバロンドールが選出されることもあります。
今シーズン、ディフェンダーから選出されるならファンダイク選手でしょう。

対人守備能力はずば抜けていて、リバプールの躍進の立役者となっています。

サディオ・マネ

プレミアリーグで36試合22得点チャンピョンズリーグ4得点

リヴァプールのエースとしてモハメドサラー選手とともに大活躍してチャンピョンズリーグ決勝進出、プレミアリーグ2位に大きく貢献しました。

レアルマドリードへの移籍の噂も出てきていて紙面をにぎわせていることがステータスを上げたことを証明しています。

サディオ・マネのプレースタイルを徹底検証!スピードと上手さについて 

ムバッペ

フランスリーグアンで28試合32得点チャンピョンズリーグ8試合4得点

20歳で驚異の得点率を誇るパリサンジェルマンのムバッペ選手はネイマール選手からエースの座を奪いとるには十分な活躍ぶりでした。

今後もネイマール選手への厚遇を続けるなら移籍を選択する可能性もあります。

ムバッペ(エムバペ)のプレースタイルは?評価や年俸は?兄や彼女についても 

【2019年版】バロンドール予想!

2019年のバロンドール受賞はメッシ選手と予想しました。

苦しい試合で理不尽なまでの個人技で試合を決めてしまう得点を多く決めたことから「結局メッシ」という言葉をよく聞いたシーズンとなりました。

2018年はモドリッチ選手が受賞して、クリスティアーノ・ロナウド選手、メッシ選手以外にもバロンドール受賞のチャンスが出たように見えましたが、結局、メッシ選手が受賞することになるでしょう。

ヨーロッパの新聞も今年はメッシ選手で決まりという論調なのでサプライズは無さそうです。

最後に

いかがでしたか?

今回は2019年バロンドール受賞者の予想をお届けしました。

今シーズンはメッシ選手が抜けてすごかったですが、ムバッペ選手、サラー選手、マネ選手など新世代が台頭してきたので来年以降のバロンドール争いは混とんとしてくるでしょう。

Similar Posts:

    None Found

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました