チェルシー冬の移籍情報2018-19

チェルシー冬の移籍情報2018-19!

ということで今回はチェルシーの冬の移籍情報として補強と退団の噂に迫ります。

2018-19シーズンのチェルシーは、プレミアリーグでも上位争いを演じており、成績は決して悪くありませんが、無敗のマンチェスター・シティ、リヴァプールには勝ち点差を5以上つけられている状況です。この2チームに追いつくためにどのような動きを見せるのでしょうか。

そんなわけで補強と退団の噂となる選手をまとめてみました。

スポンサーリンク

冬の移籍情報2018-19【補強候補】

チェルシー2018-19シーズンの冬の移籍情報となる主な補強候補選手はこちら

オブラク

昨季のリーガ・エスパニョーラでサモラ賞を獲得したオブラク。今季も彼の鉄壁の守備により、アトレティコ・マドリードは上位をキープしています。

しかし、その活躍に見合った待遇を受けていないことを本人が不満に思っているようです。今後の動向についても「わからない」と述べており、移籍の可能性は高いのかもしれません。

現在、上位2チームと差を感じるのは失点の数であり、正GKケパの働きは決して悪くないものの、昨夏に放出したクルトワの後釜としては、世界屈指のレベルがほしいところ。

その点、オブラクであれば文句のつけようもなく、チェルシーの守備陣が再び落ち着きを取り戻すこととなりそうです。

ロマニョーリ

チェルシーのセンターバックであるダビド・ルイス、ガリー・ケーヒルは今季で契約満了となるうえ、現状二人のバックアッパーが整っていないため、新たなDFリーダーの獲得が急務。

サッリ監督としては、同郷のACミラン主将であればこれ以上ない補強となるでしょう。

しかし、当然ACミランは放出を防ぐ構えであり、交渉は難航しそうです。

チェルシーのDFは高さ、強さがあるものの、不意に軽いプレーが出てしまい、余計な失点をしてしまうところが気になります。

緊張感を持続させるという意味でも、若いながらリーダーシップを発揮できるロマニョーリの力が必要なのではないでしょうか。

フェキル

上のステージへ進みたいという気持ちが強く、リヨンとは契約更新をしないというのが本人の方針のようです。

クラブ側も高額で売れるなら放出をする模様。今夏のリヴァプールとの移籍が破談に終わり、チェルシーも獲得に乗り出すことになりましたが、人気銘柄だけにさらなる争奪戦が繰り広げられる可能性はあります。

チェルシーのセンターフォワードであるジルーやモラタといったFWは、高さやリーチを生かしたポストプレーで後ろから飛び出してくる選手を上手く使います。

フェキルは攻撃的MFとしてアシストもこなしますが、特に近年は得点力に磨きがかかってきました。アザールのように絶妙なタイミングで最前線に飛び出し、ゴールを量産することになるかもしれません。

スソ

チェルシー側は現在、ACミランへレンタル移籍に出しているバカヨコを完全移籍させ、スソを獲得するというトレード移籍を狙っているようです。

しかし、バカヨコがACミランで活躍しているとは言い難く、エース級の働きをするスソをトレードに出す可能性は決して高くはなさそう。

アザールやウィリアンといったサイドを切り裂くアタッカーはチャンスの演出といい、カットインからのゴールといい、チェルシーの攻撃の核と言える存在です。

その二人がいなくなる可能性を考えると、同じ役割をこなせる後釜候補を確保しておく必要があります。現在、世界でも屈指のサイドアタッカーであるスソは適任と言えるでしょう。

イカルディ

インテルでキャプテン兼エースとして大活躍しており、チームへの愛情も語っているイカルディですが、強豪チームからのオファーについては検討する必要があるとも述べています。

インテル側には放出の意思はなく、さらなる待遇向上を考えているようです。レアルも触手を伸ばしているようですが、果たしてイカルディはどのような決断を下すのでしょうか。

モラタやジルーといったFW陣の決定力は現状十分とは言えず、チェルシーは世界トップクラスのスコアラーを求めていると考えられます。

特に、チームの得点源であるアザールが抜ける可能性を考えれば、得点を保証してくれる選手の獲得は不可欠。昨季セリエAで得点王を獲得し、今季もその勢いを維持するイカルディの安定した得点力は、チェルシーの要望に沿うものと言えるでしょう。

スポンサーリンク

冬の移籍情報2018-19【退団候補】

続いて2018-19シーズンのチェルシーの退団候補に値する選手をまとめてみました。

セスク

今季までの契約となっているものの、出場機会が少ないことから契約更新の可能性は低いと見られています。

ACミランが興味を持っているようですが、本人は残留の方向で考えているとのことで先行きは不透明。

実績と能力は十分なだけに、突然のオファーで急展開を見せる可能性は十分にあります。

セスクの嫁の画像や子供は?プレースタイルやバルセロナが放出した理由も 

ウィリアン

80億円という高額オファーでも放出されなかったウィリアンですが、目をつけていたマルコムとのトレードをバルセロナが画策しているとのことで状況が変わるかもしれません。

バルセロナでは、出番の少ないマルコムですが、もともとは人気銘柄であり、これからの可能性を秘めた21歳という若さも魅力です。

アザール

レアル・マドリード移籍が度々取り沙汰されるアザール。

本人もレアル・マドリードを憧れのクラブであると述べており、噂もそろそろ現実味を帯びてきました。このところ移籍市場で大人しくしている白い巨人が久々のビッグディールを成立させるのは時間の問題でしょう。

アザールのレアル移籍金は?プレースタイルとポジションや弟についても 

ジルー

今季で契約満了を迎えるジルーは、冬の移籍市場で安く売買される可能性あり。

アーセナル在籍時から熱視線を送ってきたウエストハムが本格的に獲得に乗り出すようです。

チェルシー移籍の際にも人気があったジルーだけに、他のチームも争奪戦に加わるかもしれませんね。

チェルシー冬の移籍情報2018-19のまとめ

以上、ここまでプレミアリーグ2018-19のチェルシー冬の移籍情報から補強と退団候補をまとめてみました。

いつになく移籍の噂が聞こえてくるチェルシーですが、やはり注目すべきはアザールの移籍。

実現した場合にはどのような玉突きが起こるのでしょうか。

非常に楽しみです。