ACミラン冬の移籍情報2018-19

ACミラン冬の移籍情報2018-19!

ということで今回はACミランの冬の移籍情報として補強と退団の噂に迫ります。

2018-19シーズンのACミランは一時の低迷期を脱する気配を見せています。とはいえ、リーグ戦ではまだまだユヴェントスに水をあけられ、欧州カップ戦にはやっと戻ってきたという状況です。さらなる補強が必要なことは間違いありません。

そんなわけで補強と退団の噂となる選手をまとめてみました。

スポンサーリンク

ACミラン冬の移籍情報2018-19【補強候補】

2018-19シーズンの冬の移籍でACミランから注目される補強候補はこちら

セスク・ファブレガス

プレミアリーグでの実績も十分で、急激な衰えを見せているわけではありませんが、ジョルジーニョの加入もあり出場機会は減少。

来夏までの契約となっており、更新の可能性が高くはないため、この冬に移籍する可能性はありそうです。しかし、本人は残留を希望しており、監督も慰留の方針だと報道されています。果たしてどうなるのでしょうか。

今季のACミランは得点が奪えないわけではありませんが、決まった得点パターンやホットラインみたいなものがなく、物足りなさを感じます。

新加入のイグアインが今ひとつ本領発揮といかないのも、アシスト役となる相棒がいないせいかもしれません。

おそらく、この問題を解決してくれるのがセスクでしょう。彼の突出したアシスト能力が加われば、ACミランの復権も夢はないはずです。

アーロン・ラムジー

契約が今季いっぱいとなっているものの、給与面で折り合いがつかず、話は進んでいない様子。

本人は試合に集中すると述べ、移籍したいのか否かはわかりませんが、交渉が上手くいかなければ、冬の移籍も十分にあり得ると思います。

個の力で状況を打開していくようなサッカーが目立つ現在のミランにおいて、長距離のパスを巧みに操るだけでなく、前線にも飛び出し、両足を駆使してゴールに絡むラムジーの存在は、良いアクセントとなりそうです。

守備にも走るラムジーは、気になる失点数の軽減にも貢献するかもしれません。

メディ・ベナティア

昨季はボヌッチの退団をカバーし、DF陣に必要不可欠な存在となりましたが、今季はそのボヌッチが復帰。昨年の活躍から一転、出場機会が減少してしまいました。

チームのために全力を尽くすとしながらも、現状に対し不満も抱えている様子で、出場機会を求めて新天地へ行くことを匂わせています。

ドンナルンマやロマニョーリなど良い選手はいるものの、ボヌッチがいなくなるなどしてどうしても守備の不安が拭えないACミラン。一瞬の気の緩みで失点するような場面がちょこちょこ見受けられます。

激しいプレーでチームを鼓舞するベナティアのようなベテランを加え、気を引き締めることが必要なのではないでしょうか。 

エリック・バイリー

モウリーニョ監督の信頼を勝ち取れとれず、十分な出場機会を得られていないバイリー。

マンチェスター・ユナイテッドがDFの補強を検討しているようで、売却候補となっているようです。本人はクラブに愛着があるものの、まだ若く、引く手数多であるため、放出の可能性は高いかもしれません。

屈強な体に豊かなスピードという優れた身体能力を生かした激しいDFが大きな特徴。

体で止めにいくような強烈なタックルはACミランの指揮官であるガットゥーゾを連想させ、セリエA向きと言えるかもしれません。なかなか守備が安定しない現ACミランにおいて、監督が重宝するDFとなり得る存在です。

ズラタン・イブラヒモビッチ

37歳になっても圧倒的なパフォーマンスでMLSを席巻し、新人王に選出されたイブラヒモビッチ。

世界中のクラブが俺をほしがっていると自ら発言していましたが、移籍の有力候補に挙がっているのがACミランのようです。代理人も欧州復帰の第一候補はACミランだと語っているようで、気になるところです。

とはいえ、MLSから欧州に戻るパターンはあまり見られないのも事実であり、果たしてどうなるのでしょうか。

現在のACミランはイグアインが加わったものの、勝者のメンタリティに欠ける気がします。

タイトル獲得経験の少ない選手が多いのかもしれませんが、勝ち続けることができない印象です。そんな状況の中、優勝請負人と言われたイブラヒモビッチのカリスマ性は非常に大きな意味を持つように思います。

プレーはもちろん、その存在感においてもACミランの救世主となるような働きをしてくれるでしょう。

スポンサーリンク

ACミラン冬の移籍情報2018-19【退団候補】

続けて噂の退団候補はこちら

スソ

チェルシー、ローマなど複数のクラブが熱視線を送るスペイン代表スソは、24歳という年齢も相まって人気銘柄となっています。

今季不振に陥るレアル・マドリードも目をつけており、ペレス会長が触手を伸ばしているようです。

スペイン人ということもあり、リーガへの移籍は十分あり得そうですよね。昨年はACミランへの愛情を語っていたスソ。果たしてどうなるのでしょうか。

ハカン・チャルハノール

昨季に比べコンディションが安定せず、今ひとつパッとしないチャルハノール。

ACミランが『カカ2世』ことルーカス・パケタを獲得したこともあり、ポジションが重なる彼の立場が危うくなっています。

また、噂が広がるイブラヒモビッチ獲得などにかかる費用も含め、、資金調達に使われる可能性もありそうです。

最後に

レオナルドSDのもと、だんだんと復調を見せるACミラン。

これらの補強を成功させることが輝きを取り戻す道ですね。

ついにマルディーニもフロント入りしたということで、レジェンドである彼を慕う選手たちが再び黄金期を作り出すことに期待したいですね。