レスター2018-19スタメンメンバー予想

プレミアリーグ2018-2019!

今回はレスターシティの2018-19シーズンの予想スタメン・フォーメーション特集です。

2018-2019シーズンのプレミアリーグで再び旋風を巻きを超すことが出来るのでしょうか。

最後までご覧ください!

スポンサーリンク

レスターシティ基本スタメン予想2018-19【最新版】

それでは2018から2019年シーズンのスタメン予想をしていきます!

GK

  • カスパー・シュマイケル

DF

  • マグワイア
  • モーガン
  • チルウェル
  • ダニー・シンプソン

MF

  • キング
  • エンディディ
  • オルブライトン
  • グレイ
  • マディソン

FW

  • バーディー

ゴールキーパーは昨シーズンから引き続きカスパー・シュマイケル選手がレギュラーでしょう!

センターバックはイングランド代表のマグワイア選手とモーガン選手のコンビと予想しましたが、マグワイア選手はマンチェスターユナイテッドとマンチェスターシティからオファーを受けていると報じられています。

右サイドバックは昨シーズン・リーグ27試合に出場したシンプソン選手!

左サイドバックは21歳のチルウィル選手とベテランのフックス選手の争い。

チルウィル選手がポジションを奪いそうです。

ボランチにナイジェリア代表のエンディティ選手とオルブライトン選手。

トップ下の位置はマディソン選手と岡崎慎司選手が争うでしょう!

パサータイプのマディソン選手とムービングストライカーの岡崎慎司選手はキャラクターが違うので監督の好みが明暗をわけそうです。

ピュエル監督はポゼッションスタイルを好むのでマディソン選手が有利かと。

フォワードはイングランド代表のエースストライカー・バーディー選手がファーストチョイスとなるでしょう!

ディフェンダーの裏への飛び出しを得意とするバーディー選手はカウンターアタックで生きるタイプ。

監督の好むチームスタイルとエースストライカーが生きるスタイルが違うところは少し気になりますが、監督としてはバーディー選手の起用法は腕の見せ所だと思います。

レスターシティ基本フォーメーション予想2018-19【最新版】

それでは2018-19シーズンのレスターシティのフォーメーションはこのように予想しました。

レスター2018-19・フォーメーション

フォーメーションは4-2-3-1を使うと報じられていますね。

馴染みがあるフォーメーションですし賢明な判断だと思います。

注目はトップ下にフォワードタイプを置いた4-4-2に近いのか、トップ下にパサータイプを置いて両サイドにフォワードタイプの選手を置く4-3-3に近いのか。

同じ4-2-3-1システムでもトップ下の人選で周りの選手との関係性が変わってくるのでここに注目ですね。

4バックに向いた選手がディフェンスラインには多いので4バックを選択するのは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

注目選手

それでは、注目選手について紹介していきます。

マグワイア(移籍の噂)

レスター2018-19・マグワイア

マンチェスターシティとマンチェスターユナイテッドが獲得に乗り出しているイングランド代表の長身エアバトラータイプのセンターバック。

60億円から95億円ともいわれている移籍金を置いて移籍したとしても移籍市場でマグワイア選手に代わることが出来るセンターバックを獲得できるかは不安ですね。

移籍候補に挙がっているチームはどちらもセンターバックを獲得していますし、結局は残留となると予想しますが、
対人守備能力が高くセットプレーでの得点力と守備力は世界トップレベルなので抜けると痛いですね。

岡崎慎司

レスター2018-19・岡崎慎司

トップ下の位置で守備に奔走しながらゴール前にダッシュして顔を出してワンタッチゴールを決めていくというスタイルでレスターシティのプレミアリーグ優勝に大きく貢献して、得点だけではなく貢献度の高さを評価されていた日本代表の岡崎慎司選手。

レスターシティはチームスタイルをコンパクトなゾーンディフェンス+カウンターアタックからの脱却を模索し始めたことでチーム戦術を機能させるうえで不可欠だった岡崎慎司選手。

イメージとして以前のチームスタイルで輝くタイプと思われがちですが、ポゼッションスタイルでも十分輝ける選手だと思うのでトップ下ではなくサイドかフォワードでもチャンスを与えて欲しいですね。

バーディー

レスター2018-19・バーディー

ディフェンスラインの背後の広大なスペースにスピードを持って走り込む快速フォワードです。

レスターシティでは岡崎慎司選手との相性が良く、マーク(人)を瞬間的に外す動きが得意な岡崎慎司選手はマーカーを引きつけてスペースを作る動きも同時に得意であるといえます。

バーディー選手はスペースに走りこむ動きを得意とする選手なので、スペースを作る岡崎慎司選手とスペースに出て行くバーディー選手は同じムービングストライカーですが動く目的が被らないので共存出来るんですよね。

このコンビを新監督はどう使っていくのかに注目。

オルブライトン

レスター2018-19・オルブライトン

豊富な運動量と精度の高いセンタリングが魅力のサイドハーフです。

チームのためにハードワークできる選手で戦術理解能力も高くプレミアリーグを優勝したときのレスターシティでは岡崎慎司選手とともにチームの歯車をかみ合わせる役割で活躍して代えが利かない選手でした。

両サイドでプレーできるところも魅力的!

サイドアタックに適した選手といえるでしょう。

最後に

いかがでしたか?

今回はレスターシティの2018-19シーズンのスタメン・フォーメーションを予想しました。

戦術的に研究されて一時期の強さを維持することを難しくなったレスターシティは立て直しのためにチームスタイルを大きく転換していく方針なのかもしれません。

ただし、現状の主力選手は以前のチームスタイルで活きるタイプが多いので、新たなスタイルにフィットする若手選手を発掘していくのか?

以前のチームスタイルを継承したかたちを模索していくのか方向性をしっかりと定めることが成功へ向けて重要といえると思います。