サッカー選手嫁ランキング・海外

海外サッカー選手の嫁ランキング!

ということで今回は海外サッカー選手の美人な嫁シリーズをお送りします。

スポーツ選手にとって選手生命を長くするために必要なのは、自己管理。当然のことですが、結構難しく大事な試合の前に故障して、実際選手生活が短くなった選手も多いですよね。

食生活から始まりプライベートの管理まで中々試合に集中できない状況もありますが、それを乗り越えるもプロの証。

しかし、そんなストイックな選手達でも限界があり、一人ではどうも出来ない状況というのが出て来ると、結婚という選択肢が出てきます。

そこで今回はサッカー選手の奥様方を紹介したいと思いますが、その中でも美人嫁をピックアップしたいと思いますが、あくまでの個人的な観点で異論があるかもしれませんが、そこはご容赦下さい。

どうぞ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

レヴァンドフスキの嫁:アナ・レヴァンドフスカ

レヴァンドフスキ・嫁
結婚時期:2013年

レヴァンドフスキの奥様アナさんは正統派美人でクールな印象を受けますが、実は空手のポーランド代表としても活躍していただけでなく、美人実業家の一面も。

アナ・レヴァンドフスカ

自身のブランドを立ち上げる程の敏腕ぶりは引退後のレヴァンドフスキも安泰でしょう。

しかし、美貌と実業家としての面でなく栄養士の資格も取得するなど出来る女は違いますね。

お子さんもいますが、その美しさは衰えるどころか、ますます綺麗になっていくようです。

ピケの嫁:シャキーラ

ピケ・嫁

結婚時期:2013年

バルセロナ所属のピケの奥様は世界的な歌姫シャキーラ。

二人の出会いはワールドカップ南アフリカ大会のMV撮影中にピケと出会い、恋に落ちそうです。

シャキーラ

姉さん女房で10歳という年の差は考えられない程、美貌を保っており、年齢差があるとは思えないアツアツぶり。

離婚騒動もありましたが、無事家族4人で仲良く現在も過ごしています。

クラウチの嫁:アビー・クランシー

クラウチ・嫁

結婚時期:2011年

スレンダーでクールな印象があるクランシー。実際二人が並ぶと映画の一コマのような印象を受ける程の美男・美女のカップルですが、結構過激なのが、クランシーの言動です。

アビー・クランシー

あるインタビューで、“サッカーが憎い”と言いましたが、実はこの話は後の言葉があり、“クラウチは人として出会い、人間的に好きになったと”と続けました。

これはスキャンダルを売り物にする女性に対する牽制でしたね。

結構芯の強い女性です。

クリス・スモーリングの嫁:サム・クック

クリス・スモーリング・嫁
結婚時期:2017年

イギリス代表のスモーリングの奥様はセクシーと評判のサム・クック。結婚前からかなり騒がれていて、立ち振る舞いなど失礼ながら怪しい魅力をはなっています。

2人並ぶと失礼ながらサム・クックが目立っているような気が。

サム・クック

モデルとして活躍する傍ら、DJとしても活躍しています。

外向きの奥様は個性派が揃うマンチェスターの女性陣の一際目立っているようです。

ラキティッチの嫁:ラケル・マウリ

ラキティッチ・嫁

結婚時期:2013年

笑顔が可愛く、モデルの体型に整った顔立ちには言葉が出ない程の衝撃が。

ただ、彼女はモデルではなく単なるバーの従業員でしたが、この二人の出会いが映画みたいと話題になりました。

ラケル・マウリ

シャルケ(現在バルサ)からセビージャに移籍する為にスペインのホテルに宿泊していたラキティッチはかなりナーバスになっていて、弟がホテルのバーに誘った所、そこで飲み物を出したのが、ラケル・マウリさん。

更にセビージャとの契約の席上で、契約を結ぶ事・マウリさんと結婚するという事を会長に伝えたそうです。
映画みたいな恋ですが、これはイケメン限定の設定。

ミュラーの嫁:リサ・ミュラー

ミュラー・嫁

結婚時期:2009年

ドイツ代表のミュラーの結婚相手はリサさん。カッコいいのでたくさんの女性と浮名を流していると思いきや、実は二人の出会いは17歳。

そして愛を育ませ、2年後に結婚と純愛を貫きました。

モデルでありながら、プロの乗馬選手としても活躍するリサさんは、ミューラーが辛い時はそっとしておくなど、内助の功も優れております。

当然活躍した時には、トリフパスタが振る舞われるようで、いつまでも仲がいいですね。

メッシの嫁:アントネラ・ロクソ

メッシ・嫁

結婚時期:2017年

世界的なスーパースターメッシの奥さんは幼馴染のアントネラさん。5歳位からの付き合いという事でしたが、長い間会えない時期があったのですが、再会するとそのまま恋に落ちました。

交際期間は長かったようですが、“お互い似た者同士”とメッシが言うように、二人を流れる時間は心地良い時間だったのでしょう。

🇦🇷🇦🇷🇦🇷

AntoRoccuzzo88さん(@antoroccuzzo88)がシェアした投稿 –

綺麗で栄養学を学びメッシを支えるアントネラさんは、実はサッカーに興味がないようで、メッシの活躍はそれほど気にならないようですね。

あまり目立つ事が好きではないようで、スタジアムで見かけるのも稀。

しかし、純愛を貫いた二人には好感が持てます。

セルヒオ・ラモスの嫁:ピラール・ラモス

セルヒオ・ラモス・嫁

結婚時期:2012年

エキゾチックな顔立ちが印象的なピラール。交際期間5年を経て結婚、更に3人目の子供が生まれるというのに、抜群のスタイルを維持しているのは素晴らしいの一言ですね。

スペインでのイベントがきっかけで彼女の方からアプローチしたようで、それを運命と捉えたのか、セルヒオが“いいね”と答えた事がきっかけとなり、交際・結婚と順調に進んだようですね。

今でもお互いのSNSで愛を確かめ合うのは、お互いが好きという気持ちが離れないからでしょう。

シャビ・アロンソの嫁:ナゴレ・アラブル

シャビ・アロンソ・嫁

結婚時期:2013年

ナゴレさんは女優やモデルをしていただけあって、かなりの美形。

アロンソを見ていると、美女と○○という感じですが、家族との写真などを拝見すると、とてもお似合いなのは、お互いを好きでいる感が醸し出されているのですね。

ナゴレ・アラブル

それにナゴレさんは2人の子供がいるのに、そのスタイルを維持しているのは女性の鑑。

南アフリカ大会での家族でのショットは仲の良さが伺いしれました。

ジェラードの嫁:アレックス・カラン

ジェラード・嫁

結婚時期:2007年

元々ジェラードは、派手な生活より堅実な生活を望んでいた事もあり、友人の紹介で1歳年上のアレックスさんと出会い、結婚した後にすぐに待望の子宝に恵まれ、充実した生活を送っています。

アレックス・カラン

アレックスさんはモデルという事もあり、美しく目立つ顔立ちをしていますが、夫の考えを尊重して子供達の将来について真剣に話をするという真面目さも持ち合わせている、知性派美人といったとこでしょうか。

派手目の外見ながらしっかりした女性はチームをまとめるジェラードとお似合いですね。

バカリ・サニャの嫁:ルディビン・カドリ・サニャ

バカリ・サニャ・嫁

結婚時期:2010年

フランス代表のサニャはヘアスタイルが独特で、おしゃれな印象を受けますね。

そしてその妻、ルディビンはモデル出身という事でかなりの美形。

ルディビン・カドリ・サニャ

フランス代表の美人奥様(彼女)の中でも引けをとらない美貌で存在感を醸し出しています。

またその反面、夫の出場しない試合も見に行くなど、他の奥様方と違ってサッカー好きの一面も。

SNSでは熱々の2ショットを披露するなど、相性がいいのでしょうね。

スナイデルの嫁:ヨランテ・ヴァン・カスベルヘン

スナイデル・嫁

結婚時期:2010年

長友の親友として、また、サッカー選手としても有名なスナイデルの現在の奥様は不倫の末の結婚。

モデルとして活躍するなどその美しさは折り紙つきなのですが、前妻とは駐車場での修羅場があった後に、スナイデルが離婚・結婚となり、息子を授かっています。

ヨランテ・ヴァン・カスベルヘン

ただ綺麗なのはいいのですが、結構派手な外見同様過激な発言が目立つみたいですけどね。

スポンサーリンク

マトリの嫁:フェデリカ・ナルギス

マトリ・嫁

結婚時期:2009年

エキゾチックな容姿と抜群のプロポーションが印象的なマトリの奥様フェデリカさんは、モデルとして活躍していたのも納得ですね。

フェデリカ・ナルギス

マトリが格好良いのですけど、奥様がここまで素敵だと敵はいないでしょう。

それに結婚生活も10年程続いているのも互いで認め合っているからでしょう。

ボアテングの嫁:メリッサ・サッタ

ボアテング・嫁
結婚時期:2016年

ドイツのおしゃれな男ボアテングの奥様は美人モデル・メリッサ・サッタさんですが、彼女はその美貌で多くの男性と浮名を流しましたが、その中にはイタリアのヴィエリもいたそうですが、最終的にはボアティングと結ばれました。

メリッサ・サッタ

現在でもその美貌は健在でインスタ等でその姿を見る事も出来ます。

そのメリッサにメロメロなボアティングは家族の為に、アメリカへと移籍しました。

ジェコの嫁:アマラ・ジェコ

ジェコ・嫁

結婚時期:2014年

ジェコの奥様は正統派美人といった感じでしょうか。それもそのはず、15歳からモデル・女優として活躍していたアマルさんは目立ちますね。

アマラ・ジェコ

以前来日した際には、着物を華麗に着こなす姿は流石モデルという感じで、本当にお人形さんが舞い降りたようです。

クレヴァリーの嫁:ジョージーナ・ドーセット

クレヴァリー・嫁
結婚時期:2015年

ジョージーナさんは元々テレビ番組のレポーターをこなしながら、モデルとしても活躍するほどの美貌の持ち主。

ジョージーナ・ドーセット

その撮影中にジョージーナさんと知り合ったようですね。

セクシーで綺麗な奥様の存在はクレヴァリーには試合に挑む活力となっておるようです。

ファルカオの嫁:ローレライ・タロン

ファルカオ・嫁

結婚時期:2007年

コロンビアのストライカーファルカオの妻は美人歌手ローレライさん。
お互い忙しい身分ながら、家族仲睦まじい姿を見せてくれるなど夫婦仲も良好です。

Allá vamos Moscú!!!😃😃😃😃

Lorelei Tarónさん(@loreleitaron)がシェアした投稿 –

出会いは協会でローレライさんを見かけたファルカオの熱心なアプローチが実った形ですが、この時のファルカオは無名だったので、ローレライさんの見る目は正しかったという事でしょうか。

アクイラーニの嫁:ミケーラ・クアットロチョッケ

アクイラーニ・嫁

結婚時期:2012年

イタリアの伊達男、アクイラーニの奥様はミケーラ・クアットロチョッケさん

モデルや地元TVの女優としてドラマ等で活躍する程ですので、かなりの美形。

ミケーラ・クアットロチョッケ

現在は子供を授かり、幸せの絶頂でしょう。

更に自身の最高のラブストーリーをアクライーニとの話とする程の熱々ぶりは健在です。

ノイアーの嫁:ニナ・ウェイス

ノイアー・嫁

結婚時期:2017年

ノイアーの奥様ニナさんは一言で言えば、ノイアーの誠実そうなイメージにピッタリの女性といえますね。
派手な部分はあまりないのですが、美形である事には変わりありません。

ニナ・ウェイス

以前交際していたモデルと別れ、当時学生であったニナさんと付き合い初め、ベルリンでの同棲を経てゴールイン、ワールドカップにも帯同しているようです。

誠実そうなカップルで本当に好感が持てますね。

デミチェリスの嫁:エヴァンジェリーナ・アンダーソン

デミチェリス・嫁

結婚時期:2015年

堅実なDFに似合わない派手目の女性といった感じのエヴァンジェリーナさんは、セクシーなモデルとして活躍していました。

エヴァンジェリーナ・アンダーソン

正式に結婚したのは2015年ですが、2009年には子供がいたという事でケジメを付けた感がありますね。

因みに長男の名前にはバイエルン時代の盟友シュバイン・シュタイガーから名前をもらったようです。

最後に

以上、ここまで海外サッカー選手の嫁に特化してお送りしました。

スポーツ選手の奥様というのは綺麗な方が多いのは当然ですが、派手な外見に似合わずちゃんとご主人の事を考えて、栄養学を学ぶ人が多いのは素晴らしいですね。

サッカー選手の奥様は大きく二分割され、前面に出る人・陰から支える人など性格面などもありますが、面白い傾向だと思います。

今回海外でしたが、日本人選手でも綺麗な奥様は多く、有名どころでは長友・川島の奥様はかなり話題ですね。

最後に非常に残念ですが、交際中はまだいいのですが、別れている選手が多いのはやはり仕事柄しょうがないのでしょう。
目立つ立場にいるご主人を持つという事の気苦労ははかりしれません。

しかし、奥様がいる事でやる気が上がる選手も多いのも事実です