チェルシー夏の移籍情報2018-19

チェルシー夏の移籍情報2018-19!

今回は2018-19シーズン夏の移籍市場でチェルシーの補強と退団の噂について取り上げていきます。

プレミアリーグ王者として迎えた2017-2018シーズンでしたが、新戦力が中々チームにフィットせず、決定力不足に陥るなど不調が続き、欧州CLで決勝T一回戦敗退、リーグ戦も5位に終わり2018-2019シーズンのCL出場権を逃すという不本意な結果となりました。

迎える2018-2019シーズンはリーグ制覇、CL出場権獲得に向けて補強が重要になります。

その一方、中心選手に対してはCLに出場するクラブからの引き抜きが予想されており、残留させることができるかも注目です。

そんなわけで、チェルシー2018-19夏の移籍市場を見ていきましょう

スポンサーリンク

チェルシー夏の移籍情報2018-19【補強の噂】

それでは、チェルシーの2018-19シーズンの夏の移籍情報ということで、ここでは補強の噂のある選手をまとめていきます。

まず噂のある選手はこちら

【補強の噂】

・レヴァンドフスキ(バイエルン)
・イカルディ(インテル)
・ベイル(レアル・マドリード)
・ザハ(クリスタル・パレス)
・ビダル(バイエルン)
・セリ(ニース)
・クリバリ(ナポリ)
・ベナティア(ユベントス)
・ルガー二(ユベントス)
・ドンナルンマ(ミラン)

その中でも主要選手をピックアップした選手がこちら

レヴァンドフスキ

バイエルンのエースストライカーとして、2017-18シーズンにはリーグ戦で30ゴールを挙げクラブのリーグ6連覇に貢献しました。しかし、シーズン終了後に代理人が「(レヴァンドフスキは)新たなチャレンジを求めている」と移籍を仄めかす発言するなど、去就が注目されています。

チェルシーは2017-18シーズンを通してCFを固定できなかったので補強ポイントと考えており、その中でレヴァンドフスキの獲得を最優先としているとのこと。

左右両足とヘディングで正確なシュートを放ち、近年ではFKでもゴールを奪うなど、多彩なゴールパターンを持つレヴァンドフスキを獲得できれば、チェルシーの得点力は大幅に向上するはず。

CHECKレヴァンドフスキのプレースタイルは?筋肉や髪型が凄い!嫁も美人! 

ベイル

2017-18シーズンのCL決勝では途中出場から2ゴールを奪う大活躍を見せたベイルですが、レアルでの出場機会の少なさに不満を感じ、移籍を検討していると言われています。

そのベイルを数多くのビッグクラブが獲得の検討をしていますが、その中にチェルシーも含まれているようです。

レアルでは主にウイングとしてプレーし、圧倒的なスピードと強烈な左足のクロス、シュートで決定機を量産しましたが、チェルシーではトップ下に近い位置でプレーすることになりそう。

ゴールに直結するプレーを求められると思います。

ドンナルンマ

若干16歳でミランの正GKを務めることになったドンナルンマは、その後も順調に成長してイタリア代表にも選出。
196cmの大柄な体格を活かした安定感あるセービングとピンチにも動じない冷静さが持ち味です。

2018年時点でまだ19歳という若さであり、ベテランになっても活躍ができるGKというポジション柄、数々のビッグクラブが獲得を熱望。

2018-2019夏はミランの財政問題からクラブで最も市場価値の高いドンナルンマを放出せざるを得ないとも言われており、争奪戦が予想されます。

その中でチェルシーも獲得を目指している模様。現在の正GKであるクルトワの移籍が度々囁かれていることもあり、その後釜として考えられているようです。

またチェルシーは昔から多くのイタリア人選手が所属している伝統があり、ドンナルンマも馴染みやすいのではないでしょうか。

CHECKドンナルンマの彼女は?ブッフォンとの関係って?海外の反応や評価についても 

セリ

現在フランスリーグでプレーしているセリは168cmと小柄ながらも「カンテ2世」とも呼ばれる豊富な運動量と「アフリカのシャビ」と称される長短の正確なパスを武器に、フランスリーグ屈指のMFとして圧倒的な存在感を示しており、多くのクラブが獲得を狙うことに。

2018-19夏にはバルセロナへの移籍で個人合意したもののクラブ間交渉で決裂したということがありましたが、引き続き移籍市場で注目を集めています。その移籍レースにチェルシーも加わったようです。

2017-18シーズンのチェルシーを見るとカンテの相棒が確定できていない印象でしたので、セリの獲得で中盤の構成力や守備のプレス強度を高めることが期待できますね。

スポンサーリンク

チェルシー夏の移籍情報2018-19【退団の噂】

続けて、チェルシーの2018-19シーズンに退団しそうな選手をまとめていきます。

退団の噂のある選手はこちら

【退団の噂】

・モラタ
・アザール
・ウィリアン
・ダビド・ルイス
・クルトワ
・カバジェロ

その中でも主要選手をピックアップした選手がこちら

モラタ

2017-18シーズンから加入したモラタですが、シーズン当初はゴールを重ねましたが、冬場に怪我で離脱したことでリズムを崩したのか、復帰後は決定力不足に陥り、出場機会も徐々に減少する不本意なシーズンに。

クラブでの不調が響き、ロシアワールドカップのスペイン代表から落選するという残念な結果にもなりました。

モラタはスペイン人らしく確かな足下の技術を持ち、両足やヘディングでの正確なシュート、ゴール前でのダイレクトシュートやドリブルシュートなど多彩な形でゴールを狙うことができる選手です。

一方、自身初挑戦となるプレミアリーグでDFの激しい守備などフィジカルコンタクトを重視するスタイルに適応できていない印象も。

モラタの決定力は折り紙付きですので、以前に所属していたユベントスなどが獲得を検討中のようです。

チェルシーとしては決定力が捨て難いものの、レヴァンドフスキなど実績あるCFが獲得できるようであれば、移籍金を補うためにも退団を容認するかもしれません。

CHECKモラタのプレースタイルは?年俸や移籍の噂も!彼女が美人と評判!

アザール

2012年からチェルシーに加入したアザールは、抜群のテクニックを活かしたスピード感溢れるドリブル突破を武器に決定機を量産。

2014-2015シーズンはプレミアリーグMVPに輝き、2016-2017シーズンには2桁ゴールを挙げリーグ優勝に貢献するなど、名実共にエースとして君臨しています。

そのアザールの獲得を長年にわたり画策しているのが、欧州王者・レアル。

メッシ・Cロナウド時代以後のバロンドール候補と目されるアザールをCロナウドの後継者としたいようです。

また2018-2019シーズンにCロナウドのレアル退団が噂されていることもあり、その動向次第でアザールの移籍も一気に進むかもしれません。

CHECKアザールのレアル移籍金は?プレースタイルとポジションや弟についても 

ダビド・ルイス

2016-2017シーズンにはディフェンスリーダーとしてクラブのリーグ制覇に貢献したダビド・ルイスですが、2017-2018シーズンになるとコンテ監督との確執が表面化し、出場機会を失ってしまいました。

時折軽い守備を見せるきらいはあるものの、一対一の激しい守備と空中戦の強さ、また足下の技術に優れロングフィードやFKでチャンスを生み出すダビド・ルイスを獲得したいクラブは多いと予想されています。

チェルシーとしては、ダビド・ルイス個人の能力は高いので、それをチーム戦術に落とし込むことができるか、現在去就が不透明な監督と相談の上で退団を検討することになるでしょう。

クルトワ

チェルシーの守護神として君臨するクルトワは、長身を活かした安定感あるセービングで、チェルシーの失点ピンチを何度も防いできました。

年齢もまだ20代中盤であり、これからも長年にわたる活躍が期待できます。

そのクルトワ選手ですが、2019年で切れるチェルシーとの契約更新交渉が進んでおらず、退団を希望していると言われています。
特にクルトワの家族がマドリードに在住していることから、レアル移籍が有力とも。

チェルシーはクルトワの残留・契約延長が最重要である一方、慰留が難しいようであれば移籍金の発生する2018-2019夏に売却を検討する必要があると思います。

最後に

以上、2018-19シーズンとなるチェルシーの夏の移籍情報を噂を元にまとめてみました。

補強のポイントとしては、

・決定力あるストライカー
・攻守両面で安定感ある中盤

ということになりそうです。

一方で、主力選手の退団が懸念されており、チームの骨格が大きく変わる可能性もありますので、移籍動向には引き続き注目です。