清水梨紗

今回はなでしこジャパンの次期右サイドバックとして期待される。
日テレ・ベレーザの

清水梨紗選手

を紹介します。

育成年代から注目されてきた清水梨紗選手の中学時代、高校時代のキャリアをまとめてみました。

また今後の日本代表入りの可能性についても迫ります!

かわいいと評判の清水梨紗選手ですが彼氏の存在についても調査してみたので是非、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

清水梨紗の出身中学は?高校時代も

1996年生まれの清水梨紗選手は2つ年上の姉がサッカーをやっていたため、小学校1年の時に神戸コスモFCで姉の影響でサッカーを始めました。

女子サッカーの選手はたいてい兄の影響を受けてサッカーを始めたパターンが多いんですが、お姉さんの影響は珍しいタイプですね。

他の選手と違って男勝りな感じがしない「普通の女の子」という雰囲気があるのはそのせいかもしれませんね。

神戸から神奈川の横浜市立黒須田小学校に転居してもサッカーを続け、小学校5年生になる頃にはチームのエースストライカーとして活躍するようになっていました。

当時から足が早かったみたいですよ~

そして、清水梨紗の出身中学横浜市立あざみ野中学校

中学時代は日テレ・ベレーザの下部組織である日テレ・メニーナのテストに合格して見事に入団。

入団当初はフォワードでしたが、サイドハーフに転向し、最終的にはサイドバックを専門にプレーするようになります。

日テレ・メニーナは長谷川唯選手や籾木結花選手、隅田凛選手など、のちにベレーザに昇格することになる攻撃的なタレントがいました。

育成年代では上手い選手は攻撃的なポジションをたいてい任されますが、日テレメニーナに入ったことで、上には上がいるということに気がついて、早い時期に右サイドバックにコンバートしてチームのために汗をかくプレーを伸ばしたことが今に生きているんじゃないでしょうか。

出身高校は神奈川県立元石川高校ですが、高校時代も日テレ・メニーナで右サイドバックとして活躍しU-16アジア選手権に出場してからは、世代別の日本代表に呼ばれ続けています。

かわいいと評判!彼氏いる?

清水梨紗選手はまだなでしこジャパンに入る前からかわいいと評判で、浦和レッズレディースの猶本光選手と北川ひかる選手と同様に育成年代からメディアに取り上げられる機会が多かったですね。

なでしこジャパン・女子サッカーかわいいランキング! 

そして、気になる彼氏についてですが、有力な情報は得られませんでした。

国士舘大学に在学中なので出会いはあると思いますがTwitterをみてもチームメートとの写真ばかりですね。

とくになでしこジャパンのポスト宮間との呼び声が高い長谷川唯選手とは一緒に京都に旅行するなど公私ともに仲がいいです。

清水梨紗選手の座右の銘は「努力の数だけ花が咲く」だそうですからサッカーと学業の両立に集中しているのかもしれません。

ただ大学にこんなかわいい子がいたら声をかけてくる男はたくさんいるでしょうから、日本サッカー界のためにも変な男に騙されないように注意して欲しいところですね~

日本代表について

そんな清水選手の日本代表についても気になるところですね。

なでしこジャパンの高倉麻子監督とはU20の世代で一緒だったので、清水梨紗選手のことはプレーも性格も把握済みでしょう。

U20ワールドカップは直前まで絶対的なレギュラーでしたが怪我で離脱して棒に振りました。

U20ワールドカップで日本代表が敗退した準決勝のフランス戦では試合中に右サイドバックの宮川麻人選手が怪我をしたため清水梨紗選手の不在を大きく感じる結果に。

その怪我からも復活して、いよいよこれからなでしこジャパンへというタイミングであとは清水梨紗選手のアピール次第といえます。

清水梨紗選手のプレースタイルの特徴は何と言ってもスタミナ!!

小学校時代には神奈川県内のマラソン大会で優勝したことがあるぐらい持久力に優れ、何度も上下動を繰り返しピッチを駆け回ります。

なでしこジャパンのなかでもスタミナはトップでしょう。

2014年になでしこチャレンジ合宿(大きな候補合宿みたいなもの)の45人に選ばれたときは体力テスト(シャトルラン)で川澄奈穂美選手と並びトップの記録をだし周囲を驚かせていました。
清水選手は体力について

「下部組織時代に坂や階段でトレーニングしていたので。体力は自分の長所です」

と語っています。

心肺機能は大人になってから鍛えるのは大変なので10代までが重要と言われますし、高地で学校まで毎日10キロ走って育った国の選手がオリンピックで長距離種目のメダルを独占するように清水選手のスタミナ面での優位性はこれからも失われないでしょう。

またスピードにも優れていて、オーバーラップからのセンタリングが清水梨紗選手の代名詞で本格的なサイドバックと言えます。

高倉麻子監督はサイドバックの怪我人続出を嘆いていて、本職が右サイドバックの選手がいない状況ですから清水梨紗選手は怪我から復帰して本来の積極的なプレーを取り戻してきているのでなでしこジャパンへの招集は時間の問題かもしれません。

追記:アルガルヴェ・カップ2018・日本代表招集

最後に

いかがでしたか?

今回はなでしこジャパンの未来を担う右サイドバック清水梨紗選手を紹介しました。

ようやく近賀ゆかり選手の後継者が出てきた感じがします。

いずれ、有名になる選手だと思いますので注目してみて下さい!